薄毛予防になる食べ物があった!摂りたい5つの食材

薄毛予防になる食べ物があった!摂りたい5つの食材
薄毛の予防法と言えば、シャンプーや育毛剤などの直接頭皮に触れるお手入れが思い浮かびますよね。でも、方法はそれだけではありません。身体の中から健康な髪の毛が生まれやすいようにしてあげることも、同じくらい重要なのです。

身体の中からできるアプローチと言えば、ストレス解消や疲労回復ももちろんですが、やはり欠かせないのが栄養補給。健康な髪を生み出すためにはやはりその材料となる栄養素や、発毛を助ける栄養素を摂らなければいけません。

でも、そんな栄養素を効率よく摂るためには、一体どんな食材を選べば良いのかわからないという人もいますよね。そこで今回は、薄毛を予防するために積極的に食べておきたい食材についてお伝えします。



 

薄毛予防になる食べ物があった!
摂りたい5つの食材

 

良質なたんぱく質と女性ホルモンの働きをする大豆製品


薄毛予防のために摂りたい食材は、まずは髪の毛の材料となる良質なたんぱく質を含むものです。肉、魚など、たんぱく源となる食材はたくさんありますが、一番に摂りたいのは豆腐や納豆などの大豆製品です。

大豆にはたんぱく質だけではなくイソフラボンも豊富だということはご存知ですよね。これが女性ホルモンと同じような働きをして、男性ホルモン過剰による脱毛を防いでくれるのです。

女性よりも男性の方が薄毛になりやすいのはホルモンの違いのせいです。それを食べ物で女性寄りにすれば、男性でも薄毛予防ができるというわけです。

 

頭皮の健康を守るビタミンが豊富な緑黄色野菜


薄毛は頭皮の衰えからも起こります。それを抑えるためには、頭皮の健康を保つためのビタミン類を摂取する必要があります。

薄毛予防につながるビタミンは何種類かありますが、一番に摂りたいのは頭皮の乾燥や荒れを防ぐビタミンAです。ビタミンAを摂るためには緑黄色野菜が最適ですよね。

ほうれんそうや人参、かぼちゃなどの緑黄色野菜は、ビタミンAだけではなくビタミンCや食物繊維も摂ることができるため、お肌を荒れやすくし肌老化を進める腸内環境の悪化も防ぐことができます

 

亜鉛が効率よく摂取できる牡蠣


亜鉛は、髪、爪、皮膚の再生のために必要なミネラルです。鉄やカルシウムに比べるとマイナーなミネラルで、普段はあまり意識することが少ないですが、薄毛予防のためには絶対に欠かすことができません

亜鉛を含む食材はたくさんありますが、ダントツに含有量が多いのが、牡蠣です。その含有量は100gあたり13.2mgと、乾物を除いた主要な食材の第一位に輝くほど豊富とされています。

牡蠣には亜鉛のほか、疲労を回復させるタウリンも含まれているため、疲れが溜まって頭皮に影響が出やすくなっている人は、是非牡蠣を積極的に食べましょう。

 

亜鉛とたんぱく質の両方が得られる牛肉


牡蠣がどうしても苦手だという人や、旬から外れた時期に入手しにくい場合には、亜鉛の摂取源として牛肉を食べましょう。牛肉の中でも、モモやヒレなどの脂肪が少ない部位が特におすすめです。

その含有量は100g当たり4.0mg前後で、こう見ると牡蠣よりも亜鉛が少ないですが、牛肉はステーキや焼肉にしてしまうと一回に200gは食べられますよね。よほど良い牛肉でなければ、牡蠣よりもコストがかからないというメリットもあります。

そして、牛肉には髪の材料となるたんぱく質も豊富に含まれています。先ほどの大豆から植物性たんぱく質を、牛肉から動物性たんぱく質を摂るようにすれば、たんぱく不足による薄毛を予防することができます。

 

活性酸素と戦うビタミンCが摂れるフルーツ類


薄毛になる原因はたくさんありますが、その一つとして活性酸素に攻撃されて毛根を支えるコラーゲンが分解され、脱毛してしまうことが挙げられます。残念ながらこのコラーゲンは食べ物から摂ってもあまり効果が無いと言われているのですが、このコラーゲンを守るための栄養素なら食品からの摂取が可能です。

その栄養素とは、若返りのビタミンの一つ、ビタミンCです。ビタミンCが豊富な食材は先述の緑黄色野菜の中にもありますが、やはり摂りやすいのはレモンやイチゴなどのフルーツ類からですね。

ビタミンCは熱で壊れやすく体内に残りにくいので、生のフルーツから毎日継続的に摂るようにすると良いでしょう。

 

いかがでしたでしょうか。薄毛予防に効果的な食材を5種類お伝えしました。

牡蠣は旬でなければあまり食卓には上りませんが、それ以外は大豆、野菜、お肉、果物と、普段の食生活になじみのある食材ばかりですよね。これらは、高級なものである必要も無いので、誰にでも手に入りやすいというメリットもあります。

既に髪がかなり薄くなっている人の場合は食べ物からのアプローチは効果が出にくいこともありますが、まだ髪がたくさんあって、今後のために薄毛予防をしたいという人なら、まずは食べ物から対策することをおすすめします。

育毛剤や育毛エステに通うのはまだ早いという人でも、食べ物からの薄毛予防なら手を出しやすいはずです。明日からこれらの食材を取り入れて、髪の毛を末永く守れるようにしましょう。

まとめ

薄毛予防のために摂りたい食材は

・良質なたんぱく質と女性ホルモンの働きをする大豆製品
・頭皮の健康を守るビタミンが豊富な緑黄色野菜
・亜鉛が効率よく摂取できる牡蠣
・亜鉛とたんぱく質の両方が得られる牛肉
・活性酸素と戦うビタミンCが摂れるフルーツ類