痩せる食べ物に共通する栄養素と3つの摂りたい食材とは

痩せる食べ物に共通する栄養素と3つの摂りたい食材とは
世の中に『痩せる食べ物』なんていう夢の様なアイテムがあるのなら、是非積極的に食生活に摂り入れてみたいものですよね。摂取すれば痩せる効果を発揮してくれる食べ物、そんな食べ物に共通するものとはいったいどのようなものなのでしょうか。

痩せる食べ物とは、つまり、その食材が持つ栄養素の力がヒトを痩せさせるメカニズムに働きかけてくれる食べ物であるということ。では痩せる為にはどんな栄養素が必要なのか、そこから考えていく必要がありそうです。

例えば、効果的にカロリー燃焼させてくれる栄養素や、カラダにとって不要な脂肪を確実に排出してくれる栄養素がそうだと言えるでしょう。そこで今回は、そんな痩せる食べ物と言われる3つの食材と積極的に摂りたい栄養素についてお伝えします。



 

痩せる食べ物に共通する栄養素と
3つの摂りたい食材とは

 

穀類など食物繊維とビタミンB1、ミネラルの宝庫


最近流行ったダイエットで真っ先に頭に浮かぶのが『炭水化物抜きダイエット』、つまり白米を始めとする穀物類を徹底的に抜くというものですよね。こう見ると、穀類はダイエット中にはNGアイテムという印象です。

しかし、本当にそうなのでしょうか?穀類は種類を選べば、実は痩せる食べ物としてダイエットに向いている食材なのです。

特に『玄米・ 胚芽米・ 蕎麦・ 全粒小麦』などの精製されていない全粒穀類などを含めた穀類はダイエット中でも積極的に摂りたい食材と言えます。

その最大の理由は消化されるスピードがとても遅いという点です。つまり腹持ちが良いので無駄な栄養…つまり空腹による間食など過剰摂取を避けられるという利点もそのひとつですね。

そのほか、穀物の中でもこれらの食材は特に『食物繊維』『ビタミンB1』『ミネラル』などの栄養素がタップリ含まれているので健康的なダイエットには最適なのです。

特に食物繊維が豊富ということは血糖値の急激な上昇を抑えたり、水溶性食物繊維がゲル化すると余分な脂肪などを吸着し体外に排出する働きをしてくれます。

また、穀物は胃の中で水分を含みよく膨れるため食べ過ぎ防止になり、善玉菌を増やして腸内環境を整えお通じをよくしてくれます。つまり食物繊維を含む食材は痩せる食べ物なのです。

 

生姜など最強の燃焼系


カラダを温めるって実は良いことだらけだってご存知ですか?日常生活の中でごく普通に行う動作でカロリー消費…そんな効果的カロリー消費活動に深く関わっているのが『基礎代謝』です。

つまり効果的にカロリーを消費したいのなら、その代謝を上げれば良いのです。そして、そのポイントになるのが体温を上げること

そこでカラダが温まる食材=痩せる食べ物といえば『生姜』! 最も取り入れやすく身近で、更に使い勝手が良い『生姜』。

古来から風邪薬や漢方薬としても知られていて、現在でもその薬効がますます注目され、なんと漢方薬の約5割に生姜が使われているというのですから驚きですね。

生姜の薬効成分は、ジンゲロール・ジンゲロン・ショウガオール・ジンギベレン・ジンギベロール、ルチン・アントシアニンなどのファイトケミカルなどあげたらキリがありません。

主な作用として体を温めて冷えを改善し、消化吸収を高める、脂肪の燃焼を促進などの作用が痩せる食べ物の要素なのです。

その他、解毒作用や消炎・鎮痛効果、抗酸化作用、抗菌・抗ウイルス・免疫力アップ、咳や吐き気を抑えるなど健康面でもパワーを発揮します。

一般的には、1日8~10g(すりおろし小さじ2前後)を目安で適量を摂取すれば様々な効果が期待できる痩せる食べ物『生姜』。

より効果的な摂取方法は熱を加えること。生姜は30℃超えで辛み成分ジンゲロールがショウガオールに変化します。

ショウガオールは発汗作用を促し体内で生み出すエネルギーを増やす効果があり、すぐに体がポカポカ温まってきます。

また、すりおろすと酵素の働きも加わりより効果的に栄養摂取できます。繊維に逆らい千切りにしたり、みじん切りにして香りを楽しんだり、料理に合うスタイルで摂り入れましょう。

手軽なのは『生姜紅茶』。生姜の発熱効果は食後約3時間。ティーカップに生姜のすりおろしを少々入れ沸かしたてのお湯で作った紅茶を注ぐだけ。

更に生より乾燥生姜の方が身体を温める効果は優れています。その理由は乾燥生姜の場合、ジンゲロールの一部がカラダの深部の熱を作りだすショウガオールに変わり深部と末梢の両方を温めてくれます。

生姜を薄くスライスし、風邪通しの良い場所で一週間ほど天日干しをして乾燥させれば『干し生姜』が出来ますので常備しておくことをオススメします。

生姜の栄養素を無駄なく摂取するポイントは『皮』にあり!実は生姜の栄養素は皮にほぼ7割含まれていますので皮ごと使用するのが大切なのです。

 

アボカドなど不飽和脂肪酸を含む食材


「効果的に体脂肪を落とす」ことに効果を発揮する痩せる食べ物、アボカド。そのアボカドに豊富に含まれる不和脂肪酸は良質な油で、血液中のコレステロールを抑え、血液をサラサラにして代謝を上げます。

また、L-カルニチンやビタミンB群、ビタミンEも脂肪の燃焼効果を高め、食物繊維は整腸作用、カリウムは体の余分な塩分を排出してむくみの解消に役立ちます。

 

いかがですか。以上が痩せる食べ物に共通する栄養素と3つの摂りたい食材です。おそらく今回ご紹介した内容については意外に感じられる方も少なくないでしょう。確かに従来のダイエットといえばこれらはどちらかと言えばタブーになっていたものばかりです。

しかし、実際にきちんとした理由があってのことですから是非一度お試し下さい。そもそも栄養を摂取しなければ痩せると言う考え方はありますが、それは健康上、とても危険な行為であることは間違いありませんよね。

本当の美しさとは、健康的にキレイに痩せなければ意味はないのです。そこで大事なのが痩せる為に効果的な栄養素を摂取する事。是非、これら3つの食材をバランスよく摂ってほんとの『美』を手に入れましょう。

 

まとめ

痩せる栄養素が入った食材とは

・穀類など食物繊維とビタミンB1、ミネラルの宝庫
・生姜など最強の燃焼系
・アボカドなど不飽和脂肪酸を含む食材