痩せる食べ物と生活習慣の見直しであと3キロ痩せる方法

痩せる食べ物と生活習慣の見直しであと3キロ痩せる方法
「痩せる食べ物」というと少々語弊がありますが、ダイエット効果を手助けしてくれる食べ物はたくさんあります。ダイエット中に食べるなら、そんな便利な食べ物を優先的に取り入れたいですよね。

この世に食べるだけで痩せる食べ物はまず存在しませんが、お通じを良くしたり、脂肪の燃焼を促すような食べ物ならば身近なところにあるものです。これらの食べ物を積極的に摂りながら運動や食事制限をすることで、ダイエットをスムーズにすることが可能です。

また、食生活と同時に、生活習慣を見直すことでより高いダイエット効果が見込めることはご存知でしょうか。だらしない生活を送っていれば、どんな厳しい食事制限をしていても効果の出方はいまいちです。

そこで今回は、痩せる食べ物と生活習慣の見直しで、今より3キロは痩せられる方法についてお伝えします。



 

痩せる食べ物と生活習慣の見直しで
あと3キロ痩せる方法

 

食物繊維豊富な食べ物を摂り、毎日のトイレ習慣を付けよう


痩せる食べ物の代表格と言えば、やはりゴボウやこんにゃくなどの食物繊維が豊富な食べ物の数々ですよね。食物繊維の不足は便秘を招き、お腹周りに脂肪が付く原因となってしまいますし、便そのものがお腹の張りの原因となり、ポッコリお腹を作り出します。

食物繊維の多さで知られているのは、前述のゴボウやこんにゃくの他、アーモンドなどのナッツ類、オールブランなどのシリアル類、近年流行中のチアシードなどがあります。これらを積極的に摂ること便の嵩が増して便通が良くなり、お腹周りがすっきりしてきます。

でも、これらが痩せる食べ物だからと、食べることだけを意識するのでは足りません。食物繊維で便の量が増えても、ちゃんと出す習慣が無ければ意味が無いからです。

毎日ちゃんと排便するためには、便意が無くても決まった時間にトイレに座る習慣を付けることが大切です。また、外出先で便意を催した時は、我慢せずに近場のトイレに駆け込みましょう。便意を我慢しすぎると直腸が正しく動かなくなり、せっかく食物繊維を摂っても便秘しやすくなります。

 

夜にトマトを食べて良質な睡眠を取ろう


「夜トマトダイエット」というものをご存知でしょうか。夜に決まった量のトマトを食べるだけで就寝後に成長ホルモンが分泌され、基礎代謝を上げて痩せやすい身体を作るというものです。このトマトこそ、痩せる食べ物と言えますね。

方法は、トマトを2個、ミニトマトなら17個を食べるだけ。トマトジュース小さな缶4本で代用もできます。これらの他は、何を食べても良いとされています。

そして就寝するだけで成長ホルモンが分泌されて痩せやすい身体を作れるという流れのダイエット法なのですが、ここで眠り方をおろそかにすると、せっかく頑張って食べたトマトの効果が台無しになります。成長ホルモンは、就寝してすぐに訪れる深い眠りの時に多く分泌されるため、浅い眠りが続くようだと夜トマトダイエットの効果が出ません

ですから、眠りを深くするための工夫をすることをおすすめします。例えば、食べてから就寝まで3時間は空ける、騒音やまぶしさが無いように寝室環境を良くする、深酒や寝る前のカフェインを避けるなど。痩せる食べ物を食べるなら、その効果が最大限に発揮できるように配慮するのがダイエット効果の出方に違いを生むのです。

 

コーヒーを飲んで有酸素運動をしよう


コーヒーを始めとするカフェイン飲料は、交感神経を刺激して日常的に消費するカロリーを上昇させます。また、コーヒーに限ったことですが、含まれるクロロゲン酸という成分は血糖値の上昇を抑えたり、脂肪の蓄積を抑える効果があることがわかっています

これらのことから、ダイエット中はコーヒーを取り入れると良いとされています。コーヒーは痩せる食べ物というよりも痩せる飲み物に該当しますが、せっかく食べ物に着目したダイエットをしているのなら欠かすことはできません。

でも、ただ適当にコーヒーを飲むよりも効果的な方法があります。それは、有酸素運動をする前に飲むこと

コーヒーを飲んで15~20分おいて有酸素運動をすると、脂肪の燃焼効率が良くなるからです。このとき飲むコーヒーは、砂糖もミルクも入れないブラックで飲むようにしましょう。

この後に行う有酸素運動は好みのもので構いませんが、最低でも1時間以上は行いましょう。できれば朝食前にコーヒー+有酸素運動を行うと、カフェインの覚醒効果が就寝時に響きません

 

いかがでしたか。ダイエット中に是非食べたい痩せる食べ物(飲み物も)3種類と、その食べ物の効果をより高く発揮するために見直したい生活習慣についてご説明しました。

この痩せる食べ物と生活習慣の改善を行えば、普通にダイエットをするよりも3キロくらいは結果に差が出るはずです。それくらい、食材選びと生活習慣はダイエットにおいて重要なポイントなのです。

ただストイックに筋トレしたりカロリー制限をするだけでも痩せられないことはありませんが、どうせダイエットするなら、よりスピーディーに、そして無駄なく行いたいですよね。ここでご紹介した痩せる食べ物を積極的に取り入れて、周りのみんなに差をつけるダイエットをしてみませんか。

まとめ

痩せる食べ物と生活習慣の見直しで痩せる方法は

・食物繊維豊富な食べ物を摂り、毎日のトイレ習慣を付けよう
・夜にトマトを食べて良質な睡眠を取ろう
・コーヒーを飲んで有酸素運動をしよう