脇汗の原因を突き止めて、とってもフレッシュにする7つの方法

脇汗の原因を突き止めて、とってもフレッシュにする7つの方法

季節に関係なく、脇の下が汗でびしょびしょとなり、汗シミが気になるという方も多いですよね。気がついたら脇の下が汗でジュワッ・・・誰かに見られている、気付かれていると感じるとさらにジュワッ・・・見た目や臭いが気になる脇汗は嫌なものですが、体温調整に必要な生理現象なので止めるということはできません。

しかし、発汗量を抑えたり、軽減したりすることは可能ですので、今日は脇汗の原因を突き止めて簡単に止める方法をお伝えします。



 

脇汗の原因を突き止めて
とってもフレッシュにする7つの方法

 

その1:静脈を冷やす

血液の通り道である静脈を冷やすことで、冷やされた血液が体内を循環し、体温が下がって発汗を抑えることができます。
特に首筋、脇下、手首の内側を保冷剤で冷やしてあげると脇汗に効果的です。保冷剤が無い場合は濡れたタオルや冷えた缶ジュースでもよいと思います。

 

その2:舞妓さんから学ぶ

舞妓さんは顔の汗で化粧が崩れるのを防ぐために胸の高い位置で帯を結んでいますが、これは、圧迫した反対側がかわりに汗をかく、半側発汗(はんそくはっかん)と呼ばれる現象を利用した抑汗方法です。胸の上を指で指圧したり、強めにつねったりすることで半側発汗の効果が得られます。ただし、ずっと抑えていると体の負担も大きいので、初めは短い時間(2分くらい)で試してみましょう。

 

その3:手のつぼを押す

会議中等、対面にいる人の目を気にせずに胸の上を押さえたりつねったりできない場合もあるかと思いますが、机の下でこっそりできる、つぼ押しは目立たない上に、効果的でやってみるにはとてもいいです。

いくつか脇汗の原因に関係するつぼがありますが、代表的なものをご紹介します。

・後谿(こうけい)
手を握ると、小指側にできるこぶの部分です。指先やペンなどで強めに押すと良いでしょう。

・労宮(ろうきゅう)
手を握りしめたときに、中指と薬指の先端が当たる部分です。この部分を中心に手のひら全体を強めに圧迫してください。

 

その4:制汗剤を使用する

汗が出る汗腺に蓋をして汗を抑える商品ですがスプレータイプ、クリームタイプ、ジェルタイプなど種類豊富です。形状もロールオンタイプ、チューブタイプなど、ちょっとしたお出かけにも携帯しやすいものなどもあり、気付いたときにさっと使用できるのも便利でいいですね。成分の種類や配合比によって、使用感の違いもあるかと思います、かぶれやかゆみなどに気をつけて、お体に合った商品をお試しください。

 

その5:アロマオイル

精神的な緊張やストレスが原因で脇汗がひどくなることもありますが、そのような時はアロマオイルが効果的です。アロマオイルには多くの種類がありますが、カモミール、ラベンダー、ハッカなど柑橘系のオイルをハンカチなどに数滴たらし、緊張しそうな場面でアロマでリラックスすることで精神的に落ち着くことができ、脇汗を軽減することができます。

また、アロマオイル自体でデオドラントの効果も発揮できるので、直接肌に塗ってみるのもいいでしょう。
こちらも、制汗剤同様にかぶれやかゆみの恐れもあるので、お体にあったものをお試しください。

 

その6:生活習慣の改善

生活習慣の改善で体温調整が上手く機能し、脇汗を軽減することができます。香辛料や酸味の強い食事を少なめにしたり、適度な運動と睡眠を取ることで体質が改善します。

また、こまめにタオルなどで脇下を拭くということも習慣づけるといいでしょう。即効性はありませんが、日頃の習慣を見直すことで脇汗の体質自体を改善する方法です。

 

その7:漢方薬の利用

ホルモンバランス、神経・免疫系が不調で、脇汗がひどくなっている可能性もあります。倦怠感、肩こり、睡眠障害、消化不良等の症状がある場合、漢方を試してみるのもいいでしょう。

・黄連解毒湯(おうれんげどくとう)
熱や炎症を抑える効果があり、緊張感、動悸などの精神的な症状に有効で、脇汗を軽減できます。副作用のリスクが少なく体調不良を改善できるのでおすすめです。

 

即効性のあるものから、長期的な改善まで7つの方法がありますが、どれも簡単で効果的な方法です。人は必ず脇汗をかきます、しかし限度を越えた脇汗のために人の目を気にし、何か言われているのではないか?みっともないなと汗シミが気になり着たい服が着れないと悩むよりは、毎日を快適に過ごすための脇汗対策をぜひお試し下さい。

 

まとめ

脇汗の原因を突き止めて、とってもフレッシュにする7つの方法

その1:静脈を冷やす
その2:舞妓さんから学ぶ
その3:手のつぼを押す
その4:制汗剤を使用する
その5:アロマオイル
その6:生活習慣の改善
その7:漢方薬の利用