薄毛の間違った知識!逆効果にもなりうる5つの対策とは

薄毛の間違った知識!逆効果にもなりうる5つの対策とは
薄毛対策は人類の永遠のテーマ。あなた自身もきっと、薄毛対策はどうするべきか悩んだことがありますよね。薄毛対策には色々ありますが、その中には間違った知識や、今では効果が無いことが確認されている方法などもたくさん存在します。でも、その間違った知識を更新することができず、効果なし、むしろ逆効果になるということを知らずに続けている人も少なくありません。

手間をかけて薄毛対策しても、それは無意味だったと後で知るのは嫌でしょう。どうせなら、ちゃんと効果があるものを見分けられるようになってから選択したいものです。

そこで今回は、一般に知られる薄毛対策の中から、間違っているもの、逆効果になるものなどについてお伝えします

海藻ばかり食べるのは効果なし

薄毛対策には、ワカメや昆布などの海藻類をたくさん食べれば良い、とひと昔前は言われていました。ですが、これは今では科学的根拠なしと判明しています。

海藻類はミネラルが豊富で、その中には発毛に影響するものもあるため全くの無意味とは言えませんが、必ず海藻を食べなければ発毛しないわけでもありませんし、そればかりたくさん食べれば発毛が促されるものでもないのです。確かに海藻の栄養価の高さは素晴らしく、薄毛以外の健康増進のためにも摂った方が良いものですが、極端にそればかり食べても効果はないということを覚えておきましょう。

 

洗髪回数を減らすと逆効果

洗髪すると、手に髪の毛が絡んでたくさん抜けたように見えるものです。そのせいか、洗髪回数は減らした方が薄毛になりにくいと考える人もいます。

でも、洗わなすぎは頭皮に皮脂や汚れが溜まり、それが毛穴に詰まって抜け毛を引き起こします。また、整髪料を付けたまま翌朝までシャンプーせずにいると、髪と頭皮に大きな負担がかかり、こちらも良くありません

薄毛対策をするなら、シャンプーは一日一回は行うようにした方が良いと考えられます。適した時間としては、朝よりも夜がおすすめです。夜に洗えば一日の汚れも整髪料もすっきり落とせるので、薄毛対策として良い効果を発揮するはずです。

 

洗い過ぎも薄毛の原因になる

皮脂詰まりを気にするあまり、一日に何度も洗っている人もよく見かけます。ですが、洗い過ぎは前項の洗わなすぎと同じくらい頭皮にとって良くない行為なのです。

一度洗髪すると、頭皮の汚れだけではなく皮脂も落とされます。そのため、あまりに洗い過ぎると皮脂不足が起こり、頭皮が乾燥して荒れがちになります

頭皮が荒れると栄養供給が悪くなったり、毛根を支える力が不足して抜け毛が起こりやすくなります。また、やはり頭皮と髪をこすることで物理的な力がかかり、髪が抜けていくという問題もあります。このように、過剰な洗髪を続けると、どんどん薄毛になっていくのです。

 

頭皮マッサージで発毛するほどの効果は得られない

頭皮をマッサージして血行を良くする方法も、薄毛対策としてはよく知られています。ですが、マッサージするだけでは発毛するほどの効果は得られないということをご存知でしょうか。

確かに、頭皮をマッサージすると一時的に血行が良くなり、栄養供給が促進されますが、この効果はマッサージをやめてすぐに消えてしまいます。この程度では毛根に栄養が行き届くまでには至らないと考えるべきでしょう。

では、長時間マッサージすれば良いかというとそうではなく、却って頭皮が炎症を起こしてしまう可能性もありますし、摩擦による抜け毛も懸念されるため、避けた方が良いでしょう。

 

対策しすぎによるストレスが一番の大敵

間違った薄毛対策だけではなく、ある程度効果的な薄毛対策にも言えることですが、神経質になりすぎてストレスになってしまうと、却って薄毛を促進します。確かに薄毛は気になりますし、対策し始めると効果が出るのを今か今かと待ってしまうはずです。

ですが、薄毛対策に気を取られ過ぎてストレスを溜めるようでは、どんな対策も無駄になってしまいます。ストレスは頭皮への血行を悪くし、細胞の生まれ変わりを妨げるものですから、溜めないことが一番の薄毛対策とも言えるのです。

薄毛対策をするなら、気楽に行いましょう。あまり自分を追い込み過ぎると、画期的な対策も地道な努力も意味が無くなります。

 

さて、数ある薄毛対策の中から、意味の無いもの、そして逆効果になる可能性があるものを5つ取り上げてお伝えしました。

海藻には発毛効果はないと知られるようになってしばらく経ちますが、それでも昔の迷信を信じて、海藻サラダや酢の物などをたくさん食べ続けている人も少なくありません。そんな人を見かけたら、そっと「それはあまり効果が無いんですよ」と教えてあげた方が良いでしょう。

また、洗髪の頻度に関しては諸説ありますが、はっきり言えるのは、洗い過ぎも洗わな過ぎも薄毛対策としては良くないということです。シャンプーが合っていれば、一日に一回の洗髪で十分だと言われているのですから、それ以上にも以下にもならないようにして下さい。

薄毛は間違った対策によってどんどん進行していきます。正しい知識を手に入れ、効果的な薄毛対策をしていきましょう。

まとめ

薄毛の間違った知識や逆効果にもなりうる対策は

・海藻ばかり食べるのは効果なし
・洗髪回数を減らすと逆効果
・洗い過ぎも薄毛の原因になる
・頭皮マッサージで発毛するほどの効果は得られない
・対策しすぎによるストレスが一番の大敵


連記事
タイトルとURLをコピーしました