頭皮のかゆみがひどいなら!まず取り組みたい5つの事

頭皮のかゆみがひどいなら!まず取り組みたい5つの事
頭皮のかゆみが治まらず、いつも頭をボリボリ掻いてしまうような状態。これでは集中力に影響を及ぼしますし、周囲にも不潔だと思われてしまいますよね。頭皮のかゆみの原因は、薬剤などにかぶれている、何かしらの病原体に感染している、または身体の内側から何らかの不具合が生じているなどなど、様々なものがあります。頭皮のかゆみを素早く解消するためには、どんな原因で起こっているのかを知り、それを解消するための的確な行動を取ることが大切です。

頭皮のかゆみが起こりやすい人は、この機会にどんな原因でかゆみが起こるのかを知っておくことをおすすめします。そこで今回は、頭皮のかゆみが我慢できなくなったら、まず実践するべきことについてお伝えします。

 

頭皮のかゆみがひどいなら!
まず取り組みたい5つの事

 

シャンプーや整髪料を変えてみよう

頭皮のかゆみの原因として考えられるものの中で一番身近なのがシャンプーや整髪料などです。これらは触れて湿疹ができる「接触性湿疹」の原因になり得るもののため、かゆみが生じるようなら別なものに変えることで解消できる可能性があります。また、シャンプーが強いと皮脂の取りすぎによる「乾燥性湿疹」が起こることもありますので、洗浄力が穏やかなものに切り替えることも考えましょう。

元々頭皮が弱い体質なら、整髪料は特別な時以外使わない方が良いです。シャンプーは刺激が弱いものを使うか、いっそのことシャンプーを使わずお湯だけで洗髪する「湯シャン」に切り替えるという方法もあります。

 

パーマや髪染め、ブリーチなどを控えよう

シャンプーと同じく接触性湿疹の原因となりやすいのが、パーマ液や髪染め剤です。おしゃれしたい人だと、定期的にパーマをかけ直したり髪を染め直したりする習慣がある人も少なくないのではないでしょうか。

でも、パーマ液は髪そのものの形状を変えるほど強い薬ですし、髪染め剤は髪に色を入れたり抜いたりする過程で頭皮にもダメージを与えます。これを習慣的に使っていたら、頭皮が弱ってしまうのも仕方がないと言えるでしょう。

パーマ液や髪染め剤は、最初は平気でも続けるうちにかぶれやすくなる人もいます。使い続けるうちに頭皮にかゆみを生じるようになったら、少しの間控えるようにした方が無難です。

 

帽子やダメージの大きい髪型を避けよう

帽子をかぶりっぱなしだったり、髪を引っ張ってきっちりまとめる髪型が習慣づいていると、頭皮がダメージを受けやすくなります。頭皮が帽子や固めた髪で密閉されていると、蒸れて雑菌が繁殖しやすくなり、かゆみを引き起こすだけではなく抜け毛の原因になる恐れもあるのです。

頭皮にかゆみが起こるようになったら、まずは帽子をかぶる習慣を止め、かぶらなければいけないときは清潔なものをかぶるようにしましょう。そして、ヘアスタイルは強く引っ張ってまとめたり、ガチガチに固めるようなスタイルを避けてみて下さい

頭皮が不衛生になると必然的にシャンプーの量も増えることになり、乾燥によるかゆみも起こりやすくなるので気を付けましょう。

 

寝具を清潔なものにしよう

頭皮を大事にして、髪型も負担の少ないものにしているのに頭皮のかゆみが消えない……という人は、寝具の衛生管理を疑った方が良いでしょう。枕そのものが汚いせいで頭皮に雑菌が繁殖しているということも考えられますが、ダニに刺されてかゆくなっている可能性もあり得ます

枕に面する部分ばかりかゆくなるという人は特に要注意。すぐに枕を洗ったり、天日干ししてダニを除去するようにしましょう。除菌もできる専用掃除機で吸引するという方法もおすすめです。

枕にダニがいる場合、高確率で布団にも潜んでいます。その場合は枕だけをきれいにしてもすぐに布団からダニが移ってしまうので、寝具全てを清潔にするように心がけましょう

 

皮膚科を受診しよう

これまでお話しした方法全てを実践しても頭皮のかゆみが一向に良くならないという場合は、皮膚科の受診をおすすめします。頭皮のかぶれが進行している場合はセルフケアでは解決できないこともありますし、そもそも外的要因ではなく、アトピー性皮膚炎などの身体の内側から来るかゆみの可能性もあります

原因不明のかゆみを抱えていると大きなストレスになるので、あれこれと原因について悩むよりも皮膚科で専門的な診断をしてもらった方が早いというメリットもあります。たかが頭皮のかゆみと軽く見ず、専門家に相談することもアリだと知っておいて下さい。

 

いかがでしたか。頭皮のかゆみの原因となり得る要素やその解消法についてご説明しました。

頭皮のかゆみはただかゆくて気になるだけではなく、掻きすぎによって肩にフケが落ちることになったり、ヘアスタイルが崩れて見た目が悪くなることに繋がります。ですから、できるだけ早く解消した方が良いのです。

また、進行すると抜け毛が起こり、薄毛やハゲになることも忘れてはいけません。かゆみは自分しかわからないからと放置できても、ハゲになってしまうとそうは行きませんよね。

今は頭皮のかゆみだけで済んでいても、ケアせずに放置すれば将来後悔することにもなりかねません。かゆいと思ったらすぐにでも対策し、健康な頭皮を取り戻せるようにしましょう。

まとめ

頭皮のかゆみ対策としてまずすべきことは

・シャンプーや整髪料を頭皮に合うものに変えてみよう
・刺激の強いパーマや髪染め、ブリーチなどを控えよう
・頭皮の蒸れを招く帽子やダメージの大きい髪型を避けよう
・ダニや雑菌の繁殖を防ぐため、寝具を清潔なものにしよう
・どれを試しても効果が出なければ皮膚科を受診しよう


連記事