薄毛の原因を取り除く3つの正しい洗髪法

薄毛の原因を取り除く3つの正しい洗髪法
薄毛で悩んでいる人の中には、薄毛の原因が何だか分からず、モヤモヤしている人もいることでしょう。薄毛の原因でよく言われるのは、ホルモンバランスやストレス、生活習慣などがありますよね。しかし、それだけではなく、髪の洗い方にも薄毛の原因が隠れているのです。

髪の洗い方と言っても、単純にシャンプーで髪を洗えばよいという訳ではありません。間違った洗い方をしていると、髪にストレスを与え、薄毛をどんどん促進させてしまいます

薄毛の原因が髪の洗い方にあるかもしれないと聞いて、ショックを受けている人もいるかもしれませんが、逆に言えば、正しい洗い方に変えれば薄毛が改善される可能性があるということ。こう聞くと、希望も湧いてきますよね。

そこで今回は、薄毛とおさらばする為に、3つの正しい洗髪法をお伝えします



 

薄毛の原因を取り除く
3つの正しい洗髪法

 

シャンプー前に汚れを落としやすくしておく


正しい髪の洗い方をするは、シャンプーをする前からするべきことがあります。おそらく、多くの人がシャンプーをする前のことは、あまり意識していないことでしょう。

ここですることは、髪の毛や頭皮の汚れを落としやすくする為の前準備です。

【ブラッシング】

ブラッシングは髪の毛が長かったり絡みやすい人だけで、そうでない人は行わなくても大丈夫です。

やり方は、目の粗いクシやブラシで毛先から軽くブラッシングをします。そうすることで、シャンプーの泡立ちが良くなり、髪の毛の汚れが落としやすくなります。

薄毛の大きな原因は、汚れが髪に残ることですので、ブラッシングは大事になります。

【ぬるま湯で洗う】

シャンプーの前に、シャワーで髪の毛と地肌を洗い流しましょう。そうすることで、シャンプーがよく馴染み、泡立ちがよくなります。驚くことに、こうすることで髪の毛に付いている汚れやほこりの8割を取り除くことが出来ます

洗い流す時は、熱いお湯ではなく、38℃前後のぬるま湯にして下さい。熱いお湯は、皮脂を過剰に分泌させてしまい、薄毛の原因を作ることになります。

【手の平でシャンプーを泡立てる】

直接頭皮にシャンプーを付けてしまう人も多いでしょうが、絶対にやらないようにして下さい。シャンプーは刺激が強いので、頭皮がかぶれてしまう恐れがあり、薄毛の原因になってしまうことがあるからです。

しかし、シャンプーを付けないと洗髪は出来ないという方も多いでしょう。そこで、シャンプーの刺激を弱くする為に、適量を手の平に取って、軽く泡立てましょう。髪の長さや髪の量により変わってきますが、だいたい500円玉くらいの量が目安になります。

また、シャンプーの量が多すぎるのもNGです。量が多いと洗い残しが出る可能性が高くなり、シャンプーの成分が髪の毛に残ってしまうことになります。これが、薄毛の原因に繋がりますので、注意しましょう。

 

シャンプー中は髪全体を意識する


手の平でシャンプーを泡立てたら、いよいよ髪を洗います。洗い方は、髪全体をシャンプーの泡で包むようにし、頭皮は優しく揉むようにします。そして、生え際から頭頂部へ向かうように、頭全体の地肌を洗うようにします

くまなく髪を洗ったら、髪を洗い流しますが、その時にも注意すべきことがあります。それは、洗い残しがないように、念入りにすすぐこと。地肌にシャンプーの成分が残っていると、かぶれたり、毛穴が詰まったりして、薄毛の原因になってしまいます。ちなみに、洗い流す時間の目安は、3~5分程度です。

 

洗い流したらマッサージをし、コンディショナーを付ける


シャンプーを大体洗い流し終えたら、洗髪が終わりという人も多いかもしれませんが、ここで終わってはいけません。この後、シャワーを頭皮に当てながら、マッサージをすることが重要になります。マッサージすることで頭皮の血行が良くなり、毛穴に詰まった余分な皮脂などが洗い流され、なおかつ、薄毛の原因でもある、抜け毛の予防にもなります。

マッサージは、髪や頭皮をいたわるように、優しく優しく、円を描くように、①サイド②生え際から頭の中心③頭頂部、の順番で行います。この時、頭皮に刺激を与える(例:爪を立ててゴシゴシ洗う)ようなことをすると地肌を傷つけてしまうので気を付けましょう。

マッサージを終えたら、最後に適量のコンディショナーを髪の毛だけに付けましょう。コンディショナーは刺激が強すぎるので、頭皮につけると悪影響を与えてしまう可能性があります。せっかく、ここまで丁寧に洗髪してきたのを無駄にしないよう、コンディショナーを使う際には注意して下さい。

コンディショナーは付けてもすぐ洗い流さず、数分間放置します。放置しておくことで、髪の毛にコンディショナーが馴染むので、より効果が出ます。洗い流す時には、薄毛の原因になる「洗い残し」がないようにしましょう。

 

いかがでしたか。薄毛を予防する為には、それなりに洗髪に時間をかけなければなりません。面倒だなと感じる人もいるかもしれませんが、何かを予防するというのは、手間がかかるものなのです。

しかし、正しい洗髪をするだけで、薄毛の予防に繋がるのですから、お手軽な対策方法でもあります。ただし、薄毛の原因が洗髪だけにあるわけではありません。正しい洗髪をしても薄毛が進行する可能性もありますが、少なからず進行を遅らせることは出来ます。

まずは、正しい洗髪をして、薄毛の原因の一つを潰してしまいましょう。薄毛で悩まれている人は、一刻も早く実践してみることをおススメします。

効果を出すには、日頃の積み重ねが大事です。毎日欠かさず正しい洗髪をすることで、効果を実感し、薄毛の悩みから解放されると良いですね。

まとめ

薄毛の原因を取り除く洗髪法は

・ブラッシングやぬるま湯で洗って、汚れを落としやすくしておく
・髪全体を泡立て、丁寧に洗い流す
・マッサージで頭皮の血行を良くし、コンディショナーを付ける