頭皮の湿疹はなぜ起こるの?そのメカニズムと対処方法

頭皮の湿疹はなぜ起こるの?そのメカニズムと対処方法
頭皮が痛痒いと思ったら、いつの間にか湿疹だらけになっていた……なんてことは、誰にでも一度は経験がありますよね。でも、こんな頭皮の湿疹を、「ただの吹き出物だろう」と放っておくのは、少し危険です

頭皮の湿疹は、ニキビのように出来たと思ったらすぐに治るものばかりではありません。もしかしたら、皮膚科の受診が必要になるような、皮膚病を起こしている可能性もあるのです。

また、頭皮の湿疹に何の対処もせずに放っておくと、将来、抜け毛や薄毛の原因になることだってあり得ます。こんなに怖い頭皮湿疹のメカニズムや対処法について、この機会に知っておきたいと思いませんか。

そこで今回は、頭皮湿疹をテーマに、原因や対処法をお伝えします。



 

頭皮の湿疹はなぜ起こるの?
そのメカニズムと対処方法

 

「乾燥性湿疹」は、洗いすぎによって起こる


細かいフケを伴い、頭皮が赤くヒリヒリした状態になる湿疹は、「乾燥性湿疹」またの名を「皮脂欠乏性湿疹」と言います。頭皮の皮脂が不足し、乾燥肌になってバリア機能が低下している状態ですね。

この湿疹の原因は、シャンプーの洗浄力が強すぎるか、もしくは洗髪の回数が多すぎること。対処法として、低刺激のシャンプーに替え、洗髪を一日一回程度に減らす必要があります。

乾燥性湿疹が出て「洗いすぎかな?」とすぐ気付ける人ならまだ良いですが、このタイプにありがちなのが、乾燥によって出たフケを皮脂汚れによるものだと勘違いして、何度も洗って悪化させ、毛根が栄養不足になってしまうまで気付かないということ。この湿疹を悪化させないためには、自分のフケの状態を見極められるようになる必要があります。

そして、ニオイなどを気にしすぎないことも重要です。頭皮のニオイを気にする人は、皮脂を残らず取り去ろうとして、過剰に洗浄力が強いシャンプーを選ぶ傾向がありますが、乾燥が進むと湿疹から更に浸出液が出て、皮脂臭とは異なる臭いを発する原因にもなります

 

「接触性湿疹」はシャンプーや整髪料にかぶれて起こる


いわゆる「かぶれ」と呼ばれる状態が、この「接触性湿疹」。これは、シャンプー、トリートメント、整髪料など、頭皮に付くものによって皮膚が炎症を起こして出る湿疹です。頭皮が赤く腫れたようになったり、ニキビのように毛穴が詰まったりなど、湿疹の出方は、人それぞれです。

もし、シャンプーや整髪料を変えたあたりから湿疹が出るようになったのなら、すぐにそれらの使用を中止しましょう。軽いものなら、頭皮に合うものに変更してすぐに治りますが、良くならなければ皮膚科に行ってください。

元々頭皮がかぶれやすい体質の人は、シャンプーなどはサンプルを入手して、パッチテストをしてから使うようにするのも一つの手です。現品を一本買ってしまってから後悔したくはありませんよね。

また、美容室のパーマ液や毛染め料にかぶれるのも、接触性湿疹の一つです。一度かぶれた経験がある人は、低刺激の薬剤を使っている美容室を利用するなどして対処しましょう。毎日付けるわけではないからと目を瞑っていては、頭皮や毛根がどんどん弱ってしまうので気を付けて下さいね。

 

「脂漏性湿疹」は過剰な皮脂と疲れやストレスが原因


最後にお伝えするのは、「脂漏性湿疹」です。皮脂の分泌が多すぎ、それを餌にして「マラセチア」という真菌の一種が異常繁殖して、痒みや皮膚炎を引き起こす病気です。常に頭皮がベタベタと脂っぽく、皮脂を含んだ大きいフケが出る場合は、このタイプである可能性が高いです。

この対処法は、まずは皮脂をちゃんと洗い落とし、マラセチアの餌となる皮脂を取り除くことです。かと言って、洗い過ぎても皮膚の抵抗力を落とすため、適度に清潔を保つことがポイントです。今では、脂漏性湿疹に対応した、真菌を抑える配合で作られたシャンプーも発売されているので、それらを利用しましょう。

また、洗髪後にはしっかり髪を乾かして眠ること、そして頭皮の抵抗力を強めるために、疲れやストレスを溜めないことも大切です。マラセチアは常在菌ですが、疲れによって皮膚のバリア機能が低下した時に、一気に繁殖してしまいます。そうならないためにも、普段から頭皮が弱ってしまわないように健康的な生活を送ることが大切なのです。

 

いかがでしたか。頭皮に出る3つの湿疹とその原因、対処法についてお伝えしました。原因がはっきりしない頭皮の湿疹は、この3つのうちのどれかであることが多いです。

頭皮も全身の皮膚の一部ですが、髪の毛に覆われているため、湿疹ができてもあまり目立ちません。また、顔などに比べると、洗い残しが生じやすく、蒸れやすい部位でもあります。そのため、頭皮湿疹が初期の頃は気付かず、触ると痛いくらいに悪化してから初めて気づくというケースがよく見られます。

ですが、湿疹がそこまで進行すると、数日だけのケアでは治すのが難しくなりますし、毛根にも悪影響が出やすくなります。普段から頭皮に湿疹ができないように配慮して、湿疹が出てしまったら、早めに対処できるようにしておきましょう。

 

まとめ

頭皮の湿疹のメカニズムと対処方法は

・「乾燥性湿疹」は、洗いすぎによって起こるため、洗髪の頻度を下げよう
・「接触性湿疹」は合わないシャンプーや整髪料が原因のため、合うものに変えよう
・「脂漏性湿疹」は過剰な皮脂と疲れやストレスが原因のため、しっかり洗髪しつつ疲れを癒そう