痩せたい人に朗報!短期間で痩せる4つの秘策

痩せたい人に朗報!短期間で痩せる4つの秘策
ダイエットをしたい人なら誰だって短期間で痩せたいと思いますよね。でも、運動で短期間で痩せたいのであれば、トップアスリートのような運動量が必要になりそうで、現実的ではありません。短期間で痩せたいといっても、ボクサーのような激しい減量生活を送ることは一般人にはまず無理です。

トップアスリートの人たちは、試合のためのベストコンディションを作るという明確な目的がありますし、通常の生活をサポートしてくれるスタッフがいるので頑張れますが普通の人はそこまではできませんよね。

では、一般の人ができるだけ短期間で集中して、通常の生活をしながら、ダイエットできてしまう方法はあるのでしょうか。そこで今回は、短期間で痩せる方法についてお伝えします。



 

痩せたい人に朗報!
短期間で痩せる4つの秘策

 

糖質を制限するダイエット


短期間で痩せたいという人は、すぐに体重に変化が見られる糖質を制限するダイエットにトライしてみてください。糖質制限ダイエットのポイントは、高タンパク低糖質の食事にするところにあります。

糖質制限ダイエットでは、まずは、ごはん、パン、うどん、ラーメンなどの炭水化物を避けなければいけません。さらに、砂糖を使ったもの、フルーツも控えます。また、野菜類にも制限があり、ジャガイモやトウモロコシ、人参などの糖質が多い野菜もNGとなるので、心してください。

糖質制限ダイエットを上手に行うコツは、はじめのうちは、3食のうち、1~2食を糖質を制限することです。あるいは、炭水化物をこれまでの半分、3分の1にするなど、無理のない範囲で取りかかりましょう。

1日の糖質量を100~180gを目安にするだけでも、短期間で体重に変化が見られます。糖質制限ダイエットは、推奨する人によって方法に違いが見られますが、共通しているのは、糖質を抑えて、たんぱく質と脂質を十分に摂取すること。

短期間で痩せたい人は、とりあえず、2週間、糖質を制限するダイエットを頑張ってみてください。

 

午後6時以降食べないダイエット夜間ファスティングダイエット


午後6時以降食べないダイエットは、夜間ファスティングダイエットと呼ばれることもあります。食べないダイエットで頑張れる人は、わかりやすいということもあって挑戦しやすいもの。ぜひ、「短期間で痩せたい」を実現してください。

ルールは、午後6時以降は食べないというだけです。食事制限をするのではなく、食べる時間帯を変えるだけのダイエット方法と言ってもいいでしょう。午後6時までは、通常通りに食べてもOKなのです。

さらに、成功率を高めて、確実に痩せたい人は、朝食と昼食は普段通りに食べて、夕食は、「炭水化物を控える」「カロリーを抑える」「野菜中心にする」というルールをプラスしてください。ペースをつかめたら、太らない体質に変われますよ。

 

肉は食べてもOK!炭水化物抜きダイエット


肉が食べられるなら、白いごはんは抜いても平気な人は、炭水化物抜きダイエットがおすすめ。炭水化物抜きダイエットの基本ルールは、パン、ごはん、麺類、イモ類、アルコールやカフェインはいっさい禁止となります。

また、朝食は、ダイエットに有効なグレープフルーツとヨーグルト以外は食べられません。昼食と夕食は、シンプルな味つけでという条件付ですが、肉も魚もOKです。イモ類以外の野菜はどれだけ食べてもOKなので、たくさん摂るようにしましょう。

このルールを1週間守れば、3キロ~5キロは確実に体重が落ちます。肉、魚のたんぱく質をしっかりと食べれば、筋肉が落ちにくくなって、リバウンドの心配もありません。短期間で痩せたい人は、2週間集中して頑張ってください。

 

置き換えダイエット食品を利用する


短期間で痩せたい思いを叶えられるなら、少々のコストは惜しまない!という人は、置き換えダイエット食品を利用してみましょう。シェイクドリンクタイプ、酵素ドリンクタイプ、グリーンスムージータイプ、ミールタイプ、お菓子タイプなど、バリエーションも豊富です。

栄養士が監修していたり、メーカーの開発者が手がけたダイエットのための食品になりますが、しっかりとカロリーが計算されていて、腹持ちや美容に対しても気を配られているので、手間をかけることなくダイエットをすることが可能です。

もっとも効果的なのは、成功者の口コミによれば、置き換えるのは夕食にすることです。

 

以上、短期間で痩せる方法についてお伝えしました。ただ体重を落とすだけでは美しく痩せることができないというのが、短期間ダイエットのデメリット。さらに、短期間で一気に痩せるので、体に負担がかかるというリスクも避けられません。

1週間をメドにして、食事制限のダイエットで体重を減らしたあと、2週間目には、健康と美容にも配慮がある置き換えダイエット食品で維持して、リバウンドしないようなプランを立てる人も増えてきています。短期間で痩せたい人も、計画性を重視してください。

また、主婦の方のように、外出機会が少ない場合は、ウォーキングやストレッチなどの運動を取り入れてみましょう。家事の合間に簡単なものから取り入れて習慣にしてしまいましょう。

 

まとめ

短期間で痩せる方法は、

●糖質を制限するダイエット。
●午後6時以降食べないダイエット。
●炭水化物を抜くダイエット。
●置き換えダイエット食品を利用する。