かゆい頭皮湿疹をすぐに治したい!その原因と対処法

かゆい頭皮湿疹をすぐに治したい!その原因と対処法
頭皮が赤くなったり耐えられない痒みに襲われるなど、頭皮の湿疹に悩んでいる人もいらっしゃいますよね。そもそも、頭皮の湿疹とは、頭皮が炎症を起こしている状態のことを言います。

頭皮に湿疹が発症した時は、早急に対処するのが必要ですが、まずは、なぜ頭皮湿疹になってしまったのか、その原因を知りたいところ。頭皮湿疹には3種類あり「脂漏性皮膚炎」「接触性皮膚炎」「アトピー性皮膚炎」に分けられます。

それぞれの症状で、原因や対処法も変わってきますので、頭皮に湿疹がある人は、どの症状に当てはまるのかを理解し、そこから適切な対処を施していきましょう。

そこで今回は、かゆい頭皮湿疹をすぐに治す為の原因と対処法をお伝えします。



 

かゆい頭皮湿疹をすぐに治したい!
その原因と対処法

 

脂漏性皮膚炎は頭皮を清潔にすること


頭皮の湿疹として最も多いのが、脂漏性皮膚炎です。フケが多く発生し、赤くなり痒みが出てくることが特徴です。フケが多く発生するのは、頭皮の生まれ変わりのサイクルが早くなる為に起こるもので、頭を洗わずに出てきたフケとは違うものになります。ですので、毎日頭を洗っていてもフケが多く出るようなら、脂漏性皮膚炎を疑って下さい

脂漏性皮膚炎になる原因としては、「頭を洗っていない」「ストレス」「睡眠不足」があります。まず、頭を洗わずにいると、皮脂がどんどんと毛穴に溜まっていくことによって、湿疹が出来ていきます。だからといって、洗い過ぎると皮脂が少なくなってしまい、頭皮に湿疹が出来る原因になりますので、洗い過ぎないようにしておきましょう。

また、マラセチアというカビも脂漏性皮膚炎を引き起こす役目を果たしています。このマラセチアは、常に人間の皮膚に存在するものなので、怖ろしいものではありません。しかし、ストレスが溜まっていたり睡眠不足が続き、皮脂の出る量のバランスが崩れてしまうと、マラセチアが大量発生するのです。

マラセチアは皮脂を食べ、遊離脂肪酸というものを増殖させる性質を持っています。そして、遊離脂肪酸の刺激が原因となって、脂漏性皮膚炎が発症するのです。

そんな脂漏性皮膚炎の対処法としては、一度発症してしまうと慢性化しやすく再発しやいので、発症した場合は、皮膚科で適切な治療を行うようにしましょう普段の生活では、毎日頭を洗い皮脂を溜めないことが、一番の対策になります。

その他、ストレスを溜めないよう上手く気分転換をしたり、睡眠を十分に取ることが対策となります。発症してしまうと厄介ですので、日常生活での心がけが大事になってきます。

 

接触性皮膚炎は外からの刺激に注意すべき


接触性皮膚炎とは、かぶれとも言われるもので、赤みを帯びた斑点が出来たり、盛り上がった発疹や水疱などが発生するのが特徴になります。さらに、痒みを伴ったり、場合によっては、痛みを覚えたりかさぶたになることもあります。

接触性皮膚炎になってしまうのは、外からの刺激が肌に接触することにあります。外からの刺激といっても、数多くあり、どんな刺激が頭皮に影響を及ぼすのかは、人それぞれです。シャンプーや石鹸、帽子でも発症する可能性があるのです。

外から刺激を受けて発症する接触性皮膚炎は、かぶれる原因となるものに触れない、近づかないのが、最も有効な対処法になります。その為には、自分がどんな刺激に弱いのかを知らなくてはいけませんので、病院で相談するのもよい方法です。また、シャンプーや石鹸は、なるべく刺激が低いものを選ぶようにしましょう。

もし、かぶれてしまうと痛かったり痒みが出ますが、掻かないようにしたいところ。掻けば掻くほど、治るのも遅くなってしまいます

 

アトピー性皮膚炎は体質が大きく関係している


症状の改善と再発を繰り返し、頭皮にフケのようなものや発疹が見られ、痒みに襲われる特徴を持っているのが、アトピー性皮膚炎です。そして、頭皮の湿疹の中で、体質が最も関係している皮膚炎でもあります。

実際のところ、アトピーになる確かな原因は、はっきりと分かっていません。考えられるのは、遺伝的なものであったり、何らかのアレルギーが要因ではないかと言われています。また、突然発症するケースもありますので、誰でもアトピー性皮膚炎になる危険性はあるのです。

もし、アトピー性皮膚炎を発症してしまったら、脂漏性皮膚炎と同じように、早急に皮膚科へ行き、適切な治療を施してもらいましょう。自己判断で治そうとしたり放置しておくのは悪化を招きますので、絶対に避けましょう。

日常生活では、シャンプーやリンスの成分によって症状が出ることもありますので、自分の体質に合ったもので刺激が低いものを選ぶようにして下さい。時には、今まで使っていたものでも、急に発症することもありますので、そうなった時は、使うのをやめるようにしましょう。

 

いかがでしたか。頭皮の湿疹として3種類をお伝えしましたが、どの湿疹も痒みが付いて回ります。この痒みが、頭皮の湿疹を発症している人を苦しめている最大の原因になります。どの種類の湿疹でも、症状が軽くなければ、皮膚科へ行って治療をするのが、治す為の近道です。

病院へ行くのが面倒だからと、自分で対策をして治そうとするのは、頭皮の湿疹を悪化させる危険がありますので、絶対にやめましょう。頭皮の湿疹は、発症してしまうとなかなか自力では治せませんので、普段の生活でしっかりと対策をして、発症しないようにしていきたいところです。

しっかりと治療をすれば、必ず治るものですので、まずは病院へ行きましょう。そして、二度と頭皮の湿疹を発症しないように、頭を清潔に保つなど、予防をすることが大切です。

まとめ

頭皮の湿疹の原因と対処法とは

・脂漏性皮膚炎は頭皮皮脂が溜まって発症するので、頭皮を清潔に保とう
・外とからの刺激が原因の接触性皮膚炎は、原因となるものに触れないようにしよう
・アトピー性皮膚炎は体質が関係しており、自分の体質に合ったシャンプーやリンスを選ぼう