脇汗の原因を突き止めて、 今すぐ制汗する9つの方法

脇汗の原因を突き止めて、 今すぐ制汗する9つの方法

多くの人が悩みを抱える脇汗。汗のニオイだけでなく、シャツにつく汗じみや黄ばみに困っている人もいるのではないでしょうか。そんな悩みを解決すべく制汗剤や汗取りパッドなどさまざまな対策をしている方も多いですよね。

あなたがしている脇汗対策は、脇汗をかく原因の対策になっていますか?根本的な解決ができなければ、あなたががんばってしている対策も単なる「応急手当て」で終わってしまい、いつまで経っても脇汗の悩みと付き合っていかなければいけなくなってしまいます。

脇汗を改善させるためには、脇汗の原因を突き止め、根本的な解決を図ることが近道です。今回は、脇汗の原因について考えてみましょう。



 

脇汗の原因を突き止めて、
今すぐ制汗する9つの方法

 

悩みや不安、心配など精神的ストレスは脇汗の敵!


脇汗は、緊張や不安などの精神的な問題が大きく関係していると言われています。ストレスは、体にさまざまな悪影響をおよぼすことで知られていますが、そのひとつに脇汗が挙げられるのです。

過度のストレスは、副腎皮質ホルモンや男性ホルモン、アドレナリンを大量に放出させ、皮脂の分泌を促してしまいます。これが脇汗が増えたり、脇汗のニオイを強くする原因となっているのです。

そして、脇汗の量やニオイを必要以上に気にしてしまうと、厄介なことにそれがさらなるストレスを招き、脇汗の量が増えるという悪循環に陥ってしまうことも・・。

あなたは、日ごろから大きなストレスを抱えていませんか?思い当たる場合には、ストレスを溜めこまないようにするために、あなたに合ったストレス発散法を見つけ出し、こまめにストレスを取り除くことが大切です。

 

健康だけじゃない!脇汗対策にも日ごろの食生活は大切です


みなさんは、日ごろからバランスの取れた食生活を心がけていますか?日ごろの食生活を振り返ってみましょう。

・脂の多い食事・肉中心の食生活・ファストフードやカップ麺が多い・お酒やコーヒーの飲み過ぎ・冷たいものの摂り過ぎ・辛いものなど刺激の強い食事が多いこれらの中に、思い当たるものがある方は、食生活を見直し、栄養バランスの取れた食生活を送るよう心がけましょう。

辛いものや酸味の強いものなど刺激の強いものを食べると、交感神経が刺激され汗がでてきます。特に香辛料は、汗腺を刺激して多汗症を引き起こす原因になってしまうこともあるので注意が必要です。

また、夏などの暑い日に欠かせない冷たい食べ物や飲み物は、一気に体を冷やすため、自律神経が乱れ、脇汗の量が増えたり、ニオイが強くなる原因になってしまうことも・・。夏場やお風呂上りなどの冷たいものの食べ過ぎ、飲み過ぎにも気をつけましょう。

 

運動不足は脇汗をかきやすくする


みなさんは、運動の習慣がありますか?社会に出るとなかなか運動する習慣を持てませんが、日ごろの運動不足が脇汗の量やニオイを強める原因となることがあります。

日ごろから運動で汗をかく習慣がないと、休眠状態に陥る汗腺が増え、下半身や手足などにかく汗の量が極端に減ってきます。すると、ほかの部分で体温調節をしなければならなくなってしまうため、脇や顔、手のひらなどにかく汗の量が増えてしまうのです。

これを改善するためには、運動の習慣が必要ですが、運動する時間をなかなか作れないこともありますよね。これまで運動する習慣がなかった人の急な運動は心臓や肺に大きな負担をかける心配もあります。

そこでおすすめしたいのが、ぬるめのお湯に長時間浸かる半身浴。汗腺機能も鍛えられ、臭わない良い汗をかけるようになるので、日ごろから運動不足の方はぜひ、習慣として取り入れてみてくださいね。

 

極度の冷えが原因となることも・・


特に女性に多い冷え症。手足は冷えているのに、脇や背中の汗がひどいという方は、極度の冷えが原因かもしれませんよ。暑いときに体を冷やすための体温調節として汗をかきますが、実は冷えが強くなってしまうと、体の防衛本能が冷えた体を温めようと熱を発生させるのです。

その結果、手足は冷えているのに脇や背中などからは汗が流れるという状態に・・。これを改善するためには、体を温めることが大切です。ウォーキングなどの軽い運動で血行を良くするのも良いですね。

また、おしりの筋肉が硬くなっていると血行が悪くなってしまうため、おしりのストレッチや股関節を伸ばすストレッチを取り入れてみるのも良いでしょう。

 

脱毛をするときには要注意


レーザー脱毛などで永久脱毛をしたら、脇汗の量が増えたという話を聞いたことがありませんか?医学的には、毛穴と汗腺は異なるため、脱毛が汗腺に影響をおよぼすことはないと言われています。

実際には脱毛により汗腺が刺激されたり、脱毛したことにより、必要以上に脇を意識することで、脇汗が増えることがあります。日ごろから汗の量が多いことを自覚している方は、脱毛をするときには、慎重に行うと良いでしょう。

 

皮下脂肪が体温調節の妨げになる


汗には体温調節という重要な役割があります。皮下脂肪が厚い肥満体型の場合には、脂肪の層が熱を体の外に排出するのを妨げるため、体温が上昇し、大量の汗をかいてしまうのです。

この場合、まずはダイエットをすることが一番の改善方法です。特に汗がべたつく方は動物性脂肪を多く摂り過ぎていることが考えられます。

食生活を見直し、運動の習慣を取り入れながらダイエットをすると、新陳代謝が活発になり、汗と一緒に老廃物も排出され、ニオイのない良い汗をかけるようになりますよ。健康のためにもぜひダイエットを始めてみましょう。

 

冬場の汗は夏場より濃い!


実は夏の脇汗よりも臭う冬場の脇汗。冬の衣類や水分の摂取量が減ることなどにより、夏の汗に比べ濃くなってしまうことが原因だと考えられています。

冬場でも積極的に水分を補給して、暖房の効いた部屋に入る前に、コートなどを脱ぎ、少しずつ体を温かさに慣らしてから部屋に入るようにすると汗をかきにくくすることができるので試してみてくださいね。

 

ホルモンバランスの乱れと汗の関係


ホルモンバランスが変化すると汗の量にも変化が見られます。なんらかの原因でホルモンバランスが乱れると、脇汗の量が増えてしまうことがあるのです。これを改善するためには、ホルモンバランスとつながりのある自律神経や精神面を整えると良いでしょう。

イライラしていると感じたらリラックスを心がけ、できるだけストレスをためないようにすることも大切です。女性はどうしてもホルモンバランスが乱れてしまう期間がありますが、必要以上に気にせずにうまく付き合っていきましょう。

 

病気の症状の可能性も・・


バセドー病と呼ばれる甲状腺機能亢進症、先端肥大症、褐色細胞腫、糖尿病などの病気が原因で脇汗などが増える多汗症が引き起こされることがあります。

脇汗以外にも気になる症状がある方は、これらの病気の可能性もあるので、早めに病院を受診することをおすすめします。

 

いかがでしたか。

脇汗の量が増えたり、ニオイが強くなる原因をご紹介してきました。思い当たる原因が複数ある方もいるかもしれませんね。思い当たるところが見つかった方は、脇汗の原因を改善するところから始めてみましょう。

脇汗は、精神的な不安の影響を受けることが多いので、もっとも難しいことですが、必要以上に気にしないことが大切です。症状があまりにひどい場合には、悩みが大きなストレスとなる前に、皮膚科などの専門機関を受診してみることもひとつの方法です。

 

まとめ

脇汗の原因を突き止めて、今すぐ制汗する9つの方法

・ 悩みや不安、心配など精神的ストレスは脇汗の敵!
・ 健康だけじゃない!脇汗対策にも日ごろの食生活は大切です
・ 運動不足は脇汗をかきやすくする
・ 極度の冷えが原因となることも・・
・ 脱毛をするときには要注意
・ 皮下脂肪が体温調節の妨げになる
・ 冬場の汗は夏場より濃い!
・ ホルモンバランスの乱れと汗の関係
・ 病気の症状の可能性も・・