赤ちゃんの口臭をチェックして、病を未然に防ぐ9つの方法

赤ちゃんの口臭をチェックして、病を未然に防ぐ9つの方法
赤ちゃんの口臭が気になるってお母さん、結構いらっしゃるかと思いますが、一般的には赤ちゃんの口臭から原因につながる大きな病というのはあまり存在していないそうです。

しかしこうした赤ちゃんの口臭問題の中でも風邪によるものが原因で引き起こされる場合がごくまれにあるそうです。

その中でも原因の発端になると言われている症状が、扁桃腺や蓄膿症といった赤ちゃんに限らず子供も多くに見られやすい口臭の原因といった問題です。

この場合には早めの治療がやはり必要になって来ます。そこで今日は、赤ちゃんの口臭をチェックして病の悪化・問題に発展しないよう未然に防ぐ簡単な方法についてお話したいと思います。



 

赤ちゃんの口臭をチェックして、
病を未然に防ぐ9つの方法

 

その1: ガーゼを使ってお口を拭こう

赤ちゃんの口臭から大きな病につながるといった原因があまり少ないと言われているにせよ、お口の中を常に清潔に保ってあげることは、本当に大切な要素です。

ましてや、赤ちゃんの場合、自ら自分のお口をお手入れ出来ないわけですから、朝・昼・夜ってチェックしたりきれいにしてあげることは良いことだそうです。

ミルクをまだ飲んでいらっしゃる赤ちゃんの場合でしたら、ミルクを飲んだ後に、水で湿らせた清潔なガーゼ等で、お口の中を拭いてあげると良いそうです。

歯が生えてきている部分がありましたら、そこの部分も中心的に優しく拭き取ってあげると良いかもしれません。

 

その2: 丁寧な歯磨き

歯がある程度生えてきてきている状態でしたら、就寝前などはしっかりと特にお母さんが歯磨きを行ってあげる必要があります。

なぜなら、菌などの増殖は寝ている時に増えることが多く、寝る前のお休みケアで菌の繁殖する量をある程度抑えることが出来るそうなんです。

といっても、赤ちゃんなどの場合は特に、歯ブラシを嫌がる子が多いのではないでしょうか?お口の中に何かを入れられ、それをじっと開けたままでいるというのは赤ちゃんや幼児にとっては相当の集中力が必要になって来ます。

中々大きく開けてくれない時など、お手入れが難しいこともあるかと思いますが、そんな時は無理やり行うのではなくまずはお口に触れられることに慣らしていくことから始められると良いかと思います。

無理やりに行ってしまいますと、歯磨きを嫌がるようになってしまい、お口に触れただけで泣き出すなんてこともあるかもしれません。

そうなっては逆効果で、これから先の歯磨きにも大きく影響を及ぼしてしまいますので、無理やりな歯磨きは行わないようにして、ゆっくり慣らすことから始められると良いかもしれません。

ただ、臭いが気になるからといって、赤ちゃんに歯磨き剤や歯磨きジェルなどを使って歯を磨くことは必要ないそうです。優しく歯茎などを傷めないように磨いてあげることが大切だです。

お昼頃などは、食事を終えた後でも歯ブラシに慣らす為に、仕上げ磨きとして歯ブラシを行うのも良いそうです。

上手く磨けなかったとしても、赤ちゃんが歯ブラシを噛むことで唾液の分泌量が増えるので、口臭の原因であるお口乾燥の予防にもつながるそうです。

 

その3: ミュータンス菌に注意

生まれたばかりの赤ちゃんのほとんどが、この虫歯の原因になると言われているミュータンス菌と呼ばれる菌をみんな持っていません。

しかし、歯が生え出してから虫歯になるといったケースがあるそうです。その要因としては、お母さんの歯ブラシの仕方が悪いといったことが原因になるわけではないそうです。

このミュータンス菌を持っている親など、家族のスプーンなど唾液がついた物で赤ちゃんに口移しを行うといった行為がミュータンス菌を移してしまう原因になるそうなんです。

このミュータンス菌は、大人になるとほとんどの人の口の中には生息している場合が多く、糖質から酸をお口の中に作り出し歯を溶かしてしまう働きがこの菌にはあり、一度出来てしまうと中々歯ブラシだけでは取り除けないのも実情にありますので、可愛いからといって赤ちゃんに自分の口(唾液がついた)スプーンからスープや食べ物を与えたり、自分の口でこまかく噛みちぎった食べ物を与えるといった行為はなるべく避けた方が良いそうです。

虫歯からさまざまな病気の原因を引き起こすこともありますので、小さなことから気をつけて未然に防いでいきましょう。

 

その4: 鼻ずまりに気をつけよう

赤ちゃんは鼻がつまってしまうと、口呼吸をするそうです。しかし口呼吸を行うことで、ばい菌がお口の中に繁殖しやすい環境をつくってしまう原因につながりますので、なるべく口呼吸はさせないようにしたいものです。

ただこの場合には、風邪などのウィルスによって鼻などがつまり口呼吸をしているといった場合もありますので、風邪などをひいていないかなど、体調の変化をなるべくまめに確認することも大切です。

赤ちゃんの場合、まだ免疫力(抵抗力)といった力があまり備わっていません。お母さんからの母乳などを摂取することで、ちょっとの病気には負けない強い免疫力をつくりだすと言われております。

しかしこれが不十分な状態ですと、病気にかかりやすくなることも多いそうです。

よく母乳をすぐ飲まなくなり、お粉のミルクに切り替えてしまう母親がいらっしゃいますが、なるべくなら母乳を割ってでも薄めてでも、母乳を与える方が良いそうです。

母親の母乳には、将来大人になる時にも大きく健康に関わる免疫力の問題が出て来るそうです。

赤ちゃんの時にしっかりと母乳をとれていた大人ととれていなかった大人とでは、抵抗力も大きく違い、病気にすぐかかる人、かからない人との差も出てくるそうです。

抵抗力の強い赤ちゃんにする為にも、まずは口臭から風邪の原因を生む問題もありますので、きちんと診てもらうようにすると良いかと思います。そして母乳もしっかりと与えるようにして下さい。

 

その5: 唾液量の分泌

唾液量が減ってしまうと、口臭が出やすくなると言われているそうです。特に寝て起きた後の口臭を、起床時口臭と呼ばれるものがあるそうなんですが、赤ちゃんに限らず大人も子供もみんなこういった現象による口臭は同じに表れます。

特に睡眠中は唾液量と言うのが大きく減少傾向にあり、その結果お口の中が乾燥してしまい口臭といった嫌な形で表れますが、ここで注意しなければならないのが、赤ちゃんの場合発熱や風邪に似た症状などが出ていないか?ということ。

赤ちゃんの場合、この口臭がさらに強くなってしまいますと、扁桃腺炎や蓄膿症といった病を引き起こす原因につながってしまいますので、発熱症状があるかなど、風邪に似た症状が出ている段階での口臭があるといった場合には、小児科や耳鼻咽喉科などを受診されると良いかと思います。

そもそも唾液には、食べ物の消化を助ける働きがある他、食べ物をよく噛む事で、血液中の血糖値を高め、食べ過ぎなどの防止につながったりもする働きがあるそうです。

食べかすを洗い流し口を清潔に保つ洗浄効果もあるそうなので、この唾液分泌が減少するということは、それらがなくなる・減少する傾向になるのと同じです。

唾液はそれだけに必要な働きを担っている部分がありますので、赤ちゃんのお口の中が乾かないように常に気を付けることも大切です。

 

その6: おしゃぶりに注目

よく不衛生だから、歯並びに大きな影響が出るからと言って、早いうちからおしゃぶりを取ってしまう母親が多く目に付くことが多いのですが、おしゃぶりには、口内の筋肉を鍛える効果がある他、舌などの発達にはかかせない運動効果もあるそうです。

しかも口呼吸ではなく鼻呼吸を行うという大切な記憶を赤ちゃんに覚えさせる良い機会になったりもしますので、一概におしゃぶりをダメ!っと決め付けて取ってしまうのも問題かと思います。

もちろん、長期にわたってのおしゃぶりは、ないと泣き出し癖をつくってしまったり、指しゃぼりの原因や伸びてくる歯並びの原因にも大きく関わるといった問題も少なからずありますが、そこは時期やタイミングを母親が考えて行えば良いのではないかと思います。

物にはそれぞれ意味や役割があり、おしゃぶりにはおしゃぶりの役割があるんだと思います。

赤ちゃんはよく好奇心から物を噛んだりしますが、噛むことはお口の発達や口臭予防にもつながりますのでぜひ行うようにしてみて下さい。

 

その7: 水分不足とヨダレ

唾液同様で、お口の乾燥による口臭を予防する為には、まず水分を補うことも大切です。

赤ちゃんの場合はミルクやお水も、歯が生えて来た段階ならば食後に白湯やお茶を飲ませるなどして、お口の中の汚れをキレイに洗い流して水分で潤すことも大切です水分でお口や喉を潤すことによって、お口のネバネバが軽減され、喉もすっきりとした状態でいられますので口呼吸防止にもいちやくかってくれるのではないでしょうか。

そして赤ちゃんに一番多い問題のヨダレ!これも口臭発生の原因の一つではないかと言われております。

特に生後3~5ヶ月頃ぐらいになると、このヨダレが大量に出始めるそうです。このぐらいの時期になったら、こまめにヨダレを拭き取ってあげるようにすると良いそうです。

 

その8: お部屋の換気

お部屋の換気はとっても大切です。赤ちゃんの口呼吸の原因には風邪などが原因で鼻がつまり、口呼吸になってしまう場合もありますが、中にはお部屋の空気が重く、循環が悪い為に埃が多くたまってしまって、その結果鼻がつまって口呼吸をしてしまうといった場合もあるそうです。

空気はこまめに入れ替えるように心がけ、赤ちゃんが鼻をつまらせないよう、お部屋の空気をキレイに保つ環境をつくることも大切ではないでしょうか。

しかしここで気をつけてほしいのが、冬場の空気の入れ替えです。寒いお部屋に赤ちゃんだけを残して換気だけするといったうっかりなことだけは、決してしてはいけません。

赤ちゃんが風邪を引く原因になってしまいます。空気を入れ替える際には、必ず赤ちゃんも母親と一緒に冬場なら温かいお部屋に移動してから換気をするようにしましょう。

 

その9: 舌苔の汚れ

赤ちゃんの口臭の原因の一つに、舌苔の汚れといった問題もあるそうです。調度、生後3~5ヶ月頃になりますと、赤ちゃんの食事もだんだん離乳食に変わって行きますので、食べカスや菌などが舌に付着して舌苔が汚れていくようになります。

なので、食後などは、上記でもあげました清潔なガーゼなどを 使用して、舌苔や歯などをキレイに拭くと良いそうです。

この時、あまり神経質になって強くこすって拭いたりはしないように注意して下さい。拭くだけでも大分汚れは取れ、口臭の発生も軽減することが出来るそうです。

抗菌作用のある赤ちゃんにも使えるガーゼなどがあれば、そういった物を使用してお口をキレイにするのも効果的かもしれません。

 

いかがだったでしょうか?

赤ちゃんの口臭は大人や子供の口臭と違って、大きな大病に発展する問題は比較的に少ないと思いますが、口臭の原因が風邪などの症状から来ているといった場合には、悪化せてしまうと結果的に免疫力・抵抗力の弱い赤ちゃんだからこそ大病に発展する危険性もあるのかなってきがします。

しかしこうした口臭は、普段からの赤ちゃんの体調管理をしっかり行い、基本的な歯磨き、お口の乾燥を防ぐ為に水分を補ったりと出来ることで軽減させることは十分可能なようです。

ある程度の口臭自体は、やはり仕方がない部分もあるかと思われます。あまり神経質になりすぎてしまい歯が生え始めた途端に磨きすぎてしまっても、知覚過敏の原因になることもありますので、程ほどが大切かもしれません。

それでも、口臭がとんでもなく酷い悪臭だと思う時は、一度病院など専門のところで診てもらうことをおススメ致します。この記事がどうかみなさんのお役に立てることを願っております。

 

まとめ

赤ちゃんの口臭をチェックして、病を未然に防ぐ9つの方法

その1: ガーゼを使ってお口を拭こう
その2: 丁寧な歯磨き
その3: ミュータンス菌に注意
その4: 鼻ずまりに気をつけよう
その5: 唾液量の分泌
その6: おしゃぶりに注目
その7: 水分不足とヨダレ
その8: お部屋の換気
その9: 舌苔の汚れ