口臭がキツイ人の胃は相当やばいという9つの真実

口臭がキツイ人の胃は相当やばいという9つの真実
近年、電車内でも職場でも親しい知人と楽しい会話をしている最中でも気になる口臭の問題です。口臭は歯磨きや歯周病などだけでなく大きな原因のヒトツに「胃」の調子が良くないこともあげられます。

大人になるとストレスなどで胃にダメージを受けやすいです。胃からくる口臭はガムやキャンディーなど口臭予防では効果が期待できません。胃の働きを正常な状態に戻さなければ改善できないと言うことです。

口臭が教える胃の相当ヤバイ真実、胃の病気を説明したいと思います。



 

口臭がキツイ人の胃は
相当やばいという9つの真実

 

その1: ゲップ

ゲップはさまざまな胃の病気へ最初のシグナルと言えます。食べ物を摂取すると胃で消化されて腸へと運ばれます。逆に胃は送られてきた食べ物を口の中に戻すことがあります。これは生理現象の一つゲップになります。

ゲップは胃が何か障害を引き起こしている時に発生するという特徴があります。 しっかりと咀嚼せずに食べ物を食べたりしていると、口腔内での機能が果たされず胃で慢性的な疾患が引き起こすのです。

暴飲暴食や偏った食生活が原因で胃で食べ物を上手く消化できず老廃物やガスが溜まることで口臭が引き起こすことが胃の病気に繋がります。

 

その2: 胃炎

胃炎には2つ(急性胃炎)(慢性胃炎)とあります。暴飲暴食で薬を飲み胃の粘膜の表面がすりむいたようにただれていたり少し出血があるのが「急性胃炎」と言えます。急性胃炎は口臭もそんなに気にするほどではないです。

慢性胃炎は食欲不振や胸やけ、胃もたれが何週間も続いたりします。胃にたえず鈍痛を感じ、吐き気、吐血、全身倦怠感に襲われることがあります。急性胃炎であれば短期間で完治できるものですが慢性胃炎は非常に大変です。

 

その3: 胃潰瘍

胃潰瘍はストレスが原因で起こることが多いです。胃液中の「塩酸」や「ペプシン」により胃を保護している粘膜が消化される現代社会の代表的な病気の1つです。胃潰瘍の「潰瘍」とは、皮膚や粘膜がただれ崩れ落ちることです。

男性に多い病気ですが更年期の50代の女性にも多く見られます。近年では若い人の発症率も高くなっています。胃潰瘍は、神経質、几帳面、ストレスを貯めやすい人が多いです。

よく気がきき悩みや責任を一人で抱え込むなどの性格の人がかかりやすい病気です。

 

その4: 十二指腸潰瘍

十二指腸潰瘍になり胃液が多く出すぎで胃粘膜とのバランスが崩れると胸やけ、酸っぱいゲップなどが起こり、嘔吐、吐き気、などの症状が表れます。また食欲不振により体重が減少も症状が出ることがあります。

胸やけは胃液が食道に逆流して起こる症状で胃液が多すぎる場合に見られます。十二指腸潰瘍の治癒時や再発を長年起こしている場合など十二指腸に瘢痕(はんこん)ができて「幽門狭窄(ゆうもんきょうさく)」という病気になることがあります。

 

その5: 胃がん

胃がんでも少ないですが口臭が発生するケースがあります。胃がんの症状としてゲップが頻繁に出るといったことがあります。ゲップが頻繁に出るという症状も胃に何らかダメージの警告です。

偏食が多い、ストレスが多い、酒量が多い、ヘビースモーカー、ピロリ菌の感染、コーヒーを過剰に飲む、遺伝、などが胃がんの原因です。しかし早期の胃がんでは自覚症状がないのがほとんどです。

病状が進み、みぞおちの痛み(不快感、膨満感)、吐き気、胸やけ、貧血、げっぷ、体重減少、食欲不振など症状が現れます。とても胃潰瘍や胃炎などと似ている症状です。

 

その6: 過敏性腸症候群

近年、多い胃の病気のヒトツです。過敏性腸症候群はストレスが引き起こす胃の症状とも言えます。口臭も生臭く重い臭いを放ちます。過敏性腸症候群は便秘や下痢を数ヶ月以上の期間にわたって繰り返している人に多いです。

常に腹部不快感があります。

 

その7: 逆流性食道炎

逆流性食道炎は、食道に胃酸が逆流して食道の粘膜を傷つけることで起こる炎症です。胃を切除した人や高齢者に多いですが肥満や妊娠などでも胃酸の逆流が起こることもあります。

症状は屈んだ時に胸焼けを感じる。胸の下の方が痛い。食道がつかえる感じがする。胃酸の増加。食道を締めて胃の内容物が食道に逆流しないように働いている筋肉が様々な原因で機能低下しますので酸っぱいような臭いを伴う口臭の症状が現れます。

 

その8: 胃アトニー

あまり聞きなれない病気ですが胃アトニーの症状も口臭を伴います。胃アトニーは胃下垂が原因で胃の筋肉がたるみ胃の動きが悪くなります。症状がなければ病気ではありません。

胃アトニーなどが加わる口臭、意も垂れ、膨満感の不快な症状が現れます。胃アトニーになりやすい人は体つきの細い女性に多いです。甲状腺機能亢進症や脳下垂体不全などホルモンの病気、出産の繰り返しにより起こることもあります。

 

その9: 胃拡張 

胃拡張などは消化不良をおこします。当然に飲食物が胃の中での停滞し異常発酵が起こりますので悪臭の持つ食物を食べた時と同じ経過をたどって口臭として症状がでます。

口臭は卵の腐ったようなニオイがするのが特徴です胃拡張とは、胃の内容物が十二指腸へ移動できない排出障害によって胃が異常に大きくなる状態です。症状は上腹部に張った感じです。

嘔吐しますと数時間前に食べたものが混じっていたりします。

 

いかかでしたか?

胃の病気で口臭がある場合はや十二指腸に食べ物が通るのを妨げる病気が多いです。食物が停滞して、その部分に菌が繁殖したり発酵したりして口臭を放つようになります。

口臭は人に不快感を与えるだけでなく自分自身の病気を教えてくれるものです。胃からくる口臭は多々ありますが、病気の口臭はデンタルケア商品では治りませんのでマメに歯磨きをしても口臭ケアをしても臭いが消えない場合は要注意です。

 

まとめ

口臭がキツイ人の胃は相当やばいという9つの真実

その1: ゲップ
その2: 胃炎
その3: 胃潰瘍
その4: 十二指腸潰瘍
その5: 胃がん
その6: 過敏性腸症候群
その7: 逆流性食道炎
その8: 胃アトニー
その9: 胃拡張