頭皮のにきびは凄く痛い!今すぐケアする7つの方法

頭皮のにきびは凄く痛い!今すぐケアする7つの方法
シャンプーの時、ブラッシングの時、髪をかきあげた時……。あなたは髪で隠れていて気づかなかった頭皮のにきびを、うっかり潰したことはありませんか?

顔にできたにきびを潰す以上に痛い、このつらさを知っている人も多いのでは。顔よりも皮脂が多く分泌されやすく、それでいて髪に邪魔されて薬も塗りにくい、頭皮にきびは厄介な存在です。

これ以上にきびを増やしたり症状が悪化したりしないよう、下記のようなケアをおすすめします。



 

頭皮のにきびは凄く痛い!
今すぐケアする7つの方法

 

その1: 刺激が強いシャンプーをやめる

汗をかいたままの顔ににきびができるように、頭皮も不潔にしているとにきびができてしまう……。これは当たり前のことです。にきびを防ぐためにも、頭皮は清潔に保たなければなりません。

しかし、洗浄力の強いものや、肌に合わないものなど、シャンプーの中には頭皮にダメージを与えるものがあります。刺激の強いシャンプーで皮脂を根こそぎ流してしまうと、頭皮表面のバリアが剥がれている状態になります。

そしてその荒れた肌に細菌が入り込むと、にきびの原因になります。これでは逆効果ですね。髪や頭皮をやさしくケアする、とうたっている商品が最近は目立ちます。

洗髪には弱酸性のアミノ酸シャンプーがいいとされています。もちろん洗う時も、強くこすったり複数回洗ったりしては、頭皮が傷んでしまうのでやめましょう。

 

その2: 洗髪の際はすすぎ残しのないように

シャンプーは髪や頭皮の汚れを取るためのもの、リンスやトリートメントは髪に潤いを与えるものです。基本的に、シャンプーはしっかりとすすぎ、リンス等はさらっとすすぐ程度にとどめると効果的と言われます。

しかし、シャンプーもリンスも、油分が含まれているものがあります。油分が毛穴に詰まると、頭皮のにきびを悪化させます。どちらも洗い残しがあると毛穴が詰まるので、すすぎ残しのないようにしましょう。

特に髪の長い女性は、シャンプーもリンスも多く使用するので、そのぶんすすぎは十分行ってください。にきびが痛い時は、リンスの使用を一時的に避け、すすぎを重点的にしてもいいでしょう。にきびをよけて、髪にもみ込むようにすると安心です。

また、髪を濡れたままにしておくと、頭皮が蒸れてにきびができやすくなります。ドライヤーでしっかり乾かしましょう。

 

その3: ヘアケア剤を控える

トリートメント用のヘアケア剤、寝ぐせ直しや髪を固定するためのスタイリング剤、育毛剤など、シャンプーやリンス以外にも頭皮に触れるものはたくさんあります。

ムースやスプレー、ローションやワックスなどタイプは様々ですが、どれも油分は含まれています。ニキビができている時にこうしたものをつけると、頭皮の刺激になるので使用は控えてください。

余分な油分がつかないようにするためにも、頭皮を清潔な状態にしておきましょう。さらに気をつけて、ブラッシングの際ににきびを潰してしまわないように。

潰してしまうとそこから雑菌が入って、にきびがさらに悪化します。髪の表面を撫でるようにしましょう。

 

その4: 帽子は通気性のいいものを

紫外線は頭皮の荒れを誘発するので、帽子をかぶって紫外線を避けることは重要です。しかし通気性が悪い帽子をかぶっていると、中で蒸れてにきびができやすくなります。

紫外線が強く暑い夏だけでなく、防寒用の帽子を多くかぶる冬場も、季節を問わずケアをしましょう。あるいは仕事などで、長時間帽子やヘルメットをかぶっている人もいるかと思われます。

この場合も、汗などが毛穴に詰まるとにきびの原因になります。たまには脱いで、風通しをよく。汗をかいたら放っておかずタオルなどでふき取って、頭皮を清潔に保つように心がけましょう。

もちろん入浴時には、頭皮にやさしいシャンプーで、ゴシゴシこすらず指の腹を使って髪を洗ってください。

 

その5: ストレスを溜めない

ストレスは肌荒れの原因になると言いますが、これは本当です。しかし頭皮も、顔以上に皮脂腺が多く、デリケートな部分。ストレスにも非常に敏感です。

ストレスを受けると、ホルモンバランスに影響が出て、ホルモンバランスが乱れたり機能が低下したりします。その結果、過剰な皮脂分泌が起こり、頭皮の毛穴が詰まって頭皮にきびの原因になる場合があります。

お風呂に入ってリラックスしたり、運動したり、音楽を聴いたり本を読んだりと、ストレスを溜めない工夫をしましょう。ストレスは頭皮にきび以外にも、抜け毛、自律神経や消化器系など、全身の健康状態にも影響を及ぼします。

重大な病気になる前に、日頃からストレスは自分なりの方法で発散させましょう。

 

その6: 不規則な生活を改める

睡眠不足や栄養バランスの偏った食事が、にきびの原因になることもあります。不摂生な生活をしている人は、きちんと改めて、調子をととのえるようにしましょう。

睡眠不足は美容の大敵と言われるように、体は寝ている間に昼間のダメージを修復しているもの。頭皮も体の重要な一部なので、十分な睡眠をとって、細胞の生成を助けてあげましょう。

また偏食な人は、バランスのいい食事を心がけることが再優先事項です。油っこいものや糖分を多く含む甘いもの、肉類、辛い食べ物の摂りすぎは避けてください。

肌を美しく保つ効果があるビタミン類は、顔だけでなく頭皮のにきびにも効果的です。しっかり摂取しましょう。ほかの体の機能を健康に保つためにも、この機会に一度生活を見直してみてください。

 

その7: 枕カバーを洗う

案外盲点なのが、枕カバーの汚れです。枕には睡眠中にかいた汗や、皮脂、唾液などが染みついています。毎日長時間、直接顔や頭皮に触れるものだからこそ、清潔に保つ必要があります。

菌が増殖するのを防ぐためにも、枕カバーはきちんと交換してこまめに洗うようにしましょう。毎日交換するのが大変な場合は、タオルを敷くといいでしょう。

もちろんシーツやふとんなど、ほかの寝具のお手入れも怠らないようにしてください。また、髪が濡れたまま寝るのは厳禁です。頭皮トラブルにもなるので自然乾燥は避けましょう。

 

いかがでしたか?

肌と違って外からは見えないけれど、それをいいことに放置しておいてはいけません。きちんとお手入れをして、にきびのない清潔で美しい頭皮を保ちましょう。

また、かゆみがあったり匂いや膿がひどかったりとトラブルが深刻な場合、ケアが困難な場合には、皮膚科・専門医に行ってその指示に従いましょう。正しい手当の相談や、内服薬の処方など対応してもらえます。

 

まとめ

頭皮のにきびは凄く痛い!今すぐケアする7つの方法

その1: 刺激が強いシャンプーをやめる
その2: 洗髪の際はすすぎ残しのないように
その3: ヘアケア剤を控える
その4: 帽子は通気性のいいものを
その5: ストレスを溜めない
その6: 不規則な生活を改める
その7: 枕カバーを洗う