クサっ!と思われる前に脇の臭いを抑える6つの徹底対策

薄毛を改善する方法!毛髪力をUPさせる5つの食材とは
気温が高くなってくると過ごしやすくなり嬉しい半面、脇の臭いが特に気になってきますよね。温かい季節以外の冬でも、比較的脇に汗をかく人は多いものです。そしてこの脇の臭いは男女問わずエチケットとして気になるところです。

ですが、臭いというものは普段から嗅ぎ慣れているものに対しては鈍感になってしまうのが人間です。自分の体臭にも同じく鈍感になってしまうので、周りの人が不快に感じていたら・・・と思うと脇の臭いを気にしている人は特に日ごろから対策を行いたいものでしょう。

でも、どのような対策を取ると脇の臭いを抑えられるのか具体的に分からないことだらけです。そこで今回は、クサっ!と思われるその前に脇の臭いを抑えるための対策についてお伝えします。

わき汗について知っておこう

わき汗は大きく分けて「エクリン汗腺」と「アポクリン汗腺」の2つあります。

エクリン汗腺は体の表面のいたるところにあり、肉眼では確認しにくいほど小さい汗腺です。エクリン汗腺からの発汗の原因は、体温調節・冷や汗などの精神的発汗・辛いものを食べた時に出る味覚性発汗とされていて、汗の成分はほとんどが水分でありサラサラしており、臭いはほとんどないという特徴があります。

アポクリン汗腺は脇の下やへそのまわり・性器・肛門の周辺など体の一部にあります。エクリン汗腺と比べると、毛穴から出てくる大きな汗腺で、年齢とともに小さくなっていくのですが、思春期に特に発達して大きくなると言われています。含有成分もミネラルやたんぱく質などを含むために粘度も高くなっており、臭いは多少あるのが特徴です。

このアポクリン汗腺からの汗は含有成分が多いために、皮膚の常在菌にとっての栄養となり、菌が繁殖しやすく、この細菌が汗を分解することで独特な臭いを生むとされています。

常在菌が汗を栄養として繁殖・分解をする前に取れる対策を具体的に触れていきましょう。

 

食事を気を付けよう

日本人はもともと、欧米人に比べると脇の臭いがキツイ人の割合は少ないとされてきていました。しかし、食の欧米化が進み、食生活の多様化により日本人でも多くの人が脇の臭いに悩むようになったのです。

脇の臭いを強くしてしまうアポクリン線を刺激する食べものである肉やバター・チーズなどの乳製品、ジャンクフードや卵などの摂取が多い人は、量を控えることをオススメします。

その代わりに、植物性の脂質であるオリーブオイルやごま油などを使った料理や、アルカリ性の食品である海藻類やきのこ類・梅干し、体臭自体に効果があるとされているお酢やしょうが・緑茶・ほうじ茶を積極的に摂取していくと臭いも少しずつ和らぐ効果が期待できます。

和食は体にも優しく、洋食を多く摂取するよりは生活習慣病の予防にも貢献できますので、自分自身の体の健康の為も兼ねて、和食を意識した食生活を送っていけるとよいでしょう。

わき毛をこまめに処理しよう

脇にわき毛がある状態では汗をかいた時により蒸れやすく、雑菌が繁殖しやすい環境を作ってしまいます。また、臭いの原因となるアポクリン汗腺からのベタベタした汗は洗いにくく拭き取りにくいため、脇はこまめに処理をしておきましょう

処理をする時の注意点としては、「アポクリン汗腺を刺激する恐れがあるのでわき毛は抜かない」「除毛クリームは成分が強く汗腺へ影響を与えるので使用しない」ということです。今も継続してわき毛を抜いたり、除毛クリームを使っている方は気を付けましょう。

わき毛の処理は基本的にカミソリで剃るのが安全とされていますが、電気シェーバーを使うことも肌への負担は比較的少なく、わき毛を剃ることができます

まだ日本人男性でわき毛を処理している人の割合は少ないですが、欧米では男性でもわき毛処理をするのがマナーとされています。まだなじみが薄い日本ではありますが、脇の臭いに悩んでいる男性の方はわき毛を処理する決断を持つのもよいかもしれません。

 

お風呂でケアをしてみよう

脇の臭いが気になるからといって、脇をごしごしと洗うことは反対に汗の分泌が増える原因となりますので、優しく泡で洗っていきましょう

洗う時に使用するボディーソープや石けんも、殺菌力や洗浄力が強すぎるものは避けておきます。なぜかというと、臭いを抑えるためにいる大切な菌まで殺してしまい、脇の乾燥を強めて逆に皮脂が増えることで菌のバランスが悪くなってしまうからです。

消臭効果の高いミョウバンや柿渋成分が配合されているものが脇の臭い対策にはおすすめです。またお風呂は日ごろからシャワーという人は、時間の取れる時はなるべく湯船に入ることをオススメします。湯船にゆっくりとつかることで汗をかき、毛穴を開いて体の汚れを落とすことが効果的だからです。

運動不足を解消しよう

日ごろからデスクワークが中心で、プライベートでも体を動かすことが少ないという人は、是非とも定期的な運動を行いましょう運動不足の状態では新陳代謝が低下して老廃物や不純物が排出されにくくなってしまいます。このような体の状態で汗をかくと、体内にため込まれた老廃物や不純物が多く含まれた汗が出てきて、常在菌が喜ぶ環境を作ってしまうということになるのです。

ウォーキングやマラソン、サイクリングなど有酸素運動を少しでも行うようにし、運動中にもこまめに汗を拭きとるようにしましょう。汗をかくことで、汗の質を変える!このことが脇の臭いにはとても大切になります。

そして定期的な運動は、ストレスの発散にもなりますよね。このストレスの発散も臭い対策には効果的なのです。脇の臭い解消のための運動で、さらにストレス発散にもなると一石二鳥です。

 

さて、脇の臭いを抑えるためにやるべきことはそう難しくないことが分かりましたよね。日々の食生活の見直しや、こまめなケアで臭いは防げるのです。その中でも、一番大切なのはやはりこまめな運動です。先ほど触れましたが、「汗をかくことで汗の質を変えていく」ということが脇の臭いへの対策に大きく貢献することでしょう。

脇の汗は誰しもがかくものであって、誰でも臭いはするものです。その臭いの度合いがどうなのかは、その人それぞれのこまめなケアや生活習慣をいかに見直すかというところで違いが大きく出てきます

自分が無理なく行える範囲からのスタートでよいので、脇の臭いにひどく悩まずに毎日を過ごせるように意識を変えていきましょう。

まとめ

脇の臭いへの徹底対策とは

・こまめに汗を拭こう
・日々の食事に気を配ろう
・わきの処理をこまめにしよう
・お風呂でのケアを取り入れてみよう
・制汗剤をうまく使おう
・運動不足を解消しよう


連記事