とにかく痩せたい人のための3つの効果的な食事法

とにかく痩せたい人のための3つの効果的な食事法
「とにかく痩せたい!」
と思っていても、なかなか自分に合った効果的な方法には出会えないものですよね。とにかく痩せたい気持ちが強すぎて、急激に食事を制限したり、一気に長時間のトレーニングを始めたりして、挫折したり、リバウンドしてしまったり…という方も多いのではないでしょうか。

また、「食事は好きなものを食べたいから、運動量を増やせばいいんじゃないか」と考えている方もいるかもしれませんが、それだと、目標を達成した後、運動をやめたらリバウンドしてしまいます。

つまりダイエット成功時の状態を維持する為には、運動量を増やした生活をずっと継続し続けるということになります。これはちょっと辛すぎますよね。

そこで今回は“とにかく痩せたい”人の為の、アレコレとキツイ食事制限やトレーニングではなく、痩せるための基礎、効果的な『食事法』を3つお伝えします



 

とにかく痩せたい人のための
3つの効果的な食事法

 

白湯を飲む


とにかく痩せたいのであれば、まずは『基礎代謝を上げる』ことから始めましょう。基礎代謝とは、人間がただただ生きているだけで消費するエネルギーのことで、この基礎代謝がアップするということは、日常生活をしているだけで多くのカロリーを消費できることになります。

基礎代謝を上げるためにとても効果的なのが、白湯を飲むことです。白湯は沸騰させた水を50℃前後まで冷まして飲みます。

昔から日本で風邪をひいた時などに「湯冷まし」として用いられてきたもので、体温よりも高い温度の白湯を飲むことで内臓を温めることができます。

内臓の温度が1℃上がれば、基礎代謝は10~12%アップするというのですから、とにかく瘦せたいと思っている方にとっては非常に魅力的ですよね。

作り方には電子レンジで加熱する方法、鍋ややかんで沸騰させたものを冷ます方法、アーユルヴェーダの作法に則って風・水・火の力を取り入れる作り方など様々ありますが、ご自身で続けやすいと思う方法でかまいません。

ここで大切になってくるのは、作り方よりも内臓を温めて基礎代謝を上げるということです。特に朝起きてすぐというのは一日で最も体温の低い時ですので、朝一の白湯は非常におすすめです。

 

朝食をしっかり取る


とにかく瘦せたいと思っている方の中には、一日の摂取カロリーを抑えるために、我慢しやすい朝食を抜いてしまう方もいるかもしれませんが、実は、朝食はきちんと食べた方が体が痩せやすい状態になります

朝食を取ることによって、一日を通して体温が上昇するので『基礎代謝アップ』につながります。また、朝食を抜いてしまうと、体が足りない栄養を筋肉から取り出して補おうとするので、結果として筋肉が失われることになり、筋肉の減少はそのまま基礎代謝を下げることになります。

 

食事のとり方のコツ


とにかく瘦せたいのであれば、基礎代謝のアップとともに押さえてもらいたい大切なポイントがもう一つあります。それは『血糖値の急上昇を避ける』ことです。

とにかく痩せたい!ということと、血糖値に何の関係があるのかというと、血糖値が急上昇する際、人の体は体脂肪をたくさん作るような仕組みになっています

空腹時にガツガツとたくさん食べたり、あまり噛まない早食い、炭水化物がメインの食事、甘いジュースやお菓子などは一気に血糖値を上昇させます。とにかく痩せたいと思っている方であれば、普段の生活で思い当たる部分があるのではないでしょうか。

 

血糖値の急上昇を避ける『ちょこちょこ食い』


血糖値を急上昇させないようにするには、「しっかり3食」よりは「少量を5~6食」です。空腹時に食べることで血糖値が急上昇しますし、お腹がすいているとガツガツ食べ過ぎてしまうことも考えられます。

そのため『空腹状態を作らない』という方法です。しかしあくまで「少量を」5~6食という点がポイントで、毎食お腹いっぱい5回も6回も食べていたら、とにかく瘦せたいと思っている気持ちとは裏腹に、確実に太ってしまうので注意してください。

 

血糖値の急上昇を避ける『食べる順序』


そしてもう一つ、「食べる順序」によって血糖値の上がり方を調整することが可能です。ここでのポイントは『炭水化物は血糖になる速度が非常に速い』という点です。意外かもしれませんが、お肉や脂質よりも炭水化物の方が血糖値を急上昇させます。

つまり空腹時に炭水化物メインの食事をガツガツ早食いしたりすると、すぐに血糖値は急上昇し、体脂肪がたくさん作られてしまうということになります。とにかく痩せたいのであればこれは絶対に避けなくてはなりません

これについては食材を食べる順番を変えることで、炭水化物が血糖になる速度を遅くすることが可能です。まず繊維質(野菜・きのこ類)を最初に摂り、それから脂質・タンパク質を摂り、最後に炭水化物を摂るようにすると、炭水化物が一気に消化されて急速に血糖値に変わるのを防ぐことが出来ます。

コース料理などをイメージしてもらえれば想像しやすいですよね。前菜・サラダなどから始まって、ご飯ものや甘い物は一番最後ですから、昔から食べる順序による健康法の概念は存在していたと考えられます。

 

いかがでしたか。今回は食事制限や、きついトレーニングではなく『食事法』によって「とにかく瘦せたい!」という望みを叶えるための方法をお伝えしました。

もちろんこれだけではなく、バランスの取れた食生活、適度な運動など健康的な生活を意識することでさらなる効果が期待できますが、いきなりいっぺんに始めるのは無理がありますし、挫折の元です。

今回お伝えした3つの食事法は、普段の生活に少しプラスしたり、ちょっと気を付けたりするだけの、とても始めやすく続けやすいものです。

まずは日常に取り入れやすい食事法を知り、“我慢する”のではなく、自然に“これが普通の生活”となるよう、生活の一部にして頂ければ、「とにかく痩せたい!」と意気込まずともストレスなく痩せていくことでしょう

 

まとめ

『食事法』で痩せるためのポイント

・基礎代謝を上げるためには白湯を飲む
・朝食はとった方が痩せやすくなる
・食事のとり方で血糖値の上昇をコントロール
・我慢ではなく食事法を生活の一部に