短期間でウエスト痩せを実現する5つのエクササイズ

短期間でウエスト痩せを実現する5つのエクササイズ
一度ウエストに脂肪が付いてしまうと、見た目にも気になってしまうので、なんとか早いうちにウエスト痩せをして、すっきりした体に戻りたいものですよね。ところが、ウエスト痩せをするには、長期間頑張らないといけないイメージがありますし、ウエストの脂肪は、付きやすく落ちにくいので厄介です。

ところが、たった一週間という短期間で、ウエスト痩せの効果が得られるエクササイズがあります。今まで、なかなか効果の出なかったウエスト痩せが、一週間で効果が出るのなら、誰しもがその方法を知りたいですよね。

しかも、新しいエクササイズではなく、皆さんが知っているものばかりですので、すぐにでも始められます。

そこで今回は、短期間でウエスト痩せを実現する5つのエクササイズをお伝えします。



 


短期間でウエスト痩せを実現する
5つのエクササイズ

 

効果の出る腹筋をしよう


ウエスト痩せと聞いて、最初に思い浮かべるものといえば、腹筋です。でも、「腹筋は、これまでもやってきたけど効果はイマイチ」という方もいることでしょう。実は、ウエスト痩せに効果的な腹筋方法があるのです。

その方法は、下記のようになります。

・仰向けになり、膝を90度に曲げます
・手は胸の前でクロスするか耳の横に当てます
・上体を肩甲骨が浮く程度まで起こします

腹筋というと、上体を上まで起こすことをイメージすると思いますが、それは、腹筋を鍛えられないばかりか、腰を痛める危険性がありますので、やらないようにして下さい。

また、顔の向きもポイントで、上を向くと首に負担がかかりますので、負担がかからないように、おへその方を向くようにしましょう。効果は、短期間で出てきますし、腹式呼吸をしながらだとより効果的です。

 

体幹を鍛えよう


体幹を鍛えると言われても、多くの人はあまり体幹を意識することはないので、ピンとこないかもしれません。では、早速、その方法を説明します。

・うつ伏せになり、縦に握り拳を置きます
・握り拳から肘は床に着け、つま先で体を支えます
・10秒間、体を浮かせた状態をキープします

ここでのポイントは、お尻が上がらないように注意することです。また、実際にやってみて余裕があった人は、片足を上げてやってみると、より効果的になります。また、キープする時間が10秒と短いので、運動が苦手な人にもおすすめです。

体幹を鍛えると、歪んでいた骨盤が正しい位置に戻りウエスト痩せが出来ます。また体幹が鍛えられると姿勢も良くなりますので、美しくなる効果も得られます

 

くびれをねじれ運動で作る


最初にお伝えした腹筋は、筋肉を付け綺麗に割ることを目指している人向けですが、ウエストを引き締めたいという人は、今からお伝えする、ねじれ運動が効果的です。しかも、美しいくびれも出来ますので、特に女性にはおすすめです。

それでは、ねじれ運動の方法をお伝えします。

・肩幅に足を開き、八の字になります
・後ろに両手を回し、中腰になります
・ウエストをゆっくりとねじります

この運動は、下半身は動かさずに、上半身だけをねじるのがポイントです。また、チューブやタオルなどを持って行うと、より効果が得られます

ねじり運動は、腹横筋という部分が鍛えられることにより、内臓を正しい位置に戻してくれる為、ウエスト痩せが出来るのです。その他、腸の動きが活発になりますので、便秘が解消される効果もあります

 

下腹部を足の上下運動で鍛えよう


ウエスト痩せを望んでいる人は沢山いらっしゃいますが、人それぞれピンポイントで痩せたい部分は異なりますよね。そんな中で、下腹部のぽっちゃりが気になる人は、足の上下運動がおすすめです。なぜなら、この運動は、下腹部を重点的に鍛えられるからです。

下腹部を鍛える方法は、次のようになります。

・仰向けになり、足は伸ばしておきます
・伸ばした状態のまま、足を垂直になるまで持ち上げます
・足をゆっくりと下ろして床につく手前で止めます

もし、余裕がなければ、膝を軽く曲げたり、お尻の下に手を敷いて行って下さい。無理は怪我の元になりますので、禁物です。

下腹部を鍛える効果だけでなく、ヒップアップと下半身の引き締めの効果も、足の上下運動は期待出来ます。一日で行う回数は、15~20回を2~3セットを目安にして下さい。

 

痩せ体質をスクワットで作ろう


お腹の脂肪を燃焼させるのに、最も効果的なのが、スクワットです。ウエスト痩せを行うには、うってつけの運動ですが、始めのうちは回数を少なめにし、「きつい」と感じたらやめて下さい

回数は徐々に増やしていけばよいですし、何よりちゃんとした方法で行わないと、膝を痛める危険性があります。それだけに、細心の注意を払って行いましょう。スクワットの方法は、下記のようになります。

・肩幅くらいに両足を開き、つま先を前に向け、左右平行にします
・腰に両腕を置く
・息を吸いながら膝をゆっくりとお尻を突き出すイメージで曲げます。
・息を吐きながら元の姿勢に戻します。

スクワットは、一度に沢山の筋肉を鍛えることが出来ます。さらに消費エネルギーが高く、何と腹筋500回分とスクワット15回分が同じくらいだと言われています。また、痩せやすい体質に変えてくれますので、ウエストもぽっちゃりしにくくなります。

 

いかがでしたか。ウエスト痩せをするエクササイズをお伝えしましたが、効果的に痩せるには、ウエストの色んな筋肉を鍛える必要があります。どれか一か所を鍛えるだけでは、ウエストは痩せませんので、改めてウエストの脂肪は厄介だと分かりますね。

ウエスト痩せを行おうとしている人の殆どは、一気に痩せたいと思うかもしれませんが、決して無理はしないようにしたいところです。無理して、ウエスト痩せを行って怪我でもしたら、元も子もありません。

結果を焦らず、こつこつと確実に、エクササイズを行うのが、ウエスト痩せを実現する一番の近道です。根気よくやれば、すっきりしたウエストを必ず取り戻せます。その日が、来ることを信じ、日々頑張っていきましょう。

まとめ

短期間でウエスト痩せをする5つのエクササイズは

・ポイントを押さえて、効果的な腹筋をしよう
・体幹を鍛えて、骨盤を正しい位置に戻そう
・ねじれ運動で内臓を正しい位置に戻し、くびれを手に入れよう
・足の上下運動で、下腹部が重点的に鍛えられる
・スクワットでウエストの脂肪を燃焼させよう