あいつの脇はヤバい!と言われない為に行う7つのわきが対策

あいつの脇はヤバい!と言われない為に行う7つのわきが対策
無臭が当たり前の現代社会において、わきが持ちにはなかなか居づらい場面も多々あると思います。
特に閉め切られた空間なんて、わきがのある、なし関係なく、お互いに辛い思いをしたことあるはずです。
今やわきがは、個人だけの問題ではなく、周りにいる人にも関心のあることになっています。わきが持ちはもちろん、周りにわきが持ちがいる方も、これから紹介するわきが対策を参考にいただき、円滑な人間関係を築いてもらえたらと思います。



 

あいつの脇はヤバい!
と言われない為に行う7つのわきが対策

 

その1: 効果的な入浴を行う

汗にはサラサラした良い汗と、ベトベトした悪い汗があります。
どの汗も入浴することで洗い流すことができますが、ベトベトした悪い汗は入浴後もでてきてわきがの原因になります。
ベタベタした汗がでる要因として、身体の新陳代謝が上手く機能していないかもしれません。
そのような場合は塩湯入浴がおすすめです。
標準的な湯船(200L)に天然塩100gを溶かして入浴するだけです、天然塩の代わりにバスソルトを使用してもいいでしょう。
また、入浴後は冷水シャワーで毛穴を引き締めて汗腺からの汗を抑えるのも効果的です、冷水が苦手であれば冷やしタオルでもけっこうです。

 

その2: ウェットティッシュの活用

わきがには、こまめなふき取りが効果的です。
拭き取りするためにハンドタオルなどがありますが、いちおしはウェットティッシュです。
特に除菌タイプのものわきがの原因となる雑菌を殺してくれるので、非常に効果的です。
また、ウェットティッシュはコンパクトなので携帯も楽だし、レストルームでさっと拭くだけでなので、誰でもできる、簡単なわきが対策と言えます。

 

その3: デオドラントグッズを使用する

わきがの原因となる汗を抑制する、消臭するのに効果的なのがデオドラントグッズです。
ロールオンタイプ、スプレータイプなど使用タイプ、ミント、ラベンダーなど芳香タイプなど、デオドラントグッズのバリエーションに富んでおり、
個人の好みで使用できるのが便利です。

 

その4: 消臭下着を着ける

身体からでる汗だけでなく、着ている下着にも注意してもらいたいです。
汗が下着に付着し、雑菌が増殖することでさらにわきがもひどくなります。
最近は、セラミック効果やイオン効果のある、さまざまな種類の消臭下着が発売されており、消臭性、耐久性ともにかなり強力です。
普通の下着をこまめに交換するのもいいですが、手間を考えると消臭下着は効果的だと思います。

 

その5: 食事に気を配る

脇汗が出てくる汗腺は、肉類や乳製品等の動物性の脂肪やたんぱく質の摂取で過剰に刺激されます。
汗腺が刺激されることで、汗が多く出てきてわきがの原因となります。
しかし、動物性の脂肪やたんぱく質は健康的な肌や体を作る大切な栄養素です。
わきがを気にして摂取を控えても、身体に悪影響がでては無意味です。
動物性の食材の代わりに植物性の食材を多めに取るようにするとよいでしょう。

また、しょうがや酢など、体臭を抑える食材もおすすめです。

 

その6: サプリメントを飲む

食事に気を配る生活もなかなか大変です、そんなときは気軽に取れるサプリメントもおすすめです。
ビタミンやミネラル成分を簡単に体内に取り入れて、体質改善することが可能です。
また、消臭効果があるサプリメントも市販されています、効果のほどは個人の体質によるところが大きいようですが、一度試してみてもいいかと思います。

 

その7: 生活習慣を改善する

タバコやアルコールもわきがの原因として忘れてはいけません。
わきがの原因となる活性酸素がタバコやアルコールの摂取による刺激で、臭いの原因となります。
また、睡眠不足や運動不足による肥満、疲労もわきがの悪化の原因となるので、規則正しく生活することも必要です。

 

人との係わり合いなくして、社会生活を営むことはできません。
周りの人は態度に出さなくても我慢しているんじゃないのだろうか、嫌われていないかと必要以上に気を使ったり、遠慮したりするよりは、
ここで紹介したわきが対策をすることをお勧めします。

わきが対策で、わきがは治りませんが、症状の軽減をすることはできます、ぜひお試しください。

 

まとめ

あいつの脇はヤバい!と言われない為に行う7つのわきが対策

その1:効果的な入浴を行う
その2:ウェットティッシュの活用
その3:デオドラントグッズを使用する
その4:消臭下着を着ける
その5:食事に気を配る
その6:サプリメントを飲む
その7:生活習慣を改善する