女性の薄毛はマジ辛いと感じた、7つの悲しいシチュエーション

女性の薄毛はマジ辛いと感じた、7つの悲しいシチュエーション

「髪は女性の命」と表現されるように、髪の毛はとても大切な存在です。髪の毛は自分を表現したり演出したりする大切なパーツです。薄毛になると思うような髪型にできず、辛く、悲しい思いをしなければならなくなります。

薄毛にならない為にも、薄毛がこれ以上進まないようにするためにも、悲しいシチュエーションを乗り越えて行きましょう。

そのために、同じ想いを感じている人の事を知り、共感して薄毛で悩んでいるのは自分だけではない事を知る事も大切です。悲しみをバネに、よりよい自分へ近づく為に、新し扉を開ける薄毛対策を行いましょう。



 

女性の薄毛はマジ辛いと感じた、
7つの悲しいシチュエーション

 

人と比べないようにしよう


「あの人は髪が多いのに私は・・・」「○○さんは年上なのに髪の毛が多い」なんて思っていませんか?自分自身がコンプレックスと感じるとき、人は髪の毛がフサフサでキレイな髪がとても素敵に見えてしまうものです。それは、「隣の芝生は青い」ということわざがあるように、他の人の物は良く見えてしまうのです。薄毛であっても自分自身の素敵な部分を忘れてはいけません。悲しむよりも、女性らしい自分がまだ持っている部分を抱きしめてはどうでしょうか?

 

薄毛になった理由を考えよう


「産後に薄毛になった」「あの会社のストレスから薄毛になった」なんて嘆いていませんか?女性はストレスや環境の変化で体に負担がかかると、ホルモンのバランスが崩れ、薄毛になってしまいます。

あの出来事さえなければなんて悲しみを嘆いてないで、体を動かしてストレスを発散してはどうでしょうか。女性の一番のストレス発散はおしゃべりだと言われているので、友達や家族にどんどん愚痴を聞いてもらいましょう。体の内側に貯めるのではなく、発散させていく事が大切です。

 

コンプレックスはみんなもっていると思うようにしよう


「薄毛で悲しくて辛い」というコンプレックスはあなただけのものではありません。人間は誰しもコンプレックスを抱いてしまいます。どんなにキレイな髪の女性も、もしかしたら「辛く悲しい」コンプレックスを抱えているのかもしれません。

心の負担を軽くする事を考え、薄毛を克服する心を作っていきましょう。心が整うと、モチベーションが上がり、育毛にむけて頑張る事ができますよ。

 

親から、子どもへの遺伝は気にしないようにしよう


「親が薄毛だから・・・」「私の薄毛は子どもにも遺伝するのだろうか」なんて考えて悲しい気持ちになっていませんか?遺伝はないとはいえませんが、遺伝よりも環境因子の方が実は薄毛は強いと言われています。

食べ物や生活習慣を整えて、前向きに生きる事で改善される事があります。年齢に応じた女性用シャンプーや頭皮環境をコントロールする事で、遺伝に打ち勝つ事は出来ると信じる気持ちが大切です。

 

女性の多くが薄毛で悩んでいる事を知ろう


「若いのに薄毛で悩むなんて・・・」「私だけがこんなに悩んでかわいそうだわ・・・」なんて1人で悩んでいませんか?実は女性の多くが何かのタイミングで「薄毛かも!?」という衝動に駆られています。

だから安心して下さい。悩んでいるのはあなただけではありません。薄毛の商品が多く出回っている事から見ても、それは理解できます。

 

薄毛を受け入れよう


「分け目が薄くなって頭皮が見えてる」「おでこが広くなった」「子どもからハゲてきてると言われた」と言われた事を気にしていませんか?まず自分は薄毛でないとまだ思っているから心が反抗しているのです。

まず、自分自身が薄毛である事を受け入れ、「悲しい」「辛い」という気持ちがあるのならば、改善する為に行動を起こしましょう。受け入れる事で行動へ移行しやすくなっているはずです。女性の薄毛は自分で自覚する所から始まるのです。

 

カウンセリングへ行こう


「薄毛だなんて恥ずかしい」「誰かに育毛シャンプーを買う所を見られたらどうしよう」という想いが悲しさを増幅させていませんか?人の目を気にしてしまう事はダメな事ではありません。

でも、人の目のせいで、自分が本当にやりたい事が出来ないのではいけませんよね。皮膚科や美容外科では女性の薄毛治療が出来ます。多くの女性が治療して明るい未来を手に入れています。

人の目で未来を台無しにしては本も子もありません。病院でのカウンセリングは薄毛の原因はなんであるか?自分の薄毛の対策はどれがいいのかを知るためにもぜひ行くべきところです。悲しみ、悩んでいる暇はありませんよ。

 

いかがでしたか。

「薄毛なんて人に言えないわ・・・」なんて思っている女性が実は多くいるのです。成人女性の10人に1人は薄毛などの頭皮のトラブルに悩まされていると言います。自分だけと思わないで、もっと明るい毎日を過ごして下さい。

薄毛に気づいたら、まず育毛や増毛、植毛などの手段は色々あるので、対策を行いましょう。女性の薄毛対策の商品がとても多く出ているのには、多くの女性が悩んでいる背景があるのです。

家事・育児・仕事・家庭環境など様々な出来事の中で、自分で自分の為に使う時間を少し増やしましょう。悲しんだ心をリラックスタイムで温めて下さい。

 

まとめ

女性の薄毛はマジ辛いと感じた、7つの悲しいシチュエーション

・ 人と比べないようにしよう
・ 薄毛になった理由を考えよう
・ コンプレックスはみんなもっていると思うようにしよう
・ 親から、子どもへの遺伝は気にしないようにしよう
・ 女性の多くが薄毛で悩んでいる事を知ろう
・ 薄毛を受け入れよう
・ カウンセリングへ行こう