体脂肪の標準をキープしてバランス良い体になる5つの方法

体脂肪の標準をキープしてバランス良い体になる5つの方法

体脂肪の標準値はダイエットに重要な数値のひとつですが、体重を減らす事ばかりを意識してしまうと、ついつい見落としがちになってしまいます。

体の見た目のバランスを改善する為にももちろん大切ですが、体脂肪の標準をキープすることは健康面でも重要なポイントになります。

生活習慣病の早期発見としても体脂肪は常にチェックしておきたい数値です。そして年齢とともに体の基礎代謝量はどんどん減ってしまう為に、なかなか思うように体脂肪を減らせない事も事実です。

そこでダイエットを始めるにあたり、体脂肪の標準値をキープする効率的な方法を行ってみましょう。本日は早速ですが、体脂肪を下げてバランスの良い体になる5つの方法をお伝えします。



 

体脂肪の標準をキープして
バランス良い体になる5つの方法

 

食生活改善の為に冷蔵庫をチェックしよう


体脂肪の標準をキープするには、まず始めに食生活の見直しが必要になります。脂質や糖質は摂りすぎると肥満の原因になりますので、自分の生活強度のレベルに合わせた摂取カロリーを守りましょう。

そこでチェックしたいのが冷蔵庫の中身です。食べ物がありすぎることは食べ過ぎの原因になりますし、さらにジャンクフードやスナックなども、目に付く場所にあるとついつい食べてしまいます。

そこで冷蔵庫の中身は常に把握するように食料品の買いすぎをしないこと、野菜や果物などの健康的な食材を増やしましょう。脳で食べる欲求を抑えることで、レプチンというホルモンの働きが衰え運動後に食欲を減らす効果もあります。

 

有酸素運動を始めよう


体脂肪率が標準以上に増えてしまった場合、食事制限だけではなかなか体脂肪率を下げる事はできません。そこで必要になるのが有酸素運動です。

有酸素運動は、時間をかけながら無理なく体脂肪を標準値にキープでき、そして体内のめぐりを活発にするために老廃物が排出されやすくなります。発汗作用が高まる為に美肌にもメリットがありますので、特に女性の方にはオススメです。

ジョギングやウォーキングなどの有酸素運動には即効性はありませんが、一度下げた体脂肪を常に維持する効果があります。そのため毎日の習慣として有酸素運動を行いましょう。バランスの良い体になるには辛くても継続しないと効果がありません。

 

代謝量をアップする運動をしよう


体脂肪の標準を維持するには、体内の余分な脂肪をエネルギーとして燃焼しないといけません。そこで効果的なのが筋トレをすることです。

筋肉にはグリコーゲンと呼ばれる糖質が蓄積されているのですが、効率よくその糖質を消耗する事で体の代謝量がアップする効果があります。代謝量は年齢とともに減少してしまう為に、体が太りやすくなってしまうのです。

中高年のぽっこりお腹などには、代謝量をアップして痩せやすい体型に改善することがオススメです。筋トレといっても色々な方法がありますが、家のなかで簡単にできる腕立てや腹筋を無理しないように始めてください。徐々に慣れてきたらウエイトを使って負荷をつけていきましょう。

 

お腹が空いたときは水を飲もう


体脂肪を標準にキープすることは、健康面でもとても大切な意味があります。近年食生活の文化も大きく変化している為、肉食や加工食品などが脂質や糖質などの太りやすい食べ物が増加しています。

食事制限は体脂肪を標準にキープするにも必要不可欠な事ですが、まず控えたいのが間食なのです。そこで空腹になるおやつの時間や食事の前には、水をコップ2杯飲んでみましょう。

満腹感があると同時に血液の循環が活発になりますので、老廃物も排出されやすくなります。大人に必要な一日の水分は2ℓといわれていますが、十分に水分補給がされてない方も多く、便秘や肌荒れなどの原因にもなっています。体脂肪を減らす時には水分補給もこまめに行いましょう。

 

すっきり目覚める質の良い睡眠をとろう


体脂肪を標準に保つには毎日の努力は欠かせません。運動や食事制限など、ダイエット中はストレスを感じることもあるでしょう。そこで忘れてはいけない事が質のよい睡眠をとることです。

睡眠不足が続くと体内のインシュリン量が増加する為、脂肪が付きやすくなりホルモンの働きも衰えてしまいます。さらに深夜の遅い食事をする方も十分に注意が必要です。

食べてすぐに寝てしまうと胃腸に負担がかかり、脂質や糖質がしっかり分解されずにそのまま体内で吸収されてしまいます。睡眠中は成長ホルモンが活発になる為に、効率よくエネルギーを燃焼できる時間帯でもあります。そのため早寝早起きを心がけ、規則正しい食生活も始めましょう。

 

いかがでしたか。

体脂肪の標準をキープすると見た目でもすっきりした体型になり、健康面でもメリットがあります。まずは自分の今までの生活習慣を見直してみましょう。体脂肪率を標準に下げることができても、維持することはそれ以上に大変です。

そのため自分のライフスタイルにあった食生活や生活習慣を作ること、適度な運動をしてダイエット効果をさらに引き出すなど挑戦してみましょう。

近年健康診断でも話題になる体脂肪ですが、肥満のサインであるとともに健康状態を把握するためにも大切なことです。体脂肪を標準にキープしてバランスの良い体でさらに自信を持ってください。体脂肪で悩んでいる方、今度こそはゴール達成に向けてがんばりましょう。

 

まとめ

体脂肪の標準をキープしてバランス良い体になる5つの方法

・ 食生活改善の為に冷蔵庫をチェックしよう
・ 有酸素運動を始めよう
・ 代謝量をアップする運動をしよう
・ お腹が空いたときは水を飲もう
・ すっきり目覚める質の良い睡眠をとろう