分け目が目立つ!薄毛女性の悩みを解決する5つのワザ

分け目が目立つ!薄毛女性の悩みを解決する5つのワザ
薄毛と言えば男性のものと思われがちですが、実は薄毛は女性にも起こりうるものです。鏡を見て「分け目が目立ってきた……これって薄毛の始まり?」と悩んだ経験がある人は、きっと少なくないですよね。女性は男性よりも薄毛やハゲになる要素が少ないと言われていますが、それでも体質や生活習慣によって薄毛になる女性は存在します。また、年齢を重ねることにより毛根が弱り、薄毛が進む女性も少なくありません

女性の場合はヘアスタイルもファッションの一部ですから、髪の豊かさは大きな問題です。薄毛だと老けて見える原因にもなるので、アンチエイジングに勤しむ女性にとっては絶対避けたいトラブルの一つでもあります。

そこで今回は、薄毛の女性に知っておいて頂きたい解決テクニックをお伝えします。

 

分け目が目立つ!
薄毛女性の悩みを解決する5つのワザ

 

分け目をこまめに変えよう

冒頭でもお話ししていますが、生え際や分け目の地肌が見えるようになると薄毛のサインと思って良いでしょう。女性の場合は、特に分け目から薄毛になるパターンが多いです。

薄毛になる女性は、毎日同じ分け目で髪をセットしていることが多いのではないでしょうか。これでは髪に癖が付き、髪がペッタリと寝てしまってますます薄毛に見えるようになります。

これを防ぐためには、毎日、あるいは何日かに一回くらいのペースで分け目を変えてセットすること。分け目に負担がかかってその部分ばかり抜けてしまうことを避けられますし、まだ癖がついていないところから分けることでボリュームが出やすいというメリットもあります。

 

きつく縛るヘアスタイルをやめよう

分け目と同じく、薄毛が女性に起こる原因として深刻なのがまとめ髪による引っ張りです。職場の規定などでまとめ髪にしないといけないという人はきっと多いことでしょう。

でも、長い髪をきっちりとまとめると、どうしても毛根に負担がかかってしまいますよね。そのせいで抜け毛の本数が増え、結果として薄毛になってしまうのです。

これを解決するためには、可能であればゆるふわなまとめ髪にして地肌に負担がかからないようにすること。長い髪はきっちりまとめなければいけない状況なら、いっそのことボブやショートにしてしまうという方法も有効です。

 

シャンプーやコンディショナーを薄毛対応のものにしよう

シャンプー、そしてコンディショナーやトリートメントが髪質に合っていないせいで薄毛になる女性も多いです。ボリュームを抑える働きを持つものや、油分が多いものを使っていると髪はどんどんぺちゃんこになり、見るからに「薄毛」という印象を与えるようになってしまいます。

この対処法は、自分の髪質に合ったシャンプーやコンディショナーに切り替えるだけでも良いのですが、既に髪が細くなり、ボリュームダウンが深刻な人なら思い切って薄毛対応の商品を使うことをおすすめします。今では化粧品のように髪もアンチエイジングする時代なので、薄毛の女性向けの高機能なシャンプー類がたくさんのメーカーから出ています。

 

ホルモンバランスを整えよう

産後に薄毛になりやすいことからわかる通り、女性の薄毛は女性ホルモンの変化によって起こりやすいです。髪を豊かに、丈夫にする役割を担う「エストロゲン」というホルモンは、排卵前後に分泌量が増え、生理が始まる前に分泌量が減るように変化していきますが、ストレスや体調不良などでホルモンバランスが崩れると、一ヶ月を通して分泌量が減り、髪が弱ってしまいます

これを防ぐためには、休息をしっかり取り、ストレスを溜めないこと。そして、エストロゲンに似た働きをするイソフラボンを摂ることが推奨されます。イソフラボンは大豆製品に多く含まれるので、豆腐や納豆、そして豆乳などを積極的に摂取するようにして下さい。

 

髪に良い栄養を積極的に摂ろう

先ほどの大豆製品もその通りですが、それ以外にも薄毛対策に摂るべき栄養素はたくさんあります。例えば、髪や爪、皮膚の新陳代謝に欠かせない栄養素である亜鉛。これは牡蛎や牛肉に豊富に含まれています。

また、髪そのものの原料となるたんぱく質、そして頭皮の代謝を促進し、皮脂の過剰分泌による毛穴詰まりを防ぐビタミンB群。これらは豚肉や牛乳、まぐろなどに豊富に含まれています。

このような栄養素をしっかり摂ることで、丈夫で健康な髪が生まれやすい環境を作れます。薄毛と言っても女性は男性よりも改善しやすいので、食生活をしっかり整えれば食い止めることは十分可能なのです。

 

いかがでしたでしょうか。薄毛の女性がとるべき解決策を5つお伝えしました。

女性は男性よりもまとめ髪も多くなりますし、ヘアセットによる整髪料、そしてパーマや毛染めの薬剤によって頭皮に負担がかかりやすい傾向があります。そのせいで毛根が弱り、ある程度の年齢になると薄毛になる女性も多いようですね。

でも、若い頃のおしゃれを後悔しても仕方のないこと。年齢を重ねてから毛染めやパーマをやめたって、それほど大きな効果は出にくいです。今後は頭皮を健康に保ち、丈夫な髪を作りやすくするのが薄毛の女性にできる最大の対策なのです。

今後は一生薄毛でいなければいけないの?と悩む必要はありません。きちんと対処すれば髪は必ず生まれ変わります。これからは、なるべく頭皮に負担をかけないことはもちろん、健康な髪が生まれやすい環境を作ってあげることに専念しましょう。

まとめ

薄毛女性の悩みを解決するには

・薄毛が目立ちやすい分け目をこまめに変えよう
・頭皮に負担がかかりやすいきつく縛るヘアスタイルをやめよう
・シャンプーやコンディショナーを薄毛対応のものにしよう
・女性ホルモンの効果で髪を丈夫に保つため、ホルモンバランスを整えよう
・亜鉛やビタミンB群などの髪に良い栄養を積極的に摂ろう


連記事
タイトルとURLをコピーしました