痩せたいなら知っておくべき、効率的に脂肪を落とす9つのポイント

痩せたいなら知っておくべき、効率的に脂肪を落とす9つのポイント
痩せたい、この醜い体から一刻も早く脱出したいと思っている方はこの世の中にたくさんいます。しかし、そんな考えとは裏腹になかなか脱出する事が出来なくて困っている方をよく聞きます。

私も昔から太りやすく、そんな考えを毎日のように考えていました。しかし、現実はあまくありません、なかなか醜い体から脱出する事が出来ずに歳をとり、ある程度の年齢になってくると自分自身で諦めと言う文字が浮かんでくるようになりました。

もう歳だし今から頑張ってもなぁ、見た目が悪くても人生楽しく生きていけるはず。など、色々な形で自分を正当化しようとしていました。そんな時、友人からの勧めで教えてもらったダイエット法を試す事になり、体に劇的な変化が現れました。

それが嬉しくて嬉しくて、他にも色々調べて試してみた結果、自分の人生が今までよりもっと華やかになる体を手に入れる事が出来ました。今回は皆さんにもこの効率的に脂肪を落とす9つのポイントをお教えしたいと思います。



 

痩せたいなら知っておくべき、
効率的に脂肪を落とす9つのポイント

 

その1: 筋力トレーニングをしよう

筋肉は体にとってとても重要な役割をしています。筋肉量が多ければ多いいほど同じ動作をしても消費する基礎代謝が増えていきます、つまり筋肉量が多い人ほど消費する脂肪が多く落ちやすいと言う事です。

筋肉が太くなりたくない、ゴツイ体は嫌だと言う方は、重いものを少ない回数をこなすのではなく、軽いものを多い回数すると引き締まった綺麗なボディーラインを作る事が出来ます。

 

その2: 水をたくさん飲もう

水も体にとってとても重要なものです。先ほどその1でお話した筋力トレーニング、これにも水がとても重要な働きをしています。水には体内の細胞を活発かさせる役割もしています。

なので筋力トレーニングをしている最中やウォーキングをしている時に飲めば脂肪を燃焼しやすくなるのです。しかも水はカロリー0なのでたくさん飲んでも脂肪になる事はありません。大体体重1キロに対して30mlを目安に飲むようにしましょう。

 

その3: 入浴で効率的に脂肪を落とそう

脂肪を効率的に落とすのに入浴は欠かせません、入浴する事で体が温まり血行が良くなって新陳代謝を上げる事が出来るからです。特に女性は冷え性の方が多いので血行が悪くなっている方が多いです。

でもどういった入浴方法が良いのか分からないと思います、今回は一番体に優しくなおかつ血行が良くなる入浴方法をお教えします。まず38度~40度のぬるま湯に設定し、約30分ぐらい入浴します、この時一番いいのは半身浴です。

半身浴は体にかかる負担が少ないので比較的長時間入っていられます。これなら、のぼせやすい方でも問題なく入浴出来ると思います。

 

その4: 睡眠を十分とって脂肪を落とそう

睡眠が体脂肪を減らすのに重要だと考えている人は少ないでしょう。まず始めにレプチンとグレリンと呼ばれる物質がありますこのレプチンは食欲減退、そして体脂肪を減少させる機能があります。

一方グレリンと言う物質にはそのレプチンの反対の機能があるのです。このレプチンとグレリンは睡眠時間の長さや睡眠の浅さで変わります。睡眠時間が長く、睡眠が深い人はレプチンが、睡眠時間が短く、睡眠が浅い人にはグレリンが多くなるのです。

したがって睡眠をしっかり摂れば体は自然と体脂肪を落としやすい体になる事が出来るのです。

 

その5: 炭水化物を減らして脂肪を落とそう

炭水化物は一日に必要なエネルギーの約半分ぐらいの摂取を担っています。その炭水化物を減らす事でカロリーを抑え脂質を消費すると言う方法です。

しかし、炭水化物を急激に減らしてしまっては体調不良の原因になってしまうので、徐々に減らしていくようにしましょう。代表的な炭水化物はご飯、パン、麺類、イモ類、などがあります。

ほとんどが主食なので難しいとは思いますがその見返りはなかなかのものなので少しずつでも減らしていく意識を持つようにしましょう。

 

その6: 時間帯を考えた運動で効率的に脂肪を落とそう

運動と言ってもさまざまですがここでは定番のウォーキングにしておきます。脂肪が一番燃えやすいのは低血糖の時だといわれています。一日の中で一番低血糖なのは朝起きた時です、しかし、朝起きてすぐは体が完全に起きた状態ではないのであまりお勧め出来ません。

食事の後は摂取したカロリーを消費しようとして脂肪を燃焼しにくくなるのであまり効果がありません。一番いい時間帯は食後約3時間後ぐらいの空腹でもなく満腹でもない時間帯です。

この時間帯であればある程度のエネルギーがあり、なおかつ脂肪の燃焼に期待できます。無理をして空腹時にすると貧血を起こしたり悪い時には心臓麻痺などが起こる可能性があるので、無理の無い運動を心がけましょう。

 

その7: ドローイングで脂肪を落とす

ドローイングは体幹トレーニングの基本となる筋トレです。見た目に変化はわかりませんが、これをすると基礎代謝が抜群に上がります。今回はその中の1つを紹介します。

まずうつ伏せになり、両肘と爪先を床につきます。そして腹筋と背筋に力を入れて、からだを浮かせましょう。この状態を始めは10秒ぐらいから始めて、徐々に時間を増やしていきましょう。

力の入れる場所が分かればこの運動をしなくてもその場所に力を入れる事が出来ます、そうすれば歩いていても立っているだけでも基礎代謝が上がる運動が出来るのです。

 

その8: 食事回数を増やしてみよう

食事回数を増やすと太るのでは?と思っていませんか?実はその反対なのです。大体の方はダイエットをする際、食事回数を減らしているのが多いですが、食事回数を減らすと逆に体は栄養が欲しくて欲しくてたまらなくなり、食事の際に出来るだけ栄養素を取り入れようとします。

又、栄養素が不足する事を考え、余分な栄養も蓄えるようになってしまうのです。そこで食事回数を増やし栄養を体に定期的に送るようにすると、体の消費カロリーが増え、脂肪を蓄えにくい体に変化させる事が出来るのです。

ただ食べ過ぎは意味がありません。一日の摂取カロリーを決めてそれを5分割に食べるようにしましょう。

 

その9: 有酸素運動をしよう

有酸素運動とは、運動強度の低いものを言います。特にウォーキングや軽いジョギングなどを言います。息があまり苦しくならない程度の運動をすることで、新鮮な酸素を筋肉に届ける事が出来やすく、酸素を使って体脂肪を燃やす事が出来ます。

逆に息がきつくなる位だと脂肪ではなく、糖質が消費されます。効率的に脂肪を落とすには、楽に長時間続ける運動をすることが重要です。

 

いかがでしたか?

誰もが痩せたいと言う願望を持ってダイエットをしていますが、全員が成功するならばこの世に太っている人はいないはずですよね?しかし、この世の中には肥満に悩む方がたくさんいます。

その一方でダイエットに成功し新しい自分に出会えた方もたくさんいます。この違いは一体なんなのか、それは挫折です。なかなか続かないダイエット無理をした挙句リバウンドしてしまった体、みなさんはすぐに結果が見えないとなかなかやる気が続かないのです。

そこで今回の効率的に脂肪を落とす9つのポイントは皆さんが今までやってきた、効果があまり実感出来なかったダイエットを実感出来るダイエットに変えてしまう方法です。

みるみるうちに効果が実感出来ればやり続ける事が出来るはずです。これを読んで、成功し新しい自分に出会えた方々の仲間入りを果たしましょう。

 

まとめ

痩せたいなら知っておくべき、効率的に脂肪を落とす9つのポイント

その1: 筋力トレーニングをしよう
その2: 水をたくさん飲もう
その3: 入浴で効率的に脂肪を落とそう
その4: 睡眠を十分とって脂肪を落とそう
その5: 炭水化物を減らして脂肪を落とそう
その6: 時間帯を考えた運動で効率的に脂肪を落とそう
その7: ドローイングで脂肪を落とす
その8: 食事回数を増やしてみよう
その9: 有酸素運動をしよう