頭皮トラブルにさようなら!フケを防ぐ5つの予防法

頭皮トラブルにさようなら!フケを防ぐ5つの予防法
頭をボリボリ掻いたら頭皮からフケがぽろぽろ……なんて状態は、清潔感を気にする人なら絶対に避けたいですよね。でも、頭皮のフケが発生する原因は、不衛生だけではありません

頭をちゃんと洗っていないとフケが出るのは当然ですが、皮膚病はもちろんのこと、洗い過ぎやお手入れ方法の間違いなどでも頭皮のフケは出てしまいます。つまり、普段衛生に気遣っている人でもフケが出てしまう恐れがあるということですね。

そんな頭皮のフケを防ぐためには一体どうすれば良いのでしょうか。ちゃんと洗っていても出るフケについては皮膚科に相談するしかないと思われがちですが、自分でできる方法だってちゃんとあるのです。

そこで今回は、頭皮のフケを予防するためにできることについてお伝えします。



 

頭皮トラブルにさようなら!
フケを防ぐ5つの予防法

 

フケの種類を知ろう


まず、何が原因で頭皮のフケが発生しているのか、何をすれば予防できるのかを知るために、あなたが悩むフケのタイプがどんなものか確認しておきましょう。フケには大きく分けて2種類あり、一つは脂っぽくベトベトした大粒の「脂性フケ」、もう一つは粒が細かく、乾燥して粉っぽい「乾性フケ」です。

どちらも白いフケですが、発生する原因は真逆のものです。脂性フケは皮脂の分泌過多や洗髪不足で出ますが、乾性フケは皮脂の分泌不足や洗い過ぎなどによって出てきます

あなたの頭皮が乾燥しやすければ乾性フケのリスクがありますし、脂性なら脂性フケが出やすいということです。予防のためには、自分に合った対策をする必要があります。

 

頭皮に合ったシャンプーや整髪料を使おう


乾性フケも脂性フケも、シャンプーや整髪料が合わないことで出るようになります。洗浄力が弱すぎる、あるいは強すぎるシャンプーを使っていたり、油分が残りやすいトリートメントやコンディショナーを使っていると、どうしても頭皮環境が乱れてフケが出やすくなります

また、ワックスやスプレーなどの整髪料が刺激となり、頭皮が荒れることでフケが出るというケースもあります。付けると頭が痒くなったりヒリヒリするような整髪料はすぐに使用をやめるようにしましょう。

シャンプーと頭皮の相性は数回使わなければわからないこともありますが、サンプルサイズや少量ボトルのものを試して、頭皮への影響がどう出るかを確かめるようにすると良いですね。

 

洗い過ぎに気を付けよう


シャンプーそのものの洗浄力が強いだけではなく、一日に何回も洗い過ぎていたり、ごしごし頭皮をこするような洗い方をしているとフケが出やすくなります。乾性フケが出るという人は、まずこのケースを疑ってみましょう。

シャンプーの適切な回数には個人差があり、皮脂の分泌が少ない人は、毎日洗う必要が無いとも言われています。今はシャンプーは毎日するのが常識になっていますが、実はこれでは頭皮にとって良くない人もいるということですね。

自分の洗髪頻度が適切か知るためには、最初は一日おき、それでも頭皮がパサつくなら二日おき……というように、洗髪する回数を徐々に減らし、適度に頭皮が皮脂で潤った間隔をキープすると良いでしょう。

 

洗髪後はよく乾かしてから就寝しよう


意外と忘れがちなのが、洗髪後に髪をしっかり乾かすということ。いつまでも髪が濡れたままでは、頭皮が蒸れてトラブルを招いてしまいます

また、すぐに寝ないからと自然乾燥させるのも頭皮のフケ対策のためにはおすすめできません。例え起きている間でも、髪の水分が頭皮の雑菌繁殖を促すことには変わりないからです。

洗髪したら、すぐに乾いたタオルでしっかり水気を取ります。そして、もうタオルでは取り切れないというところまでタオルドライした後に、ドライヤーを使って短時間で髪を乾かしましょう。時間をかけると、頭皮の乾燥だけではなく髪を痛める原因になります。

 

皮膚病が疑われるときは皮膚科を受診しよう


上記のような予防策を取り入れても頭皮からフケが出る場合、皮膚病が疑われます。フケの原因となる皮膚病の代表格としては「脂漏性湿疹」というものがあります。

これは、もともと皮脂の分泌が多いことに加え、ストレスや疲れによって免疫力が低下している時に起こる皮膚病で、皮脂を餌とする「マラセチア菌」という真菌(カビの一種)が頭皮に繁殖し、炎症を起こさせる皮膚病です。

脂漏性湿疹は完治までに時間がかかると言われているため、より時間をかけずに治すためには皮膚科で抗真菌薬を処方してもらうのが一番です。頭皮にフケだけではなく湿疹も見つけたら、皮膚科を受診してみましょう。

 

いかがでしたでしょうか。頭皮から出るフケの予防法について、普段自宅でできることを中心にお伝えしました。

フケは、見た目が悪い程度の害しか無いと思っている人が多いですが、これは頭皮トラブルの初期症状とも言えるもののため、放置していると薄毛やハゲなどに進行してしまうことも珍しくありません。ですから、フケが出る前に予防策をしっかりと行い、フケが発生してしまったとしても、フケ以上の症状が出る前に悪化を阻止することが大切なのです。

そもそも、フケは髪に絡んだり肩に落ちたりして、見る人だけではなく当の本人の気分も急激に低下させてしまいます。美髪や美肌だけではなく、フケの無い美頭皮もキープするように心がけましょう。

まとめ

頭皮トラブルによるフケの予防法は

・対策しやすくするために、乾性フケ、脂性フケのどちらか知ろう
・頭皮に合ったシャンプーや整髪料を使おう
・皮脂の取り過ぎに繋がる洗い過ぎに気を付けよう
・洗髪後はよく乾かしてから就寝しよう
・皮膚病が疑われるときは皮膚科を受診しよう