脇汗はワキガの一歩手前?!見極めたい5つのサイン

脇汗はワキガの一歩手前?!見極めたい5つのサイン
気が付いたら脇汗がびっしょり……もしかして私ってワキガ体質かも?!と心配になった人は少なくありませんよね。でも、ワキガのニオイは自分ではわからないことも多いので、自分で見極めるのは難しいもの。

そもそも、脇汗をかくからと言って必ずワキガ体質というわけではありません。脇汗にはワキガの原因となるものと臭いの少ないものがあり、後者の場合はどれだけたくさん汗をかいても周囲に不快な臭いを発することはあまりないからです。

自分がワキガかどうか確認するのは勇気が要ることですが、ワキガではないのに「ワキガかもしれないし、誰にも近付けない……」と悩むのは無駄な心労を招くだけです。この機会に、脇汗の状態を見て自分がワキガかどうかを確かめてみてはいかがでしょうか

そこで今回は、脇汗から見るワキガの確認方法についてお伝えします。



 

脇汗はワキガの一歩手前?!
見極めたい5つのサイン

 

汗染みの色を見よう


同じ脇汗でも、ワキガの原因となる汗はアポクリン腺という汗腺から、そうではない汗はエクリン腺という汗腺から分泌されます。そして汗そのものの成分も異なり、アポクリン腺から分泌される脇汗は乾くと黄色っぽくなるという性質を持ちます。ワキガ体質の人は、このアポクリン腺が生まれつき多く存在しているためあの臭いを発しやすいのです。

まず、自分がワキガかどうかを見極めるためには、白い肌着に付いた脇汗をそのまま乾燥させてみて、色がどのように変化するかを確認してみましょう。汗が染み込んだ部分をはっきりと縁取るように黄色く変色したら、残念ながらあなたはワキガの可能性があります。逆に、無色または目を凝らして見ないとわからない程度の変色ならワキガではないと考えられます。

 

汗の量と粘り気を確かめよう


アポクリン腺からかく汗は量はそれほど多くないものの、成分が濃く粘りがあります。この成分を餌に雑菌が繁殖して臭いを醸し出してしまうのです。逆に、エクリン腺からの汗は一度に出る量が多く、その分成分が薄く臭いを出しにくいという性質を持ちます。

この違いを見極めるため、普段あなたがかく脇汗の量、そしてその粘り気を確認してみましょう。粘ると言っても糸を引くような粘りではなく、手に触れるとベトベトするような感触が残るという感じです。

比較対象が無いと粘度がわからないという人は、顔や背中にかく汗と比べてみるとわかりやすいです。

 

ワキ毛の量を確認しよう


アポクリン腺は毛穴とセットになって存在します。そのため、ワキ毛の量が多い人は、アポクリン腺も多くなる傾向があります

あなたのワキ毛の量が多い方ならワキガ体質である可能性が大きく、逆に薄く毛の本数も少ないという人ならアポクリン腺は少なく、ワキガの心配も小さくなります。

また、元々のワキ毛の本数だけではなく、ワキ毛を長く生やしっぱなしにしていると不衛生になりやすく、雑菌の繁殖を促すことになります。ですから、自分のワキガを疑っている場合はワキ毛の処理をこまめに行うことをおすすめします。

 

汗を拭きとった後のティッシュの臭いを嗅ごう


ワキガは自分では気付きにくいと言われています。でも、脇汗をティッシュなどで拭き取ってから改めて嗅ぐと本人でも臭いを感じやすいです。

まず、脇汗をかいたばかりの時に乾いたティッシュ(ウエットティッシュは除菌力があり、臭いの元を消滅させてしまうのでNG)で拭き取り、その後に一度入浴などして自分の体臭をリセットします。その上で先ほどのティッシュの臭いを嗅いで、ワキガ臭を感じるかどうかを確認してみて下さい。

同様に衣類の臭いを嗅いでも確認できますが、長時間着用していた衣類はワキガ以外の臭いも染み付いていることが多いので、ティッシュなどの方がワキガのチェックに向いています

 

耳垢の状態を見よう


最後は汗の状態ではなく、耳垢の状態を見て見極める方法です。耳垢が湿っている人はワキガ体質の可能性が高いという話を聞いたことがある人もいるでしょう。

アポクリン腺は耳の中にも存在し、脇の下にアポクリン腺が多い人は耳にも多いため、自然に耳垢がベトベトと湿りがちになります。アポクリン腺が少ない人はカサカサと乾いた耳垢しか出ないため、違いは歴然のはずです。

普段から湿った耳垢が出るという人は、脇汗そのもののチェックもしてみて下さい。そしてワキガ体質だと判明したら、適切な対処を取りましょう

 

いかがでしたでしょうか。脇汗の状態と耳垢の状態を見てワキガか否かを判定する方法についてお伝えしました。

よく、脇汗をたくさんかく人はワキガだと勘違いされやすいですが、それは本当は大きな誤解です。ワキガの原因となる汗は少量でも強く臭いますし、臭わない汗だけをたくさんかくという体質の人もいるからです。

ですから、脇汗が多いからと自分のワキガを疑うのは一旦やめましょう。きちんと汗の状態をチェックして、本当にワキガだと確定してから対策を練れば良いのです。

本当にワキガだと確定したとしても、ケア次第でいくらでも臭いを消すことができます。ですから勇気を出して、自分がワキガかどうかを早めに確かめておくようにしましょう。

まとめ

ワキガかどうか確認する方法は

・白い衣類に付いた汗染みの色を見よう
・汗の量と粘り気を確かめよう
・ワキ毛の量を確認しよう
・汗を拭きとった後のティッシュの臭いを嗅ごう
・耳垢の状態を見よう


連記事