ハゲ始めてからでは遅い!今すぐ始める5つの薄毛対策

ハゲ始めてからでは遅い!今すぐ始める5つの薄毛対策
男性でも女性でも、薄毛の良い対策法があったら是非試していきたいですよね。しかし頭髪は身体で作られるものですから、ハゲ始めてからの薄毛対策は後手後手に回りがちです。最近では髪を作り出す「毛包」を人工的に作る技術が開発された、というニュースがありましたが、まだ実用化の段階ではありませんので、やはり当面は自分で薄毛対策を練るしかないようです。

そこで今回は、髪が元気なうちから習慣づけたい薄毛対策についてお伝えします。ポイントは「身体を健やかに保つこと」と「髪が生える土台である頭皮をケアすること」です。これらが実行できれば単なる薄毛対策だけではなく、ずっと健康でいられることにも繋がりますから、出来ることからどんどん始めましょう。

質の良い睡眠を取る

質の良い睡眠は薄毛対策には欠かせません。睡眠時間が短かったり、質が悪いとやがて自律神経の不調を招きホルモンバランスが崩れ、全身の血行も悪化させます。それは頭皮に栄養が行き渡らなくなることを指していますので、睡眠はおろそかにはできません。

できれば髪の成長に不可欠な成長ホルモンが分泌される午後10時~午前2時に就寝しているのが一番ですが、この時間帯にしっかり睡眠を取るのは難しい方が多いでしょう。そこで、なるべく決まった時間に就寝することを心掛けましょう。睡眠のリズムが整えば、それに伴って成長ホルモンが分泌されるようになります。

また、安眠のための環境を整えることも大切です。寝室や寝具が清潔で快適であればリラックスが出来て良く眠れるようになります。もしも合わない枕や、堅すぎるマットレスなど、不快な点があったら直ちに改めるのも有効です。間接照明やアロマなど、リラックスできるものも積極的に取り入れてみましょう。

そして眠る前にパソコンやスマホの操作をしたり、何かを食べたり、コーヒーなどのカフェインが多く含まれるものを飲んだりする習慣があったら今すぐ止めましょう。これらの行動はみな、安眠を妨げます。

 

バランスの良い食事を心がける

薄毛の対策には、髪を作るための有効な材料である栄養を摂ることも大切です。以下の栄養が含まれている食品はいずれも健康な髪を作ることに役立ちます。これらをバランスよく、日々の食事に取り入れましょう。

《たんぱく質》

髪は、18種類ものたんぱく質が結合している「ケラチン」という物質でできています。牛肉・まぐろ・しらす干しなどには良質のたんぱく質が多く含まれています。

《ビタミンA》

ビタミンAには、髪や皮膚を健康に保つはたらきがあります。緑黄色野菜やうなぎなどに多く含まれています。

《ビタミンB6》

健康な髪と皮膚をつくるはたらきがあります。にんにく・青魚・鶏肉などに含まれます。

《ビタミンE》

こちらも健康な髪と、皮膚をつくるために欠かせない栄養素です。オリーブオイル・ナッツ類・いくら・モロヘイヤ・大根などに多く含まれています。

《ミネラル》

ミネラルには髪の新陳代謝を促進したり、頭皮の健康を維持するはたらきがあります。特に亜鉛を含んでいる牡蠣・牛肉・カシューナッツ、銅を含んでいる牛レバー・桜えび・納豆などをバランスよく摂ると効果的です。

 

ストレスを溜めないよう心がける

ストレスは身体中を緊張させますが、頭皮までもその緊張で固くしてしまい、血流を悪化させます。結果髪に栄養が行き渡らなくなって薄毛になるということがあります。髪が丸型や楕円形に抜け落ちる「円形脱毛症」はその代表格ですから、注意したいものです。

ストレスを解消するには散歩をする・趣味に没頭する・スポーツに打ち込む・気の合う友人とお喋りをするなど人によって様々な方法がありますが、ひとつだけではなくスキマ時間にでも出来るようなことがいくつかあるとさらに有効です。

誰もストレスからは逃れられませんので、自分をコントロールする術を見つけることも薄毛対策には有効でしょう。

正しいシャンプーの方法を実践する

頭皮と髪にやさしい洗髪の方法を守れば、それだけ負担がかからなくなり、薄毛の対策となります。

《正しいシャンプーの方法》

・シャンプーの使用は一日二回までとする。それ以上は必要な皮脂まで洗い流してしまいます。

・シャンプー前には必ずブラッシングをして、汚れを浮かせておくこと。

・まずは38℃前後のお湯で、丁寧に「素洗い」をすること。汚れやほこりはこの時点で8割は落ちます。

・シャンプーは手のひらでよく泡立ててから使うこと。

・頭皮をやさしくマッサージしながら洗う。爪を立ててゴシゴシ洗わないこと。

・すすぎには数分をかけるようにしかけ、シャンプーをしっかり落とすこと。

・トリートメントは地肌につけないこと。

・トリートメントもしっかりすすいで流し、よくタオルドライしてからドライヤーで乾かすこと。

 

頭皮にあったシャンプーを使う

頭皮に合ったシャンプーを使うことも薄毛対策には大切です。もし頭皮が脂性肌でしたら洗浄力があって余分な皮脂を洗い流せるタイプのシャンプー、乾燥肌だったら洗浄力が弱めで保湿成分が含まれているシャンプーを用いると良いでしょう。自分で頭皮の肌タイプがわからなければ、美容院のスタッフに聞いてみることをおすすめします。

なお、以下のシャンプーは頭皮と髪のためには避けたほうが良いシャンプーです。

《石油系の洗浄成分が配合されているシャンプー》

泡立ちがとてもよくて洗浄力も強いものが多いのですが、髪と頭皮に必要な脂分まできれいに洗い流してしまいがちなために乾燥の元となります。

《人工的な香りの強いシャンプー》

人工香料の中には、化学反応を利用して香りを発生させているものもあります。頭皮に強い刺激を与えるので、特に頭皮の炎症を起こしている方は避けましょう。また今は何事もなくても長期間の使用は刺激の影響が心配されるため、このタイプのシャンプーはおすすめできません。

 

以上、薄毛対策についてお伝えしました。髪に直接関係するシャンプーに関わることは、薄毛対策に有効に思えても、生活習慣に関わることはピンとこないかもしれません。しかし健やかな髪は、身体の環境が整っていないと育むことができません

また、生活習慣を改めて髪をいたわることは肌や爪などを美しく保つことにも繋がります。すぐには目覚ましい結果が出なくても、続けていけば必ず良い方向に身体が向かいますので、ぜひお試しください。

他にもスタイリング剤をつけたら必ずきれいに落とす、帽子や日傘などで髪を紫外線の影響からか守るなど、頭皮と髪の負担を軽くすることも大切ですし、時には頭皮のマッサージをして「頭のコリ」をほぐすのも薄毛の対策としては有効です。

健康な心身を保ち、頭皮と髪をいたわれば、必ず結果がついてくることでしょう。


連記事