湯シャンで美髪を手に入れよう!正しい5つの手順

湯シャンで美髪を手に入れよう!正しい5つの手順
シャンプーいらずでお湯だけで髪を洗う「湯シャン」。この湯シャンをすることで、頭皮環境がよくなると巷で評判です。「シャンプー無しで、綺麗に洗えるの?」と疑問を感じますよね。

本来、髪や頭皮の汚れを落として綺麗にするためのシャンプー。しかし、そこに含まれる洗浄成分には、頭皮に刺激を与えるものもあります。毎日シャンプーを使うことで、シャンプーを綺麗に落としきれず汚れが溜まってしまったり、反対に強く洗いすぎて必要な皮脂がなくなって乾燥し、皮脂が過剰分泌されるなど、自分で気付かないうちに頭皮がそのデメリットを感じているのです。

「でもお湯だけなんて、髪に悪そう…」と思ってしまう方もいるでしょう。ですが、正しいやり方で湯シャンをすれば、綺麗な美髪を手に入れることができるのです。そこで今回は、美髪を手に入れるための正しい湯シャンの手順をお伝えします。



 

湯シャンで美髪を手に入れよう!
正しい5つの手順

 

ブラッシングで準備を


湯シャンをする前には、髪をブラシで梳いておきます。そうすることで、髪についた汚れやホコリを落としておくことができるので、湯シャン効果もアップします。

その他にも、ブラッシングには「髪を傷めにくくする」「ツヤのある髪になる」「髪のボリュームを適度に落とし、まとまりが出せる」などの美髪に近付けるポイントがあるのです。

プラスチック製のブラシを使う人が多いですが、切れ毛など髪を傷める原因にもなりますので、あまりおすすめできません。ブラシは、できるだけ獣毛ブラシを選ぶようにしましょう

 

シャワーはぬるめの温度で


「シャワーは熱いお湯に限る!」という人もいるでしょう。しかし、湯シャンには適していません。湯シャンのお湯の温度は34~36度ほどのぬるま湯です。この温度が、頭皮にほとんど刺激を与えず、かつ頭皮が乾燥してしまわない程度に皮脂汚れを落とすことができる最適の温度なのです。

高温のお湯で湯シャンをしてしまうと、皮脂を落としすぎてしまい、新たに過剰分泌させてしまいますので、できるだけぬるま湯を心掛けましょう。

しかし、暑い夏にはもってこいのシャワー温度ですが、冬にぬるま湯は結構辛いですよね。寒い時期には、あらかじめ浴室内を温めておいたり、お湯の温度にこだわりすぎずに、適度なぬるま湯を保つことが湯シャンを継続できるポイントです。

 

指の腹で時間をかけて洗う


「湯シャンでは汚れが落ちにくい!」という概念からなのか、ゴシゴシと強く洗いすぎてしまう人がいますが、実はそれは逆効果です。

指の腹を使って優しく頭皮や髪を洗うことで、湯シャンの効果が大きく期待できます。ヘッドマッサージをイメージしてみると良いですね。爪を立ててゴシゴシ洗ってしまうのは、頭皮を傷付けたり髪のキューティクルを剥がしてしまう原因にもなりますので、絶対NGです。

また湯シャンの時間は3~5分を目安に丁寧に洗いましょう。短時間で済ませてしまうと、皮脂などの汚れが綺麗に落とせませんし、長く洗いすぎると反対に乾燥からの皮脂の過剰分泌につながってしまいます。適度な時間配分で丁寧に洗ってあげることが、頭皮や髪に良いのです。

 

トリートメントも使わない


お湯だけで髪を洗う湯シャンですから、当然コンディショナーやトリートメントも使いません。「コンディショナーやトリートメントを使わないと、髪が綺麗に保たれないのでは?」と思うかもしれませんが、湯シャンの際に使ってしまうと、湯シャンの効果が表れなくなってしまいます。

湯シャンのあとのコンディショナーやトリートメントは、頭皮にとってはダメージでしかありません。トリートメントなどを使わなくても、正しく湯シャンをし続けることで、自然と綺麗なツヤも出てサラサラな髪になります

 

優しくタオルドライをしよう


湯シャンを正しく行っても、乾かし方を間違えてしまうと意味がありませんよね。髪が濡れている状態は、キューティクルが開いた状態でとても敏感になっています。ゴシゴシと強くタオルドライをしてしまうのは、髪を傷めたり絡めたりする原因にもなりますので、避けましょう

また、濡れたまま放置して乾かしてしまうのも、頭皮や髪に良くありません。タオルで水分を吸収するように、とにかく優しいタオルドライを心掛けましょう

ドライヤーを当てる際も、「高温で勢いよく」はNGです。優しい風で乾かしていきましょう。温風よりも冷風であるほうが、湯シャン後の髪には適しています

 

いかがでしたか。美髪を手に入れるための湯シャン方法についてお伝えしました。

ずっとシャンプーを使ってきた人にとっては、湯シャンは慣れるまで違和感がありますし、効果が現れるまでに少し時間もかかります。もちろん、すぐに効果が出る人もいますが、1ヶ月ほどでやっと効果が現れ始めるという人がいるのも事実です。途中で挫折してしまう人が多い湯シャンですが、とにかく根気強く継続することで効果が実感できるはずです。

また、湯シャンによって頭皮や髪に異常があった場合は、一旦湯シャンはお休みをし、様子を見るようにしましょう。

湯シャン最大のポイントは、すべて「適度に」行うことだと言えるでしょう。日々の湯シャン継続で、ツヤツヤ・サラサラの綺麗な美髪を手に入れましょう。

まとめ

湯シャンで美髪を手に入れるには

・ブラッシングで事前準備をしておこう
・適度なぬるま湯シャワーが最適
・指の腹で優しく時間をかけて洗うことを心掛けて
・コンディショナーやトリートメントを使うのは逆効果
・タオルドライも優しく気を遣おう