人付き合いが苦痛…会社の人間関係をラクにする5つの秘訣

人付き合いが苦痛…会社の人間関係をラクにする5つの秘訣
人付き合いが苦痛だと感じることは誰にでもあることです。よく「自分は人見知りだから、職場でうまく人付き合いができない」とか「私はコミュ障だから社交的な人に憧れる」なんていう言葉を聞きますが、実際には社交的な人の方が少数派で、人付き合いが苦痛だと感じている人は多くいるのです。

せっかく仕事自体は好きでやりがいもあるのに、人付き合いが苦痛なことからストレスが溜まって精神的につらくなるのはもったいないですよね。とはいえ、人付き合いは社会で生きていくためには避けて通れないテーマでもありますから、いかにストレスを感じずにうまくやれるかが重要です。

そこで、人付き合いが苦痛だと感じる人のために、無理なく人間関係を上手にこなすために必要なことについてお伝えします。

嫌な飲み会を断る

会社での人付き合いと言えば、飲み会やランチなどの業務時間外でのコミュニケーションですよね。「飲みにケーション」という言葉があるほど、業務を離れて交流を持つのは大切なことだと思い込んでいる上司や先輩もいます。

しかし、飲み会やランチに行くのが苦痛だという人もいるはずです。このような人は、飲み会に誘われ続けることがストレスになってしまいますから、最初から、自分は飲み会に行くキャラではないということを社内に周知させておくことが大切です。

人の誘いを断るという行為は人付き合いをする上で大きな苦痛になります。誘われにくいような空気を作るために「ペットがいるので早く帰らないといけない」とか「習い事があるので」など、理由をつけて、無理に誘いに乗らないようにしましょう。

 

プライベートを話さない

人付き合いが苦痛だなと感じることの一つに、職場の人とそんなに関わりを持ちたくないのに、意に反してどんどん仲が良くなってしまい、休日に遊びの誘いを受けるまでの関係性になってしまうというケースがあります。

そんなに仲良くなるつもりはないのに、と思っているかもしれませんが、仲が良くなってしまうのには理由があります。お互いのプライベートを知りすぎることによって、距離感が近くなってしまうのです。

過剰に秘密主義になる必要はありませんが、親しい間柄になりたくないのであれば、子供の話や趣味の話など、プライベートの話を必要以上にしないようにしましょう。

 

気を遣いすぎない

周りに気を遣いすぎて気疲れしてしまうという人も「人付き合いが苦痛だなあ」と感じやすい人です。そんな人は、自分が人によって態度を変えていないかチェックしてみましょう。

後輩や同僚にはたいして気を遣っていないものの、上司や先輩には過剰なくらい気を遣っているという場合には、それをやめてみましょう。確かに、上司や先輩に失礼があってはいけません。しかし、「この人だからこうしなければ」といちいち気を回すのは精神的に疲れます。

上司や先輩には最低限のマナーだけ守って、後は他の人と同じようにフラットに接したほうが、後々自分の気が楽になるのです。

 

苦手な人との付き合い方

会社は気が合う人ばかりではありませんよね。苦手だなと感じる人と同じ仕事を任されることになったり、相性が悪い人が上司になったりすると、人付き合いが苦痛だと感じてしまいます。

しかし、自分が苦手だと感じているということは、相手もそれを感じ取るものです。お互いに距離を置いてしまっては、人間関係はスムーズに行きません。

そこで、例え相手が苦手だと思っていても、それを相手に感じさせないように笑顔で対応しましょう。人は相手に好意を持たれていると感じると自然と自分の相手に好意を持つものです。

こうして、良好な人間関係を徐々に築いていけばよいのです。

 

偉い人にビビらない

課長や部長から一目置かれている人っていますよね。。自分は上司に仕事で提案をしてもいつも却下されたり、戻しをされるのに、一目置かれている人の意見はすんなり通ってしまうのです。このような人は、人付き合いを苦痛だと感じることがあまりありません。偉い人にも臆することなく自分の意見が言えてしまうので、気を遣ったり、我慢しなくてよいので、気が楽なのです。

しかし、このような人には自分は到底なれないと、最初から諦めてしまうのは良くありません。

仮に、自分として自信がある意見なのであれば、相手が上司や偉い人でも臆せずに言えばよいのです。上司や偉い人は、臆病な態度を部下が取ることで厳しい態度を取りやすくなりますが、相手が自信たっぷりに話してくれば、意外と怒るどころか聞く耳を持ってくれるのです。

会社での人付き合いについてお伝えしました。人付き合いが苦痛なのは、特別なウィークポイントではありません。人はそれぞれ価値観やモノの考え方が違いますから、相性が合わない人も当然いますし、傷つくような言葉を言われたり、ストレスを感じるような態度をとられることもあります。

 

重要なのは、いかに自分が人付き合いを苦痛だと感じない様に仕向けられるかです。苦手な人を作らないとか、周りに気を遣うのをやめる、不要な付き合いを減らすなどのことは、自分の意識と努力で実現が十分可能なことです。

最初は勇気がいるかもしれませんが、実践してしまえば意外と大丈夫なものです。人付き合いが苦痛だと、会社に行くこと自体がストレスになってしまいますから、ちょっと嫌だなと感じることがあれば、早急に今回お伝えしたような対処法を試して自分を楽にしてあげるのがベストです。

まとめ

人付き合いの苦痛をラクにする方法とは

・飲み会やランチの誘いは無理していかない
・自分のプライベートの話をペラペラしない
・人によって態度を変えずにフラットに接する
・不得意だと感じる相手にも笑顔で対応する
・上司や偉い人にも臆せず自分の意見を言う


連記事