湯シャンは本当に効くの?正しく行う方法とその効果

湯シャンは本当に効くの?正しく行う方法とその効果
お湯だけで洗髪する「湯シャン」が、とても髪に良いという話がありますが、普段からシャンプーを使う習慣がある人に言わせれば、「本当にお湯だけできれいに洗えるの?」と半信半疑になりますよね。

この湯シャンは、有名なタレントが紹介したことで爆発的に知られることになった洗髪法です。

湯シャンを行うと、頭皮が健康になり、太くて丈夫な髪が生えてくるなど、良いことがたくさんあるのだとか。でも、ただシャンプーを使わずにお湯で洗うだけでは効果は得られないようです。正しい手順を踏まなければ、却って頭皮を傷めてしまうことにも成り得ます

これから湯シャンを試そうと思っている人のために、ここで湯シャンの正しい方法と、得られる効果などについてお伝えします



 

湯シャンは本当に効くの?
正しく行う方法とその効果

 

湯シャンによって得られる効果


湯シャン愛好家の間でよく言われているのが、「抜け毛が減った」「髪の毛が濃くなった」などの効果です。これは、薄毛を気にしている人にとっては、大変魅力的なものですよね。

なぜ湯シャンで頭皮が健康になるのかというと、それは、頭皮に必要な皮脂を適度に残し、いわゆる「乾燥肌」の状態にならないようにするため。巷で出回っているシャンプーは洗浄力が強く、必要な皮脂まで洗い落としてしまうのだそうです。

そもそも、お湯で流すだけでも頭皮や髪の汚れは7~8割がた落とせるのですから、シャンプーなしでも頭皮の清潔は保てるというわけです。

 

湯シャン前には丁寧に髪をとかそう


では、湯シャンの正しい方法です。まず、お風呂に入る前に、櫛やブラシで丁寧に髪をとかします。これは、洗髪中の髪の絡まりを防ぐ目的と、事前にホコリなどの汚れを落とすこと、そして、皮脂をほどよく髪に伸ばし、洗髪中の髪のダメージを減らすために必要なことです。

髪の長さにもよりますが、なるべく時間をかけて、ゆっくりと行った方が髪が傷まずに済みます。また、毛が細かいブラシで汚れを落とした後、目の粗い櫛で毛並みを整えるとなお良いです。できれば、動物の毛を使ったブラシや、木や竹でできた櫛を使いましょう。

 

湯シャンの洗い方


髪をとかしたら、さっそく洗いましょう。お湯の温度は33℃~34℃に設定し、シャワーで5分くらいかけて髪を流します。この間、指の腹で頭皮をまんべんなくマッサージすることにより、頭皮の汚れが落ちやすくなり、血行も促進されます。

ここで、寒いからとお湯の温度を上げてはいけません。40℃以上のお湯になると洗浄力が強すぎて、シャンプーを使っているのと同じくらい皮脂が落ちてしまうからです。寒い季節は、身体を浴槽に入れながら頭だけ出してお湯で流すと良いですね。

湯シャンが終わったら、タオルで優しく髪の水気を取り、ごしごし髪をこすらないようにドライヤーで乾かして完了です。

 

リンスを使いたい場合は


お湯だけでも汚れは落ちるとは言え、ロングヘアの人は、髪の絡まりが気になることがありますよね。でも、せっかくシャンプーを使わずに洗い上げたのですから、ここでリンスやコンディショナーを使っては元も子もない感じがあります。

そんな人は、お酢やクエン酸を少量溶いたお湯で髪を流しましょう。洗髪後の髪はアルカリ性に傾くため、キシキシと絡まります。それをお酢などの酸性物質で中和することにより、サラサラの髪に戻すのです。

ただ、お酢はやはり酸っぱい臭いがあるので、それが気になる方はクエン酸を使用すると良いでしょう。

 

湯シャンのデメリット


頭皮が健康になり、シャンプー代もかからない湯シャンは、良いことずくめのように思えますが、やはり多少のデメリットも存在します。まず言えるのは、櫛でとかす手間も含め、シャンプーを使うよりも洗髪に時間がかかること。洋服を水だけで洗うよりも洗剤で洗った方が早くきれいになるのと同じく、シャンプーを使った方が汚れがスピーディーに落ちます。

また、シャンプーの良い香りに慣れた人にとっては、その香りが無く、しかも頭皮のニオイが多少残る感じが気になることもあるようです。もちろん、周囲が臭いと感じるほどではありませんが、良い香りに癒しを求めている人は、その香りが無いだけでも寂しく思えるでしょう。

 

 

頭皮と髪が健康になる湯シャンの方法と効果、そして少しのデメリットについてご説明しました。この方法は特に、ハゲや薄毛に悩んでいる人こそ試して欲しいものです。普段からあまり抜け毛などを意識しない女性よりも、頭髪問題が常に付きまとう男性の方が、湯シャンの効果を実感できるはずです。

また、湯シャンを始めたばかりの頃は、べたつきやニオイが気になることが多いですが、毎日続けるうちに余分な皮脂が分泌されなくなり、ニオイなども減ってきます。ですから、湯シャンを始めてすぐに「べたつきが酷いから、体質に合わないのかな?」とやめてしまわずに、しばらく続けてみることをおすすめします。

湯シャンには、汗をかきにくい秋冬が始める良いタイミングと言われています。この機会に、是非お試しください。
まとめ

湯シャンを正しく行う方法とその効果は

・湯シャンによって得られる効果は、頭皮の健康や薄毛改善
・汚れを落とすために湯シャン前には丁寧に髪をとかそう
・33℃~34℃のお湯でマッサージしながら時間をかけて流そう
・リンスを使いたい場合は、お酢やクエン酸を溶いたお湯で流そう
・湯シャンのデメリットは、手間がかかることとニオイが気になること