女性にしかわからない、 薄毛がもたらす7つの恋愛デメリット

女性にしかわからない、 薄毛がもたらす7つの恋愛デメリット
性別に関係なく、年齢とともに増えてくる髪の悩み。昔は40代になってから薄毛や白髪の悩みを持つ女性が増えていましたが、最近では、20代や30代の若い女性も、髪の悩みを多く抱えています。

「薄毛が直接の原因で、男性から恋愛の対象と見られない」ということはあまりないかもしれません。しかし、男性よりも、女性の方が薄毛を気にしており、自分に自信が持てず、恋愛に踏み込めないというケースは多々あります。

薄毛は外見のことですが、薄毛の悩みから消極的になってしまい、行動することをためらってしまったために、結局は恋愛のチャンスを逃してしまうことも。今回は、「女性にしかわからない 薄毛がもたらす7つの恋愛デメリット」についてご紹介します。



 

女性にしかわからない、
薄毛がもたらす7つの恋愛デメリット

 

出会いの場に行くことができない


合コンや、婚活パーティーに参加してみたいと思っていても、「薄い毛のせいで、老けて見られるかも」と考えてしまい、結局は、自分の方から出会いの場を遠ざけてしまう人もいることでしょう。

残念ながら、薄毛は老けた印象を与えてしまうので、初対面の人に、実年齢より年上に見られてしまいがちです。同い年の同僚と食事をに行っても、先輩と後輩のように見られてしまうことも。

しかし、見た目で損をしてしまうだけでなく、さらに暗い顔をしていると、ますます表情が曇って年老いて見えますので、男性の前では意識して笑顔でいるようにしましょう。ムスッとしている女性よりは明るい女性の方が断然モテます。

鏡を見て髪の薄さを気にするよりも、自分の表情がこわばっていないかをチェックすることが大切です。

 

薄毛がもたらす不安感から告白できない


薄毛の女性は、髪の悩みを抱えていない人よりも、必要以上に自分の容姿を気にしてしまう傾向があります。そのため、もしも薄毛のせいで相手に嫌われてしまったらどうしよう、と考えてしまい、積極的な行動を起こすことができません。

つねに不安がつきまとった精神状態ですので、当然、恋愛することにも恐怖を感じてしまいます。好みの男性に巡り合えても、「私なんて恋愛の対象外に思われてしまうに違いない」と勝手に思い込み、告白をする事が出来ないまま時間だけが過ぎてしまうのです。

しかし、容姿だけで判断するような男性とは、仮につきあうことになっても決して長続きしないものです。世間には、女性の外見よりも、内面を重視している男性はたくさんいますので、あまりネガティブな考え方にならないように気をつけましょう。

 

海水浴やプールへ行くことができない


ほとんどの薄毛の女性は、好意を寄せている男性に、自分の髪の毛が薄いことを知られたくないと思っています。一緒にデートしたいと思っても、薄毛のせいでなかなか踏み切ることができません。特に、海やプールのように、髪が濡れてしまうところには行きたくないものです。

髪のボリュームがない人や薄毛の人は、髪の毛が濡れてしまうと、髪が顔に張りついてしまったり、透けて見えてしまいます。ですから、海水浴やプールに行くことに抵抗を持つでしょうし、雨の日の外出も避けたいと思うでしょう。

好きな人と外で会うことよりも、映画や美術館巡りなど、風雨で髪型が乱れないところでしか会いたくないと思うかもしれません。このように、薄毛の女性は、行動範囲が限られてしまうことにとても悩んでいるのです。

 

ヘアスタイルがいつも同じになってしまう


好きな人の前ではおしゃれをして、きれいな自分を見てほしいと思いますね。薄毛に悩む女性であれば、パーマをかけてボリュームアップしたいと思うでしょう。しかし、薄毛の女性がパーマをかけると、髪を傷めるだけではなく、頭皮にも悪影響を及ぼしますので、ますます毛が薄くなってしまいます。

同様に、ヘアカラーも頭皮にダメージを与えるのでやめておきましょう。 かといって、好きな人の前で、いつも黒髪のストレートヘアでいるのはつまらないもの。おすすめなのは、頭皮に影響の少ないホットカーラーやヘアアイロンで髪のボリュームを出す方法です。

高温のため、髪を痛めてしまうことはありますが、頭皮に影響はありませんので、薄毛が進行することはなく、手軽におしゃれを楽しめます。

 

彼に引け目を感じてしまう


髪の毛が薄い女性は、前向きな気持ちになれず、なんでもマイナス思考になりがちです。仮に、彼氏ができて、彼が「その洋服、似合っているね。」と褒めてくれたとしても、「洋服以外に褒めることはないってことね。」などと、彼の言葉を素直に受け止めることができなくなります。

時には、「彼は、私がかわいそうだと思って、無理をしてつきあっているのではないか。」といった疑心暗鬼がひどくなり、自分のことが好きになれなくなったり、うつ病になってしまう場合もあります。

このようなケースは、20~30代の女性に多く、恋をしたいのに、薄毛が気になってうまく行動できないジレンマからストレスがたまり、さらに薄毛の進行を早めているようです。

 

ずっと隠し事をしているのが辛い


気になる男性には、「薄毛であることを知られたら嫌われるのではないか」という心配から、できれば秘密にしておきたいと思うもの。しかし、好きな人にずっと隠し事をしているというのは、とても辛いものです。

たとえば、彼に会う時は、帽子をかぶって、頭頂部を見られないように気をつけなければなりませんし、もしも一緒に暮らすようなことにでもなれば、彼よりも先に起きて、薄毛部分を隠すように髪を整えなければならなくなります。

ほかにも隠さなければならないことが増え続け、彼も、何か秘密を抱えているのではないかと、だんだんと疑り深くなってしまうものです。 隠し事をしたままで気になる男性とお付き合いをすることは、どうしても不自然が生じてしまい、彼との関係がうまくいかなくなってしまうことでしょう。

 

彼に心配されることで、関係がおかしくなる


女性の中には、楽天的な性格で、薄毛を気にしない方もいらっしゃいます。しかし、女性の気持ちとは正反対に、つきあっている男性の方が、彼女の薄毛を心配しているというパターンも多いのです。

「彼女の頭頂部を見ないようにする。」、「彼女の薄毛が目立ってきたけれど、彼女を傷つけてしまうと思って言うことをためらっている」というように、彼なりに気を遣ってくれている場合があります。

しかし、彼としてはよかれと思って見て見ぬフリをしている行為が、お互いの関係に溝を作ってしまうことも。彼女としては、気を遣われているのも嫌でしょうし、それよりは、はっきりと薄毛のことを言ってもらった方がいいとさえ思っているかもしれません。

好きな男性とは、薄毛のことをオープンに話せるような良い関係を築きたいですね。

 

いかがでしたか?

世の中には、薄毛が原因で、男性にどう思われるか心配で行動に移せない女性がたくさんいます。確かに、「髪は女性の命」といいます。ですが、男性は髪だけで女性を判断しているわけではありません。

男性としてみれば、髪の状態云々よりも、あなたとの相性の方が重要で、性格や趣味などに共通点のある人とおつきあいしたいと考えている人はたくさんいます。

ですから、あなたが髪のことで悩み、自信がなくて暗い顔をしていたり、消極的な態度でいると、本来のあなたらしさを表現することができず、見た目でも性格でも損をしてしまいます。

人は誰でも、100%自分の外見に満足している人はいません。薄毛に悩まずに、恋愛では積極的に自分をアピールしてみませんか?

 

まとめ

女性にしかわからない、薄毛がもたらす7つの恋愛デメリット

・ 出会いの場に行くことができない
・ 薄毛がもたらす不安感から告白できない
・ 海水浴やプールへ行くことができない
・ ヘアスタイルがいつも同じになってしまう
・ 彼に引け目を感じてしまう
・ ずっと隠し事をしているのが辛い
・ 彼に心配されることで、関係がおかしくなる