頭皮の脂を正しく取り除いて、髪の毛を健康に保つ7つの方法

頭皮の脂を正しく取り除いて、髪の毛を健康に保つ7つの方法

CMなどで耳にする「スカルプ」という言葉、これは英語で頭皮の事を表しています。頭蓋骨を守る頭皮は、体の他の部分とは違い、独特の構造をしています。皮膚の下にあるのは筋肉です。

頭部の筋肉は額の上と両側頭部の3箇所しかない事を知っていますか?頭頂部の下に筋肉はなく、張り巡らされた毛細血管が栄養を供給しています。頭皮の脂が多く、髪がべたつくといったトラブルは皮脂腺が多い事が原因の一つとされています。

男性ホルモンや、食べ物なども影響します。体の外側と内側の両方から影響を受けてしまう頭皮の脂をt正しく取り除いて、髪の毛を健康に保つ方法をご紹介します。



 

頭皮の脂を正しく取り除いて、
髪の毛を健康に保つ7つの方法

 

うるおいを与えましょう。


頭皮の脂は多すぎても少なすぎてもいけません。過剰な脂は潤いではないのです。皮脂は皮膚を守るバリアのような働きをしているので、皮脂をコントロールし、一定に保つ必要があります。

そして、潤いがあり、なめらかな頭皮にするには水分が必要です。水分を充分行きわたらせる為には、食生活の改善、血行を良くすための運動を心掛けましょう。

 

清潔にしましょう。


頭皮が脂っぽいと感じる人の肌は「脂性肌」の人です。脂は知らず知らずのうちに臭いを発している場合があります。脂は汗と混ざると汗の蒸発が遅れます。

その時に、脂が分解される時に脂肪酸となり臭いを発します。その臭いと、シャンプーや整髪料、タバコ、などの臭いと結びつき、強烈な臭いにしてしまいます。毛穴の脂や汚れをきちんと取り除くためにも、清潔を心がけましょう。

 

血行をよくしましょう。


頭皮は筋肉が少ないので、血行が悪くなりやすい場所です。老化や紫外線などの影響により、肌が固くなると、血液の循環が悪く、頭皮は乾燥してしまいます。潤いがなく、乾燥した肌は、皮脂を出して、潤わなければと思います。そこで皮脂の過剰分泌が起こるのです。

皮脂が多すぎると、細胞が呼吸できず、髪の成長を止めてしまう恐れがあります。シャンプーをする時は、頭皮をマッサージするように意識しましょう。汚れや皮脂を落とし、細胞が呼吸できて、栄養が髪の毛一本一本に行き渡るようにしましょう。

 

紫外線を防ぎましょう。


紫外線は毛穴を老化させます。頭皮の色は本来、白いものです。健康的な肌は日に焼けてもしばらくすると白に戻ります。しかし、皮膚が老化している場合は戻りが遅く、栄養状態が悪い頭皮であると言えます。

さらに紫外線は毛穴をひろげ、皮脂が詰まりやすくします。毛穴に詰まった脂は酸化し、頭皮に悪い影響を与え、べたつきます。紫外線が当たらないように、帽子などを利用しましょう。

 

シャンプー選びは慎重に行いましょう。


頭皮の環境はもちろん、健康と美容のためにも、シャンプー選びは慎重に行いましょう。選ぶポイントは、まず、敏感肌や痛んだ髪でお悩みの人は弱酸性、次に普通の中性シャンプー、最後に落ちにくい汚れに効果的なアルカリシャンプーの3種類を基本とします。

さらに、抜け毛が起こっているのであれば、育毛剤がはいったもの、フケ止めの成分が入ったものなど、自分の頭皮や生活習慣に合わせたもの、使い心地の良い物を選びましょう。

ノンシリコンのシャンプーは頭皮を洗う事がしっかり出来るように開発されています。皮脂が気になる人は、一度試してはいかがでしょう。

 

指頭(しとう)で頭皮を洗いましょう。


髪を洗っているつもりが爪で頭皮を傷つけている事はありませんか?髪の毛の生え始めはとても細く、弱々しい状態です。しかも、髪の毛穴は大きく、そこに脂が溜まっているとちょっとした力ですぐに抜けてしまうのです。

爪の先ではなく、指の腹で洗っている人も実は要注意で、指の腹にかかった力で、新しく生えてきた毛を抜いてしまう可能性があるのです。

指先と指の腹の間にある指頭は頭皮を洗う、丁度良い力加減が出来る場所です。新しく生える毛を守る為にも、指頭で洗う事を意識しましょう。

 

脂は油で落としましょう。


シャンプーの前に、毛穴に詰まった汚れを落とす事も頭皮の脂を取り除くには効果的です。脂に油?と心配する声が聞こえそうですが「プレトリートメント」と呼ばれる方法で女性の化粧品を落とすクレンジングのようなイメージをして下さい。

ホホバオイル、馬油、椿油など肌に合った物を選びましょう。オイルをシャンプーの前に頭皮につけ、皮脂が溶けるまで10分ほど蒸しタオルを巻いて放置します。毛穴に詰まった皮脂や汚れが溶けて、シャンプーと共に洗い流す事ができます。

 

いかがでしたか。

皮脂は頭皮には必要な物です。しかし、過剰な皮脂は抜け毛の原因となります。せっかく育毛剤を使っても、皮脂が邪魔して、薬剤が皮膚に入って行かない事もあります。髪の健康は体の健康と密接にかかわっています。

ストレスや、乱れた食生活、アルコールやタバコなど、体に多くの負担を与えてはいませんか?その行動はすべて、血液の流れやホルモンのバランスなどに影響を与えます。

抜け毛に悩んで治療を行うよりも、まず、自分の力で出来る事を探しましょう。そして、それを続ける事で、頭皮のトラブルを減らす事を目指してみましょう。

 

まとめ

頭皮の脂を正しく取り除いて、髪の毛を健康に保つ7つの方法

・ うるおいを与えましょう。
・ 清潔にしましょう。
・ 血行をよくしましょう。
・ 紫外線を防ぎましょう。
・ シャンプー選びは慎重に行いましょう。
・ 指頭(しとう)で頭皮を洗いましょう。
・ 脂は油で落としましょう。