わきがのにおいを即効で消す6つの極意

わきがのにおいを即効で消す6つの極意

わきがのにおいって、何日もお風呂に入ってないような感じで嫌ですよね。職場の人間関係にも悩まされるし、自分を責めたくなるくらい自分が嫌いになる人も少なくありません。現実に、「気にしすぎるな」と言われても、周囲の反応があるので、気にしないようにするには難しいです。

アポクリン腺から出る汗が原因となるもので、体質の問題であるとはわかっていても、何とか解消したいところです。身近な人に相談しにくい悩みごとも、今はネットなどで情報をシェアできる時代です。悪いことばかりではないのです。悩んでいる皆さんの知恵を借りることもできます。

そこで今回は、「わきがのにおいを即効で消す6つの極意」ということで、わきがのにおいの解消法をお伝えします。



 

わきがのにおいを即効で消す
6つの極意

 

酢のお風呂


わきがのにおい対策で、酢のお風呂を試す人が増えています。もともと、体臭を消すために、酢のお風呂がいいとされていました。酢のお風呂の準備は、コップ1杯(150㏄)のお酢を入れて、かき混ぜるだけです。最初は、50㏄くらいから試してみてください。

効果としては、酢に含まれるクエン酸の殺菌効果が肌の雑菌の繁殖を防いでくれます。また、お風呂で温まって開いた毛穴からクエン酸が吸収されて、汗腺から出るアンモニアの生成が抑えられます。わきがのにおいを治療するものではありませんが、体臭が変わる効果は期待できます。

 

重曹のお風呂


重曹のお風呂も体臭の対策に効果があります。重曹にも殺菌効果があるので、肌の雑菌の繁殖を防ぐという効果があります。また、老廃物が皮膚で酸化して発生するという体臭のしくみに対して、アルカリ性の重曹で中和させるというアプローチになります。

重曹の量は、大さじ一杯が目安です。試している人たちの感想では、酢のお風呂に比べると肌にやさしいという声が多いです。わきがのにおいの対策としては、酢のにおいが苦手な人は、重曹のお風呂の方がいいかもしれませんね。

 

ミョウバンのお風呂


もう一つ紹介したいお風呂の入り方があります。ミョウバンのお風呂です。ミョウバンも消臭成分として使われています。わきがのにおいの対策として、スプレーに入れてたミョウバン水が使われますよね。

お風呂に入れる場合も、まず、ミョウバン水を作ります。一般的に紹介されている割合は、水150㏄にミョウバン5gです。ちなみに、お湯の方が溶けやすいです。お風呂に入れる量は、50㏄くらいから試してみてください。人によっては、ヒリヒリ感があるようですが、わきがのにおいの対策の効果は期待できます。

 

クリームタイプのデオドラント


わきがのにおいの対策で、デオドラントのアイテムを使いますよね。スプレータイプ、拭き取るシートタイプ、クリームタイプなどがあります。効果の持続という点においては、クリームタイプのデオドラントが一番優れています。

さらに、商品を選ぶ時に注意したいのは、無香料であること、抗菌・殺菌作用があることです。整理すると、わきがのにおいの対策で、デオドラントのアイテムを選ぶなら、クリームタイプで、無香料で、抗菌・殺菌作用があるものがベストです。寝る前に、脇に塗っておけば、朝は、においが和らいでいます。

 

リンゴ湿布


リンゴに含まれる水溶性食物繊維であるペクチンが、わきがのにおいの対策で活躍してくれます。わきがのにおいの発生の要因となるアポたんぱくを減少させる役割があるということなのです。それで、リンゴ湿布を試す人が増えているようです。

リンゴ湿布のやり方は、次の通りです。すったリンゴをガーゼに包んでしぼります。それを湿布として、脇に5分くらい挟みます。リンゴ湿布をした後は、そのまま洗い流さずに寝てください。リンゴ湿布は作り置きはできないので、湿布に使う分だけ、すりおろしてください。

 

切らない治療ミラドライ


美容外科クリニックなどの治療によって、わきがのにおいを解消する方法を考える時に、ボトックス注射や手術を思い浮かべますよね。今は、切らない治療法があります。それが、ミラドライです。ミラドライは、皮膚の上からマイクロ波を照射して、その熱により汗腺を破壊するという方法です。

破壊した汗腺は再生しないので、効果は半永久的に続きます。ミラドライは、施術時間も短く、入院の必要もありませんので、日常生活にすぐに戻ることができます。

 

以上、わきがのにおいを即効で消す6つの極意についてお伝えしました。酢のお風呂は、続けてテレビ番組で取り上げられた影響もあるかもしれませんが、「試してみました」という人が増えています。

重曹のお風呂とミョウバンのお風呂については、重曹泉、ミョウバン泉の温泉があるので、昔からの方法とも言えます。体臭解消以外にも、効能がいろいろとあります。リンゴ湿布は、情報としては新しい方なので、事例は少ないようですが良い評判が多いです。

切らない治療のミラドライも、施術する人が、これから増えていくでしょう。デオドラントのアイテムによるケアは、クリームタイプがおすすめです。無香料で、抗菌・殺菌作用があるものを選んでください。

 

まとめ

わきがのにおいを即効で消すには

●酢のお風呂。
●重曹のお風呂。
●ミョウバンのお風呂。
●クリームタイプのデオドラント。
●リンゴ湿布。
●切らない治療ミラドライ。