もうハゲとは言わせない!私が薄毛の治療を決意した9つの理由

もうハゲとは言わせない!私が薄毛の治療を決意した9つの理由
薄毛 治療を始めなければと思いつつ、恥ずかしいとか、まだ大丈夫、と思って躊躇している方はいらっしゃいますか?

最近は「薄毛はお医者さんへ」といったCMで、薄毛 治療の啓蒙活動が行われていますが、「自分には関係ない」と思っていたりしてませんか?
筆者もそのひとりでした。自分は大丈夫だろうとか、このまま食い止められるだろうと考えていました。

しかし、いろいろな理由が重なって、薄毛 治療を本気で始めようと決意したわけです。早く気づいて薄毛 治療を始められて、本当に良かったと思っています。

それで今回は私が薄毛 治療を決意した9つの理由をご紹介しますので、皆さんの状況にあてはめて読んでくださいね。読んだ後はきっとあなたも薄毛 治療への考えが変わると思いますよ。



 

もうハゲとは言わせない!私が薄毛の治療を決意した9つの理由

 

その1: 頭頂部が薄くなってきたと指摘される

きっかけは妻から「つむじの辺りに地肌が見えるようになってきている」と指摘されたことでした。これはドキッとしました。自分では全く気づいてなかったのです。今考えるとこれはO字ハゲが段階的に進んでいたということでしょう。

 

その2: 生え際が薄くなってきたと感じる

それからしばらくたって、ふと鏡を見ておでこを見たら、生え際が後退しているように感じました。これはM字ハゲとも呼ばれるものです。頭頂部からも前からも進行している薄毛に愕然としたのです。薄毛 治療を始めなくてはいけないと真剣に考えるようになりました。

 

その3: しっとりとしたフケが目立つようになる

次の理由は、しっとりとしたフケが出てくるようになったのです。頭皮がべたついているようにも感じました。ちゃんとシャンプーしているはずなのにおかしいです。妻に「ちゃんと洗っているの?フケが目立つわよ」と言われ、会社でもフケが気になって、スーツを着たくないと思うようになりました。医者で薄毛 治療と共に、フケの治療を受けなければと考えるようになりました。

実際医者に通い始めて分かったのですが、これは放っておくと「脂漏性脱毛症」と呼ばれる新たな薄毛の原因になることが分かり、病院に行って本当に良かったと思いました。

 

その4: 職場で育毛剤をプレゼントされる

次の理由は、職場で育毛剤をプレゼントされたことでした。すっかり「ハゲ」として定着しているのかと思うと悲しくなりました。「もうハゲとは言わせない!」と薄毛 治療を決意したわけです。

 

その5: ノーウッド分類で薄毛の進行を知る

ノーウッド分類という言葉を聞いたことがありますか?薄毛の進行度を知るための分類方法のことです。薄毛が自分でどれくらい進行しているのかは気づきにくいものですが、こちらのチャートと活用すれば、客観的に判断することができます。

このチャートは、頭のイラストで判断できるようになっていますのでとても分かりやすいのです。それによると自分は7段階中4段階であることが確認できました。進行しているものの、今から薄毛 治療を始めれば遅くないという結果でしたので、薄毛 治療を決意したのです。

 

その6: 頭頂部から写真を撮ってもらう

治療への決意を高めるために、妻にお願いして、自分の頭頂部をデジカメに撮ってもらいました。自分の頭頂部を直視するのはつらいことでしたし、見たことのない光景に驚きました。こんなにハゲが進行していたとは。

そして周りからはこんな風に見えているのかと、再認識させられたのです。これはしっかり薄毛 治療して、少しでも改善させたいと決意したのです。

 

その7: シャンプーの仕方を変えてみる

シャンプーの正しい方法を学んで実践してみることにしました。それだけで、なんと抜け毛が少し減ったのです。その効果に驚き、薄毛 治療への期待も膨らみました。私が実践したシャンプーの方法はこれです。
①髪をぬるま湯でざっと洗い流します
これは髪の毛についたホコリやフケを取るための、水洗いです。
②手のひらに適量のシャンプーを取り、軽く泡立てます。
③泡を頭皮につけ、指の腹を使って、生え際から頭頂部に向かってマッサージするように洗います。
④最後によくシャワーですすぎます。
シャンプーが残っていると抜け毛の原因になります。しっかり洗い流しましょう。これだけですので、とても簡単でちょっとしたコツで実践できます。ぜひ試してみてくださいね。

 

その8: 薄毛 治療体験者の話を聞いてみる

薄毛 治療を実際に経験した人たちの実体験を聞くことも、薄毛 治療を決意させる理由になりました。彼らが勧めたのは、とにかく早く薄毛 治療を始めることでした。進行してからではそれだけ時間も労力もかかるのです。

 

その9: 専門の病院へ行ってみる

いよいよ薄毛 治療専門の皮膚科の病院へ行ってみることにしました。恥ずかしく思いましたし、どんなことをされるのかと不安がありましたが、行ってみて安心しました。先生がしっかりとカウンセリングをしてくださり、適切な治療をすれば改善することを説明してくださいました。もっと早く行っておけばよかったと思うくらいでした。

薬による治療や生活指導もしてもらい、これから薄毛 治療を続けていこうと決意が強まりました。

 

私が薄毛の治療を決意した9つの理由はいかがでしたでしょうか?自分も思い当たる節がある方、ぜひすぐに薄毛 治療を始めることをお勧めします。早ければ早いほど効果も出ます。何もしなければこうしている間にも進行していくのです。薄毛 治療を始めて効果を実感すると、自信も取り戻すことができます。

髪も自信も取り戻して、いつまでも若々しくありたいですね。

 

まとめ

もうハゲとは言わせない!私が薄毛の治療を決意した9つの理由

その1: 頭頂部が薄くなってきたと指摘される
その2: 生え際が薄くなってきたと感じる
その3: しっとりとしたフケが目立つようになる
その4: 職場で育毛剤をプレゼントされる
その5: ノーウッド分類で薄毛の進行を知る
その6: 頭頂部から写真を撮ってもらう
その7: シャンプーの仕方を変えてみる
その8: 薄毛 治療体験者の話を聞いてみる
その9: 専門の病院へ行ってみる