頭皮のかゆみで困ったときに お奨めする簡単7つのセルフケア

頭皮のかゆみで困ったときに お奨めする簡単7つのセルフケア

頭皮のかゆみは一旦気になりだすといつまでも気になってしまうものです。食事中、仕事中、入浴中、そして寝るときまでボリボリ…。一人でいるときはまだいいものの、人前では恥ずかしくてなかなかそうはいきません。

頭皮のかゆみというのは皮膚の炎症やフケなどによって起こりますが、こうした皮膚の異常はいきなり起きることはありません。小さなことが積もって頭皮に負担がかかり、時間が経過してかゆみの症状が出るようになります。

頭皮のかゆみはイライラするものですが、これは実は頭皮ケアを見直す絶好の機会です。今日は頭皮のかゆみで困ったときにお奨めする簡単な7つのセルフケアをご紹介しましょう。



 

頭皮のかゆみで困ったときに
お奨めする簡単7つのセルフケア

 

シャンプーを変えてみよう


頭皮のかゆみがある場合、肌質にマッチしていないシャンプーを使用している可能性があります。頭皮の潤いを守って肌質のバランスを整えているのは角質層のセラミドや毛穴から分泌される皮脂です。

ドラッグストアなどに置いてある石油系界面活性剤のシャンプーは洗浄力が強すぎて肌に必要な潤いさえも洗い流してしまいます。そのため頭皮が乾燥してかゆみが出てしまうのです。

頭皮を乾燥させないためには洗浄力がマイルドで頭皮への刺激が少ないものを使用することが大切ですので、アミノ酸系界面活性剤や植物由来のシャンプーに変えてみましょう。

 

髪の洗い方を見直してみよう


頭皮は優しく洗うべきものですが、かゆみがあるとつい力任せにゴシゴシと洗ってしまいます。かゆいところを強く洗うのは気持ちがいいものですが、実は頭皮を傷つけて更なるかゆみの原因を作ってしまっているのです。

頭皮はぬるま湯やシャンプーの泡があれば大体の汚れが取れますから、頭皮や髪をゴシゴシとこする必要はありません。頭皮も洗顔と同じく、優しくソフトに洗うのが基本です。

毛穴に詰まった汚れや皮脂は力任せに落とすものではなく、シャンプーの泡で溶かして落としますから、指の腹を使って力を入れずに優しく洗うようにしてください。

 

頭皮の洗いすぎないように気をつけよう


シャンプーはアミノ酸や植物由来の低刺激のものを使っている、頭皮は優しく洗ってるのにそれでもかゆみがある…そんなあなたは頭皮を洗いすぎているのかもしれません。

頭皮は一日が終わる頃にはその日に分泌された皮脂や汚れなどが溜まっていますが、一日に何度もシャンプーをしたり、あまりに念入りに洗ってしまうと頭皮に必要な皮脂を根こそぎ落としてしまいます。

頭皮を洗いすぎるとどんなに低刺激のシャンプーを使っていても乾燥してきてしまいます。頭皮の乾燥はかゆみやフケ、しまいには抜け毛の原因にもなりますから、必要以上に頭皮を洗いすぎないように気をつけてください。

 

生活習慣を改善しよう


頭皮のかゆみと生活習慣は一見何の関係もないように見えますが、実は頭皮トラブルの大きな原因のひとつです。疲労、ストレス、睡眠不足、偏った食生活は人間の体内ホルモンバランスを崩しますので、肌や髪の生成に影響を及ぼしてきます。

ストレスは円形脱毛症の原因のひとつといわれていますが、髪が抜けるだけでなくかゆみやフケの原因ともなります。頭皮は皮膚と繋がっている組織ですので、頭皮のかゆみをケアするためにはまずからだのケアから始めなくてはいけません。健康な頭皮環境を望むのであれば、生活習慣を改善して健康的な生活を送りましょう。

 

髪をきちんと乾かそう


シャンプーの後に髪の毛を乾かすのが面倒くさいとき、ありますよね。しかし髪をきちんと乾かさないと、頭皮にカビが繁殖してかゆみの大きな原因となります。健康な人の頭皮にもカビの一種である「フケ原因菌」は住んでいて悪いものではありませんが、増殖しすぎるとフケやかゆみとなって不快な症状が出てきます。

こうしたカビは湿った場所が大好きですから、お風呂上りにはまずしっかりとタオルドライをして水気を拭き取り、ドライヤーで乾かすようにしてください。いきなりドライヤーを使ってしまうと髪や頭皮を傷めてしまいますから気をつけてくださいね。

 

ドライヤーの風は遠くから当てよう


シャンプーをした後の頭皮は洗い流した皮脂を取り戻そうとして皮脂腺が活発になっている状態で、髪の毛を濡らしたままだと雑菌が繁殖しやすく、頭皮のかゆみの原因となってしまいます。

また髪の毛も濡れているとキューティクルが開いて傷つきやすくなっていますから、頭皮のためにも髪のためにも必ずドライヤーを使って乾かすようにしてください。

ドライヤーを使うときは、ドライヤーを使う手を軽く伸ばして、遠くから風を当てるようにしましょう。高温の風を間近から当ててしまうと頭皮が乾燥しすぎてかゆみの原因となりますから、必ず遠くから風を当てて手早く乾かしてくださいね。

 

化粧水や乳液を使って保湿しよう


頭皮は顔の皮膚から伸びる同じ肌ですから、化粧水や乳液をつけても問題ありません。シャンプーをして乾かした頭皮に、保湿タイプの化粧水や乳液を指先につけて、頭皮に伸ばすような感覚で優しくつけてあげてください。

頭皮は皮脂を分泌して自ら潤わせる機能を持っていますが、乾燥してかゆみがある場合には外部から潤いを補ってあげるといいでしょう。この化粧水や乳液は顔に使っているものでもいいですし、頭皮専用の薬用ローションなどでも構いませんので、自分の肌質に合ったものを選んでください。

 

いかがでしたか。

突然やってくる、頭皮のかゆみ。しかしかゆみは頭皮ケアで改善することができます。頭皮のかゆみは、頭皮に何らかの異常があるという証拠ですから、ただボリボリとかくだけではなく、適切なケアをしなければいけません。

この頭皮からのメッセージを無視して何の対処もしなければ、フケや抜け毛、薄毛、更には脱毛と悪化の一途を辿る可能性もあります。一生付き合っていく頭皮と髪だからこそ、正しいヘアケアの方法を身につけて、セルフケアでしっかりとお手入れをするのが大切です。

ヘアケアはすぐに効果が出るものではありませんが、毎日きちんと続けていくことで必ず効果として表れてきますから、地道にコツコツと続けていきましょう。

 

まとめ

頭皮のかゆみで困ったときにお奨めする簡単7つのセルフケア

・ シャンプーを変えてみよう
・ 髪の洗い方を見直してみよう
・ 頭皮の洗いすぎないように気をつけよう
・ 生活習慣を改善しよう
・ 髪をきちんと乾かそう
・ ドライヤーの風は遠くから当てよう
・ 化粧水や乳液を使って保湿しよう