わきがの原因を突き止めて4週間で撃退する9つの方法

わきがの原因を突き止めて4週間で撃退する9つの方法
わきがを自覚したときから、夏に限らず、少し汗をかくだけで「匂っているのでは…。」と不安になってしまう。
こんな悩みや不安を解消するためには手術をするしかないのでしょうか?
いいえ、いちがいにそうとは言えないようです。

汗の匂いは生活習慣に大きく影響されます。日頃から清潔やデオドラントに気を使っていなければ、本来わきがではないのに匂うようになっていたり、軽いわきがが余計にひどくなっている場合があります。逆にいえば、わきがであっても、生活習慣を改善すればかなり抑えることができるのです。改善した生活習慣を、まずは1ヵ月、続けてみれば効果が見られるはずです。

そこで、今日は、毎日の生活習慣の中にあるわきがの原因を突き止め、どう改善すればいいか、その9つの方法についてお伝えします。



 

わきがの原因を突き止めて
4週間で撃退する9つの方法

 

その1: まず、食生活を見直す

体の匂いは毎日食べる物に大きく影響されます。次のような食品は、体臭を強くしたり、発汗を促す働きがあり、わきがの原因となりやすいのです。

・肉類、乳製品など動物性たんぱく質を多く含むもの
・油物
・にんにく、にら、たまねぎなど匂いの強いもの
・唐辛子などの刺激物
・塩分・糖分を多く含むもの

こうした食品を絶対に食べてはいけないわけではありませんが、あくまでも少量・適量に抑えましょう。

 

その2: わきが予防に良い食ベ物を取り入れる

肉類などとは反対に、わきが予防に適しているのが次の食品です。

・梅干し、生姜、酢:殺菌効果があり、体内からの匂いの発生を抑えます。
・大豆、豆腐、納豆、味噌などの大豆製品:汗の酸化を抑えるイソフラボンを多く含みます。
・ほうれん草、にんじんなどの緑黄色野菜:汗の酸化を抑え、腸内環境を良くすることで匂いを抑えます。
・りんご、りんご酢:高い消臭効果があります。

こうした食品を積極的に摂れていますか?和食中心の食生活にすれば摂取しやすい食品群です。

 

その3: 気をつけたいお酒とたばこ

お酒に含まれるアルコールはそのものが匂い物質。体内に取り込まれ、汗として代謝されると匂いはさらに強くなります。また、たばこに含まれるニコチンは発汗を促す作用があります。お酒とたばこはわきがをひどくする原因なのです。お酒は少量だと問題はないのですが、くれぐれもほどほどに。たばこは、できれば禁煙したいものです。

 

その4: 入浴の仕方を見直す

入浴はシャワーでさっと済ませていませんか?実は、それでは、洗ったつもりでも毛穴に汚れが残り、わきがの原因となることがあります。わきが予防のためには、お湯につかって暖まりましょう。体が暖まると毛穴が開き、汚れがよく落とせます。また、お風呂で汗をかくことで代謝が陽良くなり、日中ちょっとしたことで汗をかきにくい体質になります。

 

その5: ムダ毛処理は正しい方法で

アポクリン腺という汗腺から出る汗がわきが臭の元ですが、この汗そのものは無臭です。エクリン腺から出た汗や皮脂と混ざり、雑菌に分解されて匂いが発生するのです。わき毛は匂いの原因を作る雑菌の温床になりやすいので、処理をした方が良いのですが、毛抜きで抜くのはやめましょう。アポクリン腺を刺激し、汗の分泌を活発にしてしまうからです。ですから、わき毛は抜くのではなくて、剃るようにしましょう。

 

その6: 制汗剤は効果的に使う

いまは様々なタイプの制汗剤が販売されていますが、どんなものでも、汗をかいたところにつけては、却ってへんな匂いになってしまいます。制汗剤をつけるなら、入浴後が最も効果的です。外出先や職場で汗をかいたときは、ウエットシートで拭いてから制汗剤をつけるようにします。外出用のバッグや会社のロッカーなどにウエットシートと制汗剤を常備しておけば万全です。

 

その7: 洗濯はしっかりと汗を落とす

衣類はしっかり洗えていますか?一度、衣類にしみ込んだわき汗とわきがは思っている以上に落ちにくく、通常の洗濯では完全に洗い落とせないことが多いのです。わきがが残った衣類にさらに汗をかくと、当然、匂いはひどくなります。汗とその匂いをしっかりと洗い流すには、こんな洗濯方法がおすすめです。

・洗濯直前に衣類のわきの部分に漂白剤を直接つける、
・次に、同じ漂白剤を入れた洗濯液で洗濯機洗い。
*漂白剤は色柄物にも使える酸素系のものが便利です。使用量などはメーカーの指示に従ってください。

 

その8: 衣類の収納にも気をつける

洗濯して閉まっておいた服をクローゼットから出したら、なんだか匂う、ということはありませんか?実は、クローゼットやたんすの中は湿気がこもりやすく、また、住宅材や家具に含まれる化学物質、そして防虫剤などの匂いが混じり、衣類に移ることが多いのです。こんな匂いがしみついた衣類はわきがをひどくする原因になります。
収納中の衣類に匂いがつくのを防ぐには、消臭剤や防湿剤をクローゼットやたんすの中に置くのもいいですが、週に何度かはクローゼットのドアやたんすの引き出しを開けて風を通すようにしましょう。

 

その9: 疲れとストレスのない生活を

疲れやストレスが溜まる生活は、わきがの原因にもなります。疲労が溜まると汗に含まれるアンモニアが増え、皮脂の分泌も多くなるからです。忙しい毎日でも、食事や入浴の時間だけはゆっくり取るなど、ストレスの少ない生活を心がけたいものです。

 

以上、いかがでしたか?

この9つの中に少しでも思い当たる項目がありましたか?また、日々の生活の中で見落としていた!ということもあるかもしれません。そう思ったなら、それは わきがを改善できるチャンスです。これらの項目の中で、「原因」として感じたことがあったなら、早速、改善に取り組みましょう。そして1ヵ月続けてみてください。匂いの悩みのない快適な日々が来ることを願っています。

 

まとめ

わきがの原因を突き止めて4週間で撃退する9つの方法

その1:まず、食生活を見直す
その2:わきが予防に良い食ベ物を取り入れる
その3:気をつけたいお酒とたばこ
その4:入浴の仕方を見直す
その5:ムダ毛処理は正しい方法で
その6:制汗剤は効果的に使う
その7:洗濯はしっかりと汗を落とす
その8:衣類の収納にも気をつける
その9:疲れとストレスのない生活を