若はげの原因を理解して、健やかな頭髪を育てる5つの秘訣

若はげの原因を理解して、健やかな頭髪を育てる5つの秘訣

あなたは、若はげの原因をしっていますか。髪の毛は、多過ぎると、広がったりして扱いにくいし、野暮ったく感じてしまいますが、少ないのは、老けて見えたり、髪形によっては、不衛生に見えたりと、多くても少なくても悩みの種になってしまいます。

特に、少ない場合は、ある程度割り切っていても、周囲の視線などで、ストレスを感じてしまうことも多いでしょう。しかし髪の毛が少ないと言っても、加齢で少なくなるのと、若はげでは、印象が全く違います。

外国の俳優で薄毛でもカッコいいとかセクシーだと言われているのは、ある程度の年齢の人ばかりです。若くて、薄毛で、カッコいいというのは、まず聞かないはずです。

そう考えると、かっこいいのに、若はげで残念な印象になるのは避けたいです。若はげというだけで、老けて見えてしまうのも、出来ることなら回避したい、そんなあなたは、若はげの原因が何か知っていますか。

普段やっている、ちょっとしたことが若はげの原因となっていることが多いのです。これからの人生を『薄毛』とか『若はげ』と言われずに謳歌する為に、若はげの原因を理解しましょう。そして、健やかな頭髪を育てていきませんか。若はげと言われないための5つの秘訣をお伝えします。



 

若はげの原因を理解して、
健やかな頭髪を育てる5つの秘訣

 

長髪は若はげの素、髪の毛を短くして、頭皮を清潔に保とう


髪形は、仕事や学校で問題なければ、基本的には自分に似合えば、好きな髪形でいいはずです。長くても短くても、自分が満足する髪形を選べばいいのです。

しかし、今、あなたが若はげに悩んでいるのであれば、長髪は即刻止めてください。理由は、頭皮の風通しが悪いからです。汗をかいたりした時、長髪だと蒸れてしまって雑菌が繁殖しやすくなってしまい、清潔な頭皮を保つことが出来ません。

それにシャンプー後のドライヤーをかける時間が長くなり、頭皮が乾燥して傷みやすくなってしまいます。その点、髪の毛が短ければ、そんな心配も無くなります。

頭皮が健康でないと健やかな髪の毛は育ってくれません。これが若はげの原因です。この際、髪の毛を短めにして、爽やかさをアピールしてみてはいかがでしょう。若はげの原因も一掃出来て、おすすめの方法です。

 

髪の毛の分け目をこまめに変えて若はげを予防しよう


ヘアースタイルを変えても、髪の毛の分け目は、意外と同じ場所のままが多いのですが、これも若はげの原因です。5年以上、分け目の場所を変えずに過ごしていると、その部分に負担がかかってしまう可能性があります。

その分け目部分の髪の毛が薄くなってきて、若はげかもと気付く人が多いのです。これを防ぐには、こまめに分け目を変えるしかありません。分け目を変えると鏡を見た時にしっくりこないと言う人も多いので、その場合は、少しだけ分け目の位置をずらしましょう。

分け目のないオールバックは、おでこ部分の生え際に負担がかかってしまう為、若はげ防止の為にも、止めておいた方がよいでしょう。若はげの原因は、ずっと同じ分け目やヘアースタイルにしている為です。ヘアースタイルを変えると気分も変わります。こまめに変えて若はげの原因を取り除きましょう。

 

シャンプーの仕方を改善して若はげを防ごう


若はげの原因のひとつにシャンプーの仕方があります。ほぼ毎日、シャンプーをしているという人が多いので、その方法が間違っている場合は、1日も早く改善するべきです。

まずシャンプーは、髪の毛を洗うのではなく、頭皮を洗うと思ってください。シャンプー前に軽くブラッシングをして、頭皮のマッサージを兼ねて髪の毛に付いたほこりを取り除きます。その後、しっかり髪の毛を濡らしましょう。

注意点として、シャンプー剤はしっかり泡立ててください。泡立てていない液は、どんなにすすいでも、頭皮からなかなか流れ落ちてくれないからです。泡立てたシャンプーで頭皮をマッサージするように洗いましょう。

髪の毛の汚れは、整髪料が多く付いていなければ、お湯でほとんど落ちてしまうので、頭皮をやさしく洗えばよいのです。その後、しっかりすすいでください。シャンプー剤のすすぎ残しが若はげの原因でもあります。健やかな頭髪を育てるためにも、シャンプーの仕方を改善してください。

 

食生活を見直して、若はげを改善しよう


好きなものを好きなだけ食べる時間は、とても幸せな時間です。しかし、そんな生活を送っていると若はげになってしまう可能性が高くなるのです。髪の毛は、食べ物の影響が正直に出てくるところです。

実際、犯罪などの薬物検査で、髪の毛を調べればわかるのですから、日々の食生活が髪の毛に大切だということが分かっていただけるはずです。だからこそ、若はげの原因の食生活を改善して、健康な頭皮や髪の毛を育てましょう。

脂っこいものが好きな人は、食べる回数や量を減らしてください。頭皮のベタつきの原因は、高脂質の食事です。頭皮の毛穴が詰まってしまったりして、健康な髪の毛が生えてこなくなってしまいます。野菜や魚などを、しっかり食べて、若はげを改善しましょう。

 

お酒を控えて、健康な頭髪を目指そう


お酒は、少しであれば、血行促進など、身体によい影響をもたらします。しかし、飲みすぎは、体の為だけではなく、髪の毛にもよくありません。

お酒を飲みすぎると、脱毛ホルモンと言われているデヒドロテストステロンという物質が増えてしまい、若はげの原因となってしまいます。仕事が終わった後の1杯は、とてもおいしいのですが、飲みすぎには、注意してください。

 

いかがでしたか。

若はげを防止するには、まず頭皮を清潔に保つことが大切です。正しいシャンプー方法を行い、頭皮の汚れをキレイに洗い流し、頭皮が蒸れたり、ベタつくことが無いようにすることが、若はげ防止の秘訣です。

分け目を変えて頭皮の負担を減らしたり、髪の長さを短くして頭皮の風通しをよくしたり、頭皮や毛根に掛かる負担を減らしてあげることも、若はげの原因を取り除くのに有効な方法です。

髪の毛が少なくなった部分を隠そうと、髪の毛を伸ばしたりするのは、逆効果ということです。若はげが気になりだしたら、まずは、頭皮が清潔で健康な状態になるように気をつけ、バランスのとれた食事を心がける努力をしましょう。

毎日の生活を少し改善するだけで、健やかな頭髪を育てることが出来るのです。若はげの原因を理解して、生活習慣を変えることで自信を持った毎日を過ごしていってください。

 

まとめ

若はげの原因を理解して、健やかな頭髪を育てる5つの秘訣

・ 長髪は若はげの素、髪の毛を短くして、頭皮を清潔に保とう
・ 髪の毛の分け目をこまめに変えて若はげを予防しよう
・ シャンプーの仕方を改善して若はげを防ごう
・ 食生活を見直して、若はげを改善しよう
・ お酒を控えて、健康な頭髪を目指そう