薄毛をヘアスタイルでカバーして素敵な印象をつくる方法

薄毛をヘアスタイルでカバーして素敵な印象をつくる方法

薄毛という言葉の響きは、少し悲しいですが、それを利用して、活躍している芸能人の人がたくさんいます。薄毛のヘアスタイルで笑いをとっている人もいれば、失礼ですが気持ち悪がられている人もいます。

しかし、薄毛をヘアスタイル生かした素敵な人がたくさんいるのです。その人たちは、もともと薄毛の人もいれば、徐々に薄毛になってきたという人など様々ですが、共通しているのが、薄毛のヘアスタイルの方がかっこいいのです。

芸能人ですから、ヘアメイクの方がいて、いろいろアドバイスをもらったり、担当の美容師さんがすごい技を持っていたりするのでしょうが、ちょっと間違えば、冴えないオジサンになってしまうのに、それを若い人にもモテてしまう素敵な印象にしてくれるのだから、本当にすごいです。そんなきっとマネしたくなる、ちょっとした薄毛のヘアスタイルの技やコツを、今からご紹介します。



 

薄毛をヘアスタイルでカバーして
素敵な印象をつくる方法

 

薄毛を隠すことをやめましょう


薄毛のヘアスタイルの人を見て、残念だなと感じるのは、薄毛を隠そうとしていることです。実は、薄毛をヘアスタイルを隠そうとすればするほど、『薄毛でかわいそう』とか『かっこ悪い』『なさけない』という印象を持ってしまい、あまり良い印象は持てません。

もちろん頑張っているということは感じるのですが、髪を伸ばして、薄い部分を覆ったりして不自然な髪形になってしまい、清潔感を感じられなくなってしまいます。

隠そうとしても360度どこからみても薄毛をヘアスタイルだけで完璧に隠すことは、まず不可能です。それと不思議なもので、頑張って薄毛を隠そうとしている人の頭に、自然と目がいってしまうのです。だったら、隠すことをやめてみませんか。隠すことをやめた上で、自分に似合う薄毛のヘアスタイルを探すことが素敵なあなたを作る第一歩になるでしょう。

 

薄毛は個性という意識を持ちましょう


まずは、薄毛が、カッコ悪いと思っているのであれば、まずはそれを改めでください。薄毛がカッコ悪いのではなく隠そうとしていることが、カッコ悪いのです。

薄毛は、顔のパーツなどの特徴と一緒で、個性のひとつです。それを生かすも殺すも、自分次第です。個性のひとつの薄毛を活かしたヘアスタイルを見つける努力を今後はしていきましょう。

 

短いヘアスタイルにチャレンジしてみましょう


子どものころは、野球などのスポーツをする為に親やクラブチームの言いつけどおりに坊主頭にしていた人も、大人に成長する過程で、髪を伸ばしたヘアスタイルに変化していくものです。

思春期を迎え、テレビや雑誌などを見て、こんなヘアスタイルにしてみたいといろいろ興味を持ってくるのもひとつの要因です。しかし、薄毛が気になりだしたころから、徐々にヘアスタイルを楽しむのではなく、薄毛を少しでも目立たなくしたいという隠すヘアスタイルになってしまっていませんか?

だからこそ、昔のように、坊主頭にしてみましょう。スーツ着用で仕事をする人などは、坊主頭だとスーツと合わないとか、仕事上、好ましくないのであれば、短めのヘアスタイルにしてみてください。スッキリとした爽やかな印象になるはずです。まずはスッキリさせてから、もっと自分に似合う薄毛のヘアスタイルを探していきましょう。

 

薄毛に合うヘアスタイルのポイントを知りましょう


薄毛で素敵な印象をつくる際に大切なのは、全体のバランスを考えることです。サイドと襟足の辺りは、短めにカットしてください。もともと薄毛になりにくい部分なので、その部分が長くなって濃く見えてくると、薄毛の部分の頭皮が目立ち、バランスが悪くなってしまいます。

その為、髪の毛の多い部分は短めに、薄い部分は少し長めにカットすると、薄毛のヘアスタイルが目立たず、清潔感のある素敵な印象になります。仕上げは、ムースやワックスなどを使用して、トップにボリュームを持たせ、分け目をつけないようにすると、お洒落さが増します。

 

髪の毛を明るくしてみましょう


可能であれば、頭皮と同じくらいの明るさに髪の色を染めるのが理想です。頭皮と同じくらいの色にして、短いヘアスタイルにすると薄毛が気にならず、とてもお洒落でカッコよく見えます。海外の俳優や日本ではタレントの所ジョージさんなどがやっていますが、とても素敵です。

そこまで明るく出来ない場合は少し明るめのアッシュカラーにすると頭皮が目立たず、短めのヘアスタイルではなくても、薄毛が気になりにくく、お洒落な印象になるので、一度チャレンジしてみてはいかがでしょうか。

 

いかがでしたか。

今回の1番のポイントは、薄毛を隠すことをやめ薄毛のヘアスタイルを考えることです。気にし過ぎて隠そうとすると、周りの人も、何となく会話などに気を使ってしまいます。会話の中で、『しまった』と思ってしまい、気まずい思いをしてしまう人も多いのです。

ふとした時に視線が髪の毛の薄い部分にいってしまいます。その点、隠していない人との付き合いは、明るく、気まずい雰囲気にもならないので、とても楽しく過ごせます。それ自体、薄毛のヘアスタイルとしてとても素敵に感じられます。

それでいて、薄毛を活かした清潔感のある薄毛のヘアスタイルであれば、女性だけでなく男性にも好まれるはずです。もちろん年齢など関係なく、慕われるでしょう。今、あなたが薄毛に悩んでいるのであれば、ぜひ、隠すことを止めた上で、自分らしい素敵な薄毛のヘアスタイルを探してみてください。

 

まとめ

薄毛をヘアスタイルでカバーして素敵な印象をつくる方法

・ 薄毛を隠すことをやめましょう
・ 薄毛は個性という意識を持ちましょう
・ 短いヘアスタイルにチャレンジしてみましょう
・ 薄毛に合うヘアスタイルのポイントを知りましょう
・ 髪の毛を明るくしてみましょう