わきがが臭う事に気がついて居ない人が持つ悲しい共通点

わきがが臭う事に気がついて居ない人が持つ悲しい共通点

わきがが臭うのか、体臭がただ強いのか周りの人には、実際その人のどこが臭うのかは分かりません。本人が臭いに全く気付いていないということが意外と多いのですから、どこが臭いか分かるのは、夫婦やカップルくらいですよね。

それに臭いというのは、指摘して相手が傷ついてしまう可能性があるので、分かっていてもなかなか言いだしづらく、周囲が我慢するしかないのです。

実際、わきがは体質と言われていて、ニオイ対策などを全くしなくても臭わない人もいれば、清潔そうな身だしなみの人がわきがで臭うということもあり、見た目だけでケアの判断が出来ないのも一因です。

本人がわきがに気づいていれば、何かしらの対応を考えることが出来るのですが、気がついて居ない為、みんな困っているんですよね。

でもこの状況はわきがの本人も、我慢している周囲の人にもよくありません。そこで今日は、わきがが臭う事に気がついて居ない人の哀しい共通点についてお伝えします。



 

わきがが臭う事に気がついて居ない人が持つ
悲しい共通点

 

自分の臭いに慣れてしまう


わきがは遺伝的要素が強いので、家族にわきがの人が居ると臭いに慣れてしまい、自分がわきがということに気がついていないことがあります。

これは、わきがだけに共通することではありませんが、慣れというものは恐ろしいもので、自分が臭いとか、その為に周囲に迷惑をかけているということに気づけないのです。

香水を毎日つけていると、知らないうちに量が増えてしまい、香水臭いと周囲から思われてしまうということがあります。自分の臭いで周囲を不快にしてしまっていることに、気づけない慣れという共通点があるのです。

 

スポーツでかいた汗臭さと勘違いしている


自分がわきがだと気づく年齢は、12~18歳が多いのですが、その間に気づかない人は、部活で汗をかいた汗臭さと思っている場合が多いのです。

汗をかいたから、臭くて当たり前と本人もクラスメイトなども思ってしまい、誰も指摘しないので気づけないのでしょう。しかし、汗臭さはシャワーを浴びたり着替えれば消えますが、わきがは治療や対策をしないと臭いは消えません。

指摘されないまま、社会人になり、今もわきがということに気づいていないのです。スポーツに一生懸命取り組んでいた人ほど、わきがに気づいていないという悲しい共通点があるのです。

 

耳垢が湿っているので、周囲の声に気づきにくい


他人の耳垢を見ることは滅多にないと思いますが、カサカサとした乾いた耳垢の人とベトッとした湿った耳垢の人がいて、日本人の約9割以上は乾いた耳垢です。そして耳垢の湿っている人の多くはわきがの可能性が高いと言われています。

その為、耳掃除をしてもキレイに取れにくく、耳垢が残ってしまい、聞き取りにくくなって、周囲の声に気づきにくいという、わきがの臭いに気づいて居ない人の共通点があります。だから電車などで周囲の臭いという声にも気づきません。

自分がわきがということを知っている人は、湿った耳垢が臭いということも分かっているので、耳鼻科を受診して、定期的に耳垢を取ってもらったり、セルフケアもしっかりしているので、そういうことはないからです。

 

黄ばみ汚れを恥ずかしがらない


わきがの人は、服の腋の部分が黄ばみやすくなります。それは、アポクリン腺が多い為で、わきがの臭いの原因です。普通に洗濯をするだけでは取れにくく、わきがと分かっている人は、重曹や漂白剤などを使用して、黄ばみ対策をしています。

しかし、気づいて居ない人は、腋の部分が黄ばむのはいつものことだからと、黄ばみ汚れの服が当たり前になってしまうのです。

常に腕を上げている訳ではないので、問題ないと思っているようですが、ふとした瞬間に腋の下の黄ばみ汚れを見えてしまうと、不潔な感じがしてしまいます。黄ばみ汚れのある服を、普通に着れてしまうのが、わきがに気づかない人の共通点なのです。

 

わきがを気遣ってくれる親友がいない


わきがの臭いに気づいて居ない人の一番悲しい共通点は、本当の意味での親友がいないということです。臭いはスメルハラスメントという言葉があって、職場での臭いは自分の評判を左右してしまうものでもあります。

どんなにいい人でも、耐えられない臭いの人からは、ついつい足が遠退いてしまうのは仕方がないことです。気づけば、周囲に誰も居ないということにもなりかねませんし、恋人を作ることも難しいかもしれません。

わきがだと気づいたら、言いづらくても教えてくれるのが、本当の親友です。今もわきがだと気づいて居ないのであれば、悲しいですが、親友やあなたのことを本当に気遣ってくれるような人がいないということなのです。

 

いかがでしたか。

わきがが臭うという事に気がついて居ない人の共通点で一番多いのは、指摘する人がいないということです。自分で気づけないのであれば、人から指摘される以外にわきがが臭うという事実を知ることは出来ませんよね。

言いづらいなどの理由はあるにしても、本当の意味で、その人のことを考えたり思ってくれる家族や親友いないのかもしれません。もし、今、あなたの友達や職場にわきがの臭いに気づいてない人がいるのであれば、ぜひ勇気を持って教えてあげてください。

もしかしたら、そんなことはないと怒ってしまうかもしれませんが、わきがの臭いに耐えられず困っている人やストレスを感じてしまっている人がきっといるのではないでしょうか。その人たちの為にも、あなたが覚悟を決めて、わきがかもということを教えてあげるといいですね。

 

まとめ

わきがが臭う事に気がついて居ない人が持つ悲しい共通点

・ 自分の臭いに慣れてしまう
・ スポーツでかいた汗臭さと勘違いしている
・ 耳垢が湿っているので、周囲の声に気づきにくい
・ 黄ばみ汚れを恥ずかしがらない
・ わきがを気遣ってくれる親友がいない