脇汗の原因をよく理解して長年の悩みを楽に解消する方法

脇汗の原因をよく理解して長年の悩みを楽に解消する方法

他人には言えないものの、内心、かなり気にしているからだの悩みってありますよね。口臭や体臭、顔のほてり、汗かきなどなど・・・。脇汗もそうした悩みのひとつです。原因が何だか気になりますよね。普段はデオドラントグッズなどでケアして気をつけていても、急にみんなでどこかに行くことになって長い距離を歩いたり、暑い部屋に通されて待たされたりすると、どっと脇に汗が滲んでくる。

周りの誰も汗をかいていないのに、自分の脇だけじっとり湿っているのを見て、ドキッ。そんなときに限って薄いブラウスなどを着ていると、気になって仕方がないものです。脇汗の原因って今ひとつちゃんと理解していないので、余計に気になるんですね。ということで今回は、薄着の季節が来るとどうしても気になってしまう脇汗の原因を理解して、長年の悩みを楽に解消する方法についてお伝えします!



 

脇汗の原因をよく理解して
長年の悩みを楽に解消する方法

 

脇汗の三大原因は、体質的な要因、精神的な要因、食生活!


まずは、脇汗の原因を理解しましょう。脇に汗をかく主な原因は、体質的な要因、精神的な要因、食生活の三つに大別できます。どれかひとつの要因で発症している場合もありますし、いくつかの要因が重なって発症している場合もあります。体質的な要因には、遺伝、体型(肥満体型)、病気や疾患によるものなどがあります。体質的要因の最大のものは遺伝です。

普段から脇汗を多量にかく人は肥満体型の人に多く、また、腋臭の傾向もあります。こうした性質は遺伝することが多いといわれています。遺伝は避けられないもので、汗かきの人の多い家系というのは確かにあります。また、南アジアなど、土地柄として多汗な人の多い土地もありますし、これらの土地には独特の体臭を持つ人も多いですね。

ただし、これは単に体質的な遺伝だけではなく、体型、食事傾向、生活習慣とも密接に関わっているといわれています。家族は食事傾向や生活習慣も共有するので、同じ性質が濃厚に現れてくるということです。なので、例えば、同じ親から生まれても、別の土地で育ち、別の親に全く違った食事で育てられると、体質も変わってくるといわれています。

したがって、体質的に脇汗になりやすい人でも、食事や生活習慣に気をつけていると脇汗を軽減することは可能なのです。その他の体質的要因としては、バセドー氏病などの疾病によるものや、更年期障害によるホルモンバランスの乱れなどがあります。これらの症状として現れる場合は、それぞれの専門医と相談して対処するようにしましょう。

 

脇汗の原因のひとつは精神的要因!イメージトレーニングで解消!


脇汗の原因として近年増えているのが、精神的な要因です。どきりとしたとき、「冷や汗たらり」とか、「どっと汗が出た」とかいう表現をしますよね。これは要するに、人間が緊張したり、ひやっとしたりしたときに汗が出るということを表しています。つまり、汗は精神的にプレッシャーを感じたときに出るのです。その点で、現代社会は脇汗が出やすい社会ということがいえます。

私たちが属している社会は、精神的にダメージを受けやすい社会です。学校で学んでいても、会社で働いていても、人間関係のストレスや上下関係のプレッシャー、仕事関係の緊張感などに囲まれて暮らすことになります。こうしたストレスや緊張、プレッシャーなどがピークに達すると、脇から汗がでるのです。また、過度のストレスは男性ホルモンを過剰に分泌するので、脇汗の原因になるだけではなく匂いの原因にもなります。

精神的発汗の厄介なところは、気にしすぎると余計に汗が出るということです。そして、緊張して出てくる汗というのは、運動して出てくる汗より匂いがきつくなります。そうすると、その汗の匂いが自分の鼻について一層緊張、そして一層発汗・・・という悪循環に陥ってしまうのです。

では、どうすれば良いのでしょうか?簡単に言うと、気にしなければ良いのです。これは考え方の問題です。脇汗は自分では大変気になるものですが、実際にはごく少量の発汗にすぎないということをまず理解してください。

また、匂いもよほど近くにいない限り伝わりません。むしろ、ほどよく体温の上がった状態というのは、動物としての魅力を発しているときです。汗をかいた、と思ったときは、それをネガティブに変換せず、事実だけを丸ごと受け入れて、今自分は体温があがって魅力を発散しているんだと考えるようにしてみましょう!

 

脇汗の原因のひとつは生活習慣の乱れ!食生活改善で乗り切ろう!


脇汗の原因は生活習慣や食習慣にもあります。体質的要因にも、精神的要因にも思い当たらないのに脇汗が多いと感じている人は、生活を見直してみましょう。唐揚げ、霜降りのお肉といった脂質の多い食べ物や、香辛料が多量に使われている激辛食品など、刺激の強い食べ物は、発汗をもたらすだけではなく、体臭も強くします。

また、喫煙、飲酒といった嗜好品の日常的摂取も男性ホルモンを匂いをきつくするといわれています。インスタント食品やジャンクフードの摂取も血液が濁って、結果的に体臭のきつい体質に傾いてしまいますので、控えめに摂取するよう気をつけましょう。

体質的な要因がない限り、食生活や生活習慣に気を配っていれば、少しずつでも脇汗は改善されてきます。必要以上に気に病むことはマイナスです。脇汗が気になるときは、制汗剤を利用したり、汗脇パッドを利用したりしてケアしておけば、多少汗をかいても焦る必要はありません。制汗剤はいろんな種類のものが販売されていますが、朝、出かける前にシャワーを浴びたら、身体を乾かしてすぐに塗布しましょう。

お風呂から出て色んなことをしている間に多少なりとも汗をかいてしまいます。いったん汗をかいてから制汗剤を塗布してもあまり効果はないのです。塗布後、市販のジカ貼り型汗脇パッドを貼り付け、さらにパッドつきのキャミソールなどを着用すれば、多少脇汗が出ても堂々としていられますよ!

 

いかがでしたでしょうか。

脇汗の原因は、体質的要因、精神的要因、食事や生活習慣からくるものの三つに大別できます。このうち体質的な要因は、肥満や多汗といった遺伝的性質によるものが代表的です。ただし、体質とはいえ、食事習慣などで改善することは出来ますので、病気や疾患による発汗ではないのでしたら、生活習慣の見直しなどで改善できます。一方、最近は、精神的な要因による脇汗の悩みが増えています。精神面での脇汗の原因は、主にプレッシャーやストレスです。

こうした精神的な脇汗は、発汗をポジティブに受け止める発想の転換で乗り切りましょう。脇汗の原因は食生活の乱れや生活習慣にもありますので、汗の気になる季節や人前に出る際などは、刺激の強い食べ物の摂取を避けるなどの工夫をしましょう。日常的にきちんとケアと準備をしていれば、多少汗をかいても気にせず前向きに!

 

まとめ

脇汗の原因を理解して解消するには

・脇汗の三大原因は、体質的な要因、精神的な要因、食生活を意識する!
・脇汗の原因のひとつ精神的要因をイメージトレーニングで解消する!
・脇汗の原因のひとつ生活習慣の乱れを直す!