脇汗の臭いを消したいなら、今すぐ行うべき5つの体臭消臭策☆

脇汗の臭いを消したいなら、今すぐ行うべき5つの体臭消臭策☆

だんだん暖かくなってくると脇汗の臭いが気になることがあります。脇汗の臭いが他の人に気付かれているのではないかと気になってきますよね。脇汗の臭いで人に不快感を与えていたらと思うと、何か対策を取らなくてはと考えます。

脇汗が洋服の脇の部分に付着して、黄色いシミができることもあります。脇にある汗腺には、エクリン汗腺とアポクリン汗腺があります。エクリン汗腺から分泌する汗は、デオドラント対策で脇汗の臭いを予防することができます。

99%が水で、残り1%が尿素・アンモニア・ミネラル・塩分などでほとんど臭いがありません。強烈な臭いではなく、いわゆる汗臭さです。一方、アポクリン汗腺の多い人は汗がたくさん分泌され、わきがの臭いが発生します。アポクリン汗腺から分泌する汗には、アンモニア・尿素・脂肪・たんぱく質・糖質・鉄分・色素などが含まれています。

これらの成分が細菌によって分解される時に強い臭いが発生します。どちらもやはり対策を考えて、不快な体臭が消えるようにしたいものです。エクリン汗腺からの脇汗は、無色透明でサラサラの水っぽくて、酸っぱい普通の汗の臭いがします。

アポクリン腺からの脇汗は、粘り気があり乳白色に近い色で、脇汗自体の量が多いと言えます。脇汗の臭いは夏を迎えるまでに何とか消したいですよね。脇汗の臭いを消したいなら、今すぐ行うべき体臭消臭策をお伝えします。



 

脇汗の臭いを消したいなら、
今すぐ行うべき5つの体臭消臭策☆

 

ミョウバンを使おう


脇汗の臭いが気になる方は、ミョウバン水を作っておいて汗をかいた時にスプレーするという方法があります。ミョウバンはナスの漬物を漬ける時に、色が落ちないように入れる白っぽい結晶です。スーパーや薬局で売られています。

作り方は、ミョウバン50gに対して水を1500ml用意します。空のペットボトルに入れて、蓋をして軽く振り、一晩置いて無色透明の液体になったら出来上がりです。ミョウバン水は冷蔵庫で1ヶ月近く持ちますが、1~2週間に1回は新しいものを作った方が新鮮で良いです。

脇汗の臭いが気になった時は、小さいスプレー容器に入れて、入浴後や汗をかいた時に吹きかけてみてください。

 

重曹を使おう


脇汗の臭いで悩んでいる方は、重曹液を作っておいてスプレーとして使う方法があります。小さじ1杯の重曹を100ml程度の水に薄めて重曹液を作ります。重曹は弱アルカリ性の性質を持ち、体臭の元は酸性の成分があるので、アルカリ性の重曹が酸性物質を中和してくれます

これらの作用から重曹は体臭を予防してくれます。また、重曹には殺菌作用があり、肌の表面の雑菌の繁殖を抑えてくれて臭いを防止してくれます。脇汗の臭いが気になったら、汗をかく前に重曹液をスプレーすると良いでしょう。

 

脇汗はこまめにタオルで拭こう


脇汗の臭い対策として、1時間ごとに脇汗を拭き取ると効果があります。脇汗から雑菌が繁殖して臭いを出すには1時間かかるので、こまめに汗を拭き取ると脇汗の臭い対策になります。

ポイントは乾いたタオルを使わず、濡れタオルで拭き取ることです。皮膚の汗をすべて拭き取ると、肌が感知して更に汗が噴き出てしまいます。適度に水分を肌に残すために、濡れタオルで拭いた方が脇汗対策に効果があります。脇汗の臭いが気になる時は、濡れタオルを用意しておいてこまめに汗を拭き取ることをお勧めします。

 

衣類の素材を考えよう


脇汗の臭いが気になる人は、夏に着る衣類の素材を変えてみることも大切です。ポリエステルは水分が留まりやすく、脇汗が溜まってしまいます。一方、綿は吸湿性が高いですが、速乾性は良くありません。

最近は、吸水性、速乾性の両方に優れた素材の衣類が出ています。脇汗の臭いが気になる季節は特に、こういう素材の衣類を着るようにしましょう。汗が蒸発しやすいように、ゆったりした風通しの良い服を選ぶといいですね。気になる方は、汗をかいたら衣類を着替えると更に良いでしょう。

 

食べ物で改善させよう


脇汗の臭いを何とかしたい時は、食べ物から改善する方法もあります。脇汗の臭いを弱くするには、ご飯と味噌汁を中心とした和食がベストと言えます。味噌や梅干しといった日本食は体内をアルカリ性に保ち、臭いが発生しにくい体にしてくれます。

ファストフードなどをよく食べると体内は酸性に傾き、臭いも発生しやすくなります。肉類を食べると体臭が強くなると言われますが、肉に含まれるたんぱく質が分解される過程でアンモニアを発生します。肉類を食べる時には、臭いを吸着してくれるモズクやメカブを一緒に食べると食後の汗の臭いが気にならなくなります。

 

どうでしたか。脇汗の臭いを消したいなら、今すぐ行うべき体臭消臭策を紹介しました。ミョウバン水や重曹液をスプレーしたり、脇汗をタオルで拭いたりする方法はすぐに取りかかりやすいです。

汗をかく季節は衣類の素材も吸水性、速乾性の両方に優れた素材の服を着てみましょう。脇汗の臭いを食べ物で改善させるのは、すぐに効果が出にくいかもしれません。だんだん和食にするようにして、肉類を食べる時はモズクやメカブも食べるようにしてみてください。

脇汗の臭いがこれでも気になる方は、消臭ケア商品を使う方法もあります。服にスプレーしておいて、脇汗の臭いを消臭してくれるスプレーもあります。直接脇に塗って使う、消臭効果のあるクリームやスプレーも販売されています。これらの消臭ケア商品を使うのも一つの方法ですね。

また汗をかく運動をすると、汗腺が鍛えられて雑菌が繁殖しにくい、いい汗をかくようになります。じっくり汗をかくウォーキングのような運動が適しています。汗をかくのが嫌で水分を摂らないようにする人がいるかもしれませんが、それは逆効果です。

水分を多く摂ると汗が多くなるわけではなく、尿として排出されます。体内の水分が不足すると、汗の成分の濃度が濃くなり臭いが強くなることがあります。水は1日1.5リットルくらいを、分けて飲むようにしましょう。脇汗の臭いを消すためにいろいろな方法があるので、体臭消臭策を試してみてください。

 

まとめ

脇汗の臭いを消したいなら、今すぐ行うべき5つの体臭消臭策は

・ミョウバン水を作って、汗をかいた時にスプレーで吹きかけましょう。
・脇汗の臭いが気になったら、汗をかく前に重曹液をスプレーとして使いましょう。
・濡れタオルで1時間ごとに脇汗を拭き取りましょう。
・脇汗の臭いが気になる人は、吸水性、速乾性に優れた素材の衣類を着るようにしましょう。
・脇汗の臭いを弱くするには、味噌や梅干しなどの日本食を食べましょう。