お腹周りを指摘されたら始める無理なく痩せる5つのプラン

お腹周りを指摘されたら始める無理なく痩せる5つのプラン

最近ちょっとお腹周りが太っちゃんじゃないの~、なんて指摘されて改めてまじまじと見てみたら、いつの間にかズボンの上にぷくっとお肉が乗っちゃってるという体験をされた方も多いのではないでしょうか。

自分の体と当たり前のように毎日付き合っていると、なんとなく太っちゃったなぁとは思っても決定的な差からは目を背けがち。かといってお腹周りは脂肪が付きやすく、意識して減らそうと思わなければなかなか減らない部位です。

焦ってダイエットを始めようとしても、実際は中々続かないのがお約束。でもやっぱりお腹周りのお肉は気になるし、誰だって好き好んで太っているわけではないのですから当然痩せたいですよね。今日はそんな方のために、無理なくお腹周りをシェイプする5つのプランについてお伝えします。



 

お腹周りを指摘されたら始める
無理なく痩せる5つのプラン

 

腸内環境を整えてぽっこりお腹とオサラバ!


お腹周りのお肉を落さなきゃ!と思って一番最初にやらなければならないのは急激な運動でも食事制限でもなく、腸内環境の正常化。あまり綺麗な話ではないですが、まず自分が1日にどのくらい便通しているかを改めて考えて見てみてください。

ぽっこりお腹で困っている人は、半数以上が便秘持ち。下腹部がぽこんと出ているのは、もちろん脂肪のせいもあるでしょうが、体の中の老廃物が上手く体外に排出されずに滞留しているせいもあるんですね。

食べたものが便として排出される為に必要なのはおおよそ2日。ですから毎日便通が無くても便秘とはいえませんが、1~2日に1度はきちんと便通があるように腸内環境を整え、スッキリ綺麗な状態にしましょう。

最もお手軽かつ安価に出来るのは食事にバナナやヨーグルトなどを取り入れる方法。食物繊維豊富な食事に変えるのも勿論良いですが、最初は何か一品加えることからやってみると続けやすいですよ。

 

体の歪みは心の歪み!スッキリお腹のヒケツは姿勢に有り


ダイエットといえば運動に食事制限…なんだか辛い事ばかりのように思えますが、お腹周りをスッキリさせるために必要なのは何も体重を減少させる方法だけではありません。

猫背なの体に染み付いてしまった悪い姿勢を改善すれば、驚くほど早くお腹周りのお肉を落すことが可能になるんですよ。姿勢なんてちょっとくらい悪くたって、ダイエットには何の関係もないのではないかとお疑いの方もいらっしゃるかもしれません。

しかし、実際のところ悪い姿勢を続けていると、本来使うはずの腹筋は常にダルダル状態に。体のバランスはどんどん歪んでいき、放置すればするほどお腹周りにお肉が付きやすくなってしまいます。そうならない為にも、まずは食事の間だけなど短時間から背筋をぴっと伸ばす習慣をつけましょう。

 

呼吸一つでカンタンに出来る腹筋運動にチャレンジしよう


痩せたいのは勿論お腹周りなのですから、やはりそれを中心とした運動といえば腹筋が定番。しかし、お腹周りにお肉が付いているからこそ腹筋運動を何回も続けるのは辛いし、なんだか嫌になってしまいますよね。

一々寝転んで起き上がり運動をするのも面倒。そんな時にオススメなのは、立っていても座っていても出来る腹筋運動『ドローイング』です。

やり方は簡単。鼻からゆっくり肺を膨らませるようなイメージで息を吸い、限界一杯までという所まできたら一端キープ。一拍置いてから今度はゆっくりと口から息を吐き出しましょう。

お腹に力を入れながら『もうこれ以上は吐き出せない!』というくらい息を吐き出すと、驚くほどお腹がへこんでいるはず。ドローイング式腹筋はこれを1日10回繰り返すだけ。

起き上がり腹筋のように一々場所を確保したり、辛い姿勢をとらなくても良いのはありがたいですよね。この方法ならいつでもどこでもお腹周りをシェイプできるので、少しでも時間の暇を見つけたらチャレンジしてみましょう。

 

間食がダイエットのためになるという嘘みたいなホントの話


ダイエット中、特にお腹周りのお肉を減らしたいのなら当然間食はやめるべきだと思う方がほとんどではないでしょうか。しかし驚く無かれ!程よい間食を取ることが、実はダイエットのためになるのです。

ここでポイントなのは、あくまでも『程よく』という所。何事も過ぎることは禁物。間食がダイエットの助けになるのは、食間の空腹を緩和することでドカ食いを防ぐことができるという目的の下で食べましょう。

いくら間食を我慢したからといっても、そのせいで食事の量が増えてしまったのでは元も子もありません。食事量を調節するという意識を持ち、食べるもののカロリーを考えつつ間食をするのであれば、それはお腹周りのお肉を落とす為の大いなる助けとなりますよ。

気持ちよくお腹周りのお肉を落す為にも、我慢ばかりしてストレスを溜めるのではなく、たまには自分にご褒美を上げるつもりで程よい間食しましょう。

 

生活に取り入れる有酸素運動で賢く減量していこう


お腹周りだけに気を使って集中的に鍛えるのも大切ですが、体の内側に蓄えられた内臓脂肪はそれだけでキレイサッパリなくならないものです。

美ボディのために必要なのは、なんといってもランニングやウォーキング、水泳などの有酸素運動。一昔前までは、有酸素運動は20分以上しなければ脂肪が燃焼しないなんてよく言われていましたが、それは全くの嘘。

たとえ1分だろうと10分だろうと、運動した分きちんとカロリーは消費できているというのが本当の話。ある程度長い時間続けなければ本当の意味での有酸素運動とは言えませんが、買い物や通勤の際にいつもよりも遠回りをして歩けばそれだけでウォーキングとしての効果アリ。

歩く際は特にお腹周りのお肉を意識し、オヘソの下にほんの少し力を込めると、自然と背筋が伸びて脂肪燃焼効率の良い運動になりますよ。

 

いかがでしたでしょうか。

今日お伝えした5つのプランなら、特別な費用や辛い食事制限がないので無理なくお手軽に始めることができますよね。お腹周りに付いたお肉はいつの世もダイエットをする女性にとって悩みの種。

しかし、本当は日々生活習慣をほんの少しだけ意識して変えて、積み重ねていくことでカンタンに解消できるのです。痩せる為に必要なのは、何よりも『やり続ける』という強い意思に他なりません。

5つのプランの内、どれか一つだけでもよいのでまずは継続して行っていきましょう。たまにお休みしてもよいので、無理のしない程度で長く続けていくことを忘れずに。そうすれば必ずお腹周りがスッキリし、理想の体形を作ることができますよ。

 

まとめ

お腹周りを指摘されたら始める無理なく痩せる5つのプラン

・ 腸内環境を整えてぽっこりお腹とオサラバ!
・ 体の歪みは心の歪み!スッキリお腹のヒケツは姿勢に有り
・ 呼吸一つでカンタンに出来る腹筋運動にチャレンジしよう
・ 間食がダイエットのためになるという嘘みたいなホントの話
・ 生活に取り入れる有酸素運動で賢く減量していこう