わきがかも、、、と思ったら、今すぐ対策すべき理由

わきがかも、、、と思ったら、今すぐ対策すべき理由

腋の臭いにすっぱい臭いや一般的な汗臭い臭い以外の刺激臭を感じたら、わきがの可能性があります。腋臭症(えきしゅしょう)という病名で、酢や納豆、鉛筆、ごぼうなど、臭いのたとえ方は様々ですが、他人に不快感を与えてしまう臭いに分類されてしまいます。

衣服の腋の部分が黄色くなってしまったり、白い汗が出たり、脇汗が大量に出てしまったり、本人も不快に感じることが多くあります。特に臭いは慣れてしまうと麻痺してしまい、気付かなくなってしまいます。ということは自分ではわきがに気付かないということもあるのです。

だからこそ、もしかしたらと思ったらすぐわきがの対策をしましょう。日本人は、もともと体臭が少ない人種で、臭いに敏感な人が多い為、今すぐわきが対策すべき理由をご紹介します。



 

わきがかも、、、と思ったら、
今すぐ対策すべき理由

 

子どもの臭いが気になった場合は、まず診察を受けましょう


わきがかもと思った相手が、自分のお子さんの場合は、とにかく早めに病院に行ってください。理由は、いじめにあうかもしれないからです。大人であれば、臭いが気になったり、指摘されたりすれば、自分でわきがの対策を取ることが出来ます。

しかし、お子さんの場合は、自分で気付くのは難しく、学校の友達から、臭いを指摘されてしまい、自分は臭いのだとショックを受けてしまうかもしれません。それに子どもは、ある意味残酷です。悪気はなくても『臭いよ』とか『変な臭いがする』と平気で本人に言ってしまうからです。優しい子どもばかりではありません。

それをきっかけにいじめがスタートしてしまい、わきがの対策も自分では出来ず、親にも相談出来なくて、どんどん自分を追い込んでしまうことも考えられるのです。

わきがは遺伝することが多いので、もし自分や家族にわきがの人がいれば、子どもの体臭等、気を付けてあげるのが、親の務めです。そしてわきがかもと思ったら、すぐ病院に行ってみてください。

違えばそれでいいし、思春期になってわきがの対策が必要になることもあるかもしれませんが、お子さんにとってもいいきっかけです。自分の子どもを守る為にも、しっかり様子を見てあげてください。

 

わきが体質の理由を早めに見極めましょう


日本人のわきが体質は10人に1人の割合です。欧米では10人中7~10人と言われているので、日本人のわきが体質の割合は非常に少ないのです。ということは、あくまで体質だけで、食生活を改善すれば、わきが対策になる人も多いということです。

本当に治療が必要なのかも確認する上で、食生活などの見直しをしてみましょう。お肉などを多く摂ってしまう欧米化の食生活を、元来の日本食をベースにしたものにしてみてください。

これでわきがの臭い対策が出来れば、病院にかかる必要もありませんし、周囲の人に不快な思いを今後させなくてもよくなるのです。お子さんがいない人の場合は、自分がわきがだと遺伝してしまう可能性が高いので、それを心配する人も多いようですが、その心配もなくなります。

自分の体を少し管理するだけで、未来は明るいのです。もしわきが体質が遺伝の場合は、手術など検討するのも1つの方法です。悩むことがストレスとなり、わきがを悪化させることもあるので、それを防ぐ為にも早めにわきが対策をするようにしましょう。

 

生活習慣を見直しわきがの対策をしましょう


わきがはストレスや、睡眠不足、たばこなど生活習慣が原因の場合もあります。生活習慣で体臭が強くなるというのは認知している人が多くても、わきがが悪化するとまでは思っていないようです。特にたばこのニコチンはわきがの原因のアポクリン腺を刺激してしまいます。

たばこの臭いだけでも嫌がられるこのご時世に、わきがの臭いが強くなってしまうのですから、周囲の人はたまりません。睡眠不足も、体から出る脂の質を悪化させます。その為、わきがの臭いを増長させてしまうので、ストレスを運動などで解消し、わきが対策の為にも質の良い睡眠時間を確保できるようにしましょう。

 

臭いが苦手な国民性を理解し、わきが対策を早急にしましょう


お風呂や温泉が大好きな日本人。世界でも有数のキレイ好き国家です。その為、臭いにも敏感で、消臭剤や柔軟剤など、いろんなメーカーがどんどん消臭効果を高めた商品を出しているのも、臭いが苦手な国民性ならではでしょう。元々、日本人は体臭が少ない人が多いのも、体臭などの臭いが苦手な原因のひとつです。

しかし慣れというものは恐ろしく、香水を毎日つけている人が、気付けば人から迷惑がられてしまうくらい臭いを振りまいているということも、めずらしくありません。しかし、日本人は、そんな悪臭のような香水臭い人を注意するのではなく、我慢するか避けてしまう傾向にあります。

だからこそ、自分がわきがでも、周囲に迷惑をかけているのに気が付かないケースが多いのです。その為、わきがかもと思ったら、セルフチェックの方法もあるので、まずは確認することが大切です。わきが体質やわきがの場合は、側に居てくれる人達の為にも、早めにわきが対策を始めましょう。

 

鬱になることもあるので、わきがの対策は早めに取り組みましょう


わきがは、どうしても周囲の人に臭いで迷惑をかけてしまいやすいため、それを気にし過ぎてしまい、鬱病になってしまう人も少なくありません。

治療などわきがの対策を早めにすれば、ストレスから解放され、わきがが鬱の原因になることも防げるのですが、臭いは相談しづらい問題の為、気にしてしまい、人と会えなくなったり、臭いが気になると汗が大量に出てきてしまったりと、わきがの症状も悪化してしまい、悪循環になってしまうのです。

それを防ぐ為にも、自分の臭いが気になったら、早めに臭いの対策やわきがの対策をとるべきです。鬱になってしまってからでは、わきがに気付く前の生活に戻すのは、期間もそれなりにかかりますし、最悪の場合は、そのまま鬱状態から解放されないこともあるのです。だからこそ、わきがかなと思ったら、1日も早くわきが対策をしてください。

 

いかがでしたか。

わきがは対策をきちんとしないと臭いだけでなく、いろいろな問題を誘発するものです。特にお子さんの場合は、いじめの原因になることもあるので、わきがかもと思ったら、すぐわきがの対策をしてください。普段からコミュニケーションをしっかりとり、ちょっとした信号も見逃さないでください。

遺伝等も含め、ずっと付き合わなければいけないものなので、少しでもお子さんの不安を取り除いてあげましょう。もちろん大人の場合も同じです。デリケートな話なので、相談しづらく、どんどん自分の中で不安が大きくなってしまいがちですが、大切なのは、深刻になり過ぎないことです。

まずは家族に、わきがが気になるということを打ち明けることから始めましょう。1人で抱え込んで、不安になるくらいだったら、少し位恥ずかしい思いをしても、家族ですし、一緒に生活しているのですから、聞けなかっただけで気付いているかもしれません。あなた一人の問題ではないのです。とにかく早めに相談しましょう。

 

まとめ

わきがかも、、、と思った時の対策方法とは

・ 子どもの臭いが気になった場合は、まず診察を受けましょう
・ わきが体質の理由を早めに見極めましょう
・ 生活習慣を見直しわきがの対策をしましょう
・ 臭いが苦手な国民性を理解し、わきが対策を早急にしましょう
・ 鬱になることもあるので、わきがの対策は早めに取り組みましょう