薄毛を改善する方法!毛髪力をUPさせる5つの食材とは

薄毛を改善する方法!毛髪力をUPさせる5つの食材とは
薄毛を改善するにはどのようにしたらよいか悩んでいる人も多いですよね。ストレス社会と言われる現代、実は抜け毛やフケなど頭皮にも多くの影響を与えています。仕事や家事など忙しい日々の中で自律神経が乱れると頭皮のかゆみや吹き出物が生じることもあります。毛髪力そのものが低下すれば髪が細く弱々しくなり薄毛になりがちです。生活習慣を見直し出来るだけストレスを減らしたいものです。

特に栄養バランスの偏った食生活は薄毛を進行させる原因にもなります。薄毛を改善するためにも、バランスの良い食事を心がけたいところです。健やかな髪を育毛する食材はタンパク質・ビタミン類・亜鉛といわれており日々の暮らしの中で上手に取り入れたいものです。そこで今回は、毛髪力をUPさせる食材についてお伝えします。

アミノ酸から作られるたんぱく質

薄毛を改善する食材の代表はアミノ酸から作られるタンパク質です。ファストフードやコンビニ弁当は手軽で美味しいものですが、これを続けていると栄養が不足してしまいます。タンパク質は髪の毛の原料とも言われています。薄毛を改善し毛髪力を活性化させるためにも十分に摂りたいものです。タンパク質を多く含む食材は肉類・魚介類・卵・大豆・乳製品です。日々の食事で積極的に取り入れるとよいですね。

偏食は毛髪だけでなく体調を崩しやすい場合もあり、食の大切さを見直すきっかけにもなります。薄毛は人に相談できにくいところもありますので、なるだけ自己管理をしながら必要な栄養を適量摂ることが大切です。

 

頭皮の乾燥を防ぐビタミンA

薄毛が気になったら改善するためにも日々の食生活習慣を見直したいですよね。特に地肌が目立ってきたり洗髪時に抜け毛が多いなと感じたらドキッとしてしまいますが、髪の毛の成長に働きかける栄養を取り入れましょう育毛剤を使っても体内の栄養が足りていなければ効果は期待しづらいでしょう。薄毛の改善に役立つ食材はタンパク質はもちろんですが、ビタミンも大切です。

ビタミンAは細胞分裂を正常にしてくれる効果があり、また皮膚を丈夫に保ち頭皮の乾燥を防ぎます。食材として緑黄色野菜・レバー・チーズ・ウナギ・卵などが挙げられます。

 

タンパク質の吸収を促すビタミンB6

薄毛の改善に役立つ食材にタンパク質は欠かせませんが、摂取したタンパク質の吸収を促す成分がビタミンB6です。これは魚に多く、特にマグロやイワシ、カツオなどの青魚に多く含まれています。他にレバー・バナナ・キャベツなどに含まれています。これらの食材はどこででも手に入り、比較的安価でもあります。薄毛の改善のための食生活の変化は効果がゆっくりながら表れてきます。

健康な身体から育まれる毛髪力を信じて習慣を変えてみましょう。青魚やレバーが苦手な人は調理の仕方を変えたり香辛料に工夫をすることで食べやすくなります。薄毛はとても深刻に悩みがちですが、偏食をなくし栄養のあるものをもりもり食べて日々を元気に過ごすのも改善になります

 

疲労回復成分ビタミンC

薄毛の改善には食を見直すと少しずつ毛髪に力が出てきます髪の毛にコンプレックスがあると気持ちも落ちがちですが、手立てを打っていることが前向きにさせてくれます。食べることは日々の忙しさについおろそかになりがちですが、勇気をもって頑張ってみましょう。ビタミン類は毛髪力UPに心強い栄養素です。

ビタミンCは肌荒れや風邪の症状にもよく効くと言われており、疲労回復に必要な栄養でしっかりとした髪の毛を作ってくれるものでもあります。ビタミンCを多く含んでいる食材は野菜ではピーマンやキャベツなど、果物ではかんきつ類やイチゴなどに代表されます。ビタミンCは過剰に摂取するとお腹がゆるくなり下痢をする場合もありますので注意が必要です。

 

健康維持に欠かせない亜鉛

薄毛の改善は食生活の見直しから始めてみるのも効果が期待できます。先に記したようにタンパク質やビタミンは髪の栄養になり毛髪力を促進します。加えて亜鉛も大切です。亜鉛というのはミネラルの一種で健康維持には欠かせない栄養素です。特に脱毛ホルモンを抑制し髪の毛を健やかに保つのに有効だといわれています。

亜鉛を多く含む食材として生牡蠣・煮干し・海苔・豚レバー・たたみいわしなどが挙げられます。季節的なこともあり普段の食事で積極的に摂れない食材もありますが、薄毛や抜け毛を予防する効果を期待できますので、是非取り入れたいものです。

 

さて、薄毛を改善する方法として、毛髪力をUPさせる5つの食材をお伝えしました。薄毛の改善に悩んでいる人はなるだけ早く生活習慣の見直しをお勧めします。特に食生活は髪の成長や活力に直結しますので、食材を考えながら食事内容を見直して毛髪力UPを手助けするとよいですね。薄毛の改善は毎日の積み重ねです。

少々時間はかかりますが、栄養を含んだ食材を様々な調理法で食卓に並べるのも楽しいものです。外食も決して悪いわけではありません。薄毛の改善になりそうな食材のメニューを選ぶとよいでしょう。油分や糖分を多く摂るのはお勧めしませんが、あまり窮屈に考えずに身体に良いもの髪の毛に良いものを知り積極的に摂り入れることで毛髪は健やかに育つことでしょう。

まとめ

毛髪力をUPさせる食材とは

・魚介類・卵・大豆・乳製品などに含まれるタンパク質
・緑黄色野菜・レバー・チーズ・ウナギ・卵などに含まれるビタミンA
・青魚・レバー・バナナ・キャベツなどに含まれていビタミンB6
・ピーマン・キャベツ・果物などに含まれているビタミンC
・生牡蠣・煮干し・海苔・豚レバー・たたみいわしなどに含まれている亜鉛


連記事