つむじが、ハゲ始めた私が行った・7つの毛根復活術☆

つむじが、ハゲ始めた私が行った・7つの毛根復活術☆

つむじは髪が長ければ直接人目に触れることはありませんが、やはり髪の毛の癖が決まる場所でもあるので、つむじからハゲが進むと、髪の毛全体のボリュームが薄く感じられてしまします。

つむじさえ、元気であれば薄毛の印象を与えずに済むといっても過言ではないかもしれません。生え際から薄くなってきていても、つむじのあたりにボリュームがあれば、長さでカバーをすることができるのです。7つのつむじ温存、毛根復活術を記載します。



 

つむじが、ハゲ始めた私が行った・
7つの毛根復活術☆

 

自分のつむじの場所を知ろう。

つむじは直視できません。自分のつむじがどこにあるか見たことがありますか?人によってはつむじが2個ある人もいます。3面鏡や手鏡で自分のつむじを確認してみてください。髪の毛の生える方向や癖が確認できるはずです。

生える方向に逆らって負荷を与えるような髪の分け方をしていたら、つむじがはげてしまうのは仕方がないことです。より自然につむじに負担がないような状態を作ることがまずは温存の第1手です。

 

ストレスをためないこと

つむじハゲが気になっているのに、自分では見えないつむじが他人には晒されている。というのは、余計にストレスになりますね。しかし、抜け毛の最大の敵はストレスです。

見られてるかも、ハゲだと思われているかも・・という不安はストレスの負の連鎖を呼びます。大丈夫、そのうち生えるから!っていうくらいに視線をかわしましょう。自分のつむじの毛根を信じてあげることも大切です。

 

毛根の環境を考えましょう

脂っこいものが好き、お風呂に入るのが面倒くさくていつもシャワー、髪を洗い忘れた・・など、毛根に過酷な環境を強いてはいませんか?毛根は字の如く、毛の根っこです。根っこの環境が悪ければ、どんな木もすぐに枯れてしまうものです。

毛に至っても話は同じです。もしも脂っこいものばかり摂取した結果、体の内側が原因で毛穴がつまりやすかったらまずは食生活の改善です。野菜を中心的に食べましょう。

脂ののった焼き肉よりは、ささみや白身魚など脂肪分の少ない食事を心がけましょう。そして、半身浴をするなど詰まった皮脂が流れやすい環境を作りましょう。毛根周りの脂対策が、毛根復活のまずは1つ目です。

 

頭皮の血行を考えていますか

毛が生えるということは、毛に栄養が届いているということです。毛に栄養を届けるのは、血液です。実際に頭皮の下にはたくさんの毛細血管が流れています。この毛細血管の流れが悪かったりどろどろでは良い栄養分も毛根には届きません。

どのように血流を良くするかといえば、難しいことではありません。頭皮をマッサージするのです。固めのブラシでトントントンと軽く叩くようにブラッシングするのも1つですし、左右5本の指で円を描くようにマッサージするのは気持ちが良いと思います。

その際、頭皮はすべてつながっているので、つむじ周りを集中的に行うより、全体的に行うことが大切です。

 

頭皮の血行の次は全身の血行をよくしよう

頭皮はすべてつながっているのでつむじ以外のもマッサージが必要だと記載しました。そんなことを言ったら、実は全身の血管がつながっているので、全身の血流を良くすることが1番大切なことといえるはずです。

さて、全身の血行を良くするためには何をすればよいのかということですが、答えは簡単で運動です。運動不足であれば、軽い運動をしただけでも血流が良くなります。そして喫煙習慣がある人は思い切って禁煙にトライしましょう。

ニコチンによって血管は収縮します。収縮するということは、血液の流れる管が細くなって流れにくくなるということなので、血流を悪化させるというデメリットしかないのです。

 

シャンプーを見直そう

洗い心地の爽快感や、香りでシャンプーを選んでいませんか?メントールの程良い刺激で洗い上がりがさっぱりしていても、実際は毛穴に汚れがびっちりだったり、シリコンが毛穴に入り込んでしまうこともあるかもしれません。

最近は、ノンシリコンのシャンプーがドラッグストアでもよく目にするようになりました。ノンシリコンのシャンプーは毛穴に負担を与えませんので、毛根復活には適しているといえます。

 

スカルプケアを始めてみよう

ドラッグストアに行くとたくさんの発毛剤が売られています。効果の有無は別として、購入する人は、自分の頭髪に不安がある人や、予防を求めて購入するようです。何より毛髪に関するモチベーションが高いということです。

しかし、実際に購入して試してみるのなら、効果があるものが大切です。医薬品の部類に入るものや、生薬のみでできているものなど様々な種類の発毛剤が売られています。

自分にどれが合うのかは人それぞれ異なると思います。そして、薄くなっている頭髪は皮膚が弱くなっていることもあるので、使用には注意が必要です。

つけるとかゆくなる、赤くなったなどという現象がある場合は、無理して使わずにすぐに使用を中止しましょう。良かれと思ってつけた発毛剤で今いる毛根を傷つけてしまったら元も子もありません。

 

いかがでしたか?

つむじは他人には見えますが、本人には見えません。そのため、自分で触って、あれ?薄くなったと気がついたころには、すでに周囲は周知の事実でつむじハゲだったという悲しい現実が待っています。

つむじハゲは、自分で予防、そして進行を止めることが必要です。まずは急激に毛が増えるということは難しいので、今残っている毛根を大切に温存する方法を考えましょう。自分でできることは体質の改善や、マッサージなどの血行の改善です。

環境を整えた上で、育毛剤やシャンプーまで気を使うことでより効果的につむじのハゲを予防することができます。

 

まとめ

つむじが、ハゲ始めた私が行った・7つの毛根復活術☆

・自分のつむじの場所を知ろう。
・ストレスをためないこと
・毛根の環境を考えましょう
・頭皮の血行を考えていますか
・頭皮の血行の次は全身の血行をよくしよう
・シャンプーを見直そう
・スカルプケアを始めてみよう