友達できないのは何故?人が寄り付きにくいこれだけの理由

友達できないのは何故?人が寄り付きにくいこれだけの理由
誰とでもすぐ友達になれる人もいれば、反対になかなか友達できないことに悩んでいる人もいますよね。友達ができる人と友達できない人の差は、人見知りせず誰とでも積極的に話ができる、できないだけではありません。

人見知りで積極的に話せなくても、友達がいる人はいるものです。なので、友達できない理由が性格だけにあるとは限らず、もしかすると人を寄せ付けない、近づきがたい雰囲気を無意識のうちに自分から出している可能性もあります

人と話すのが消極的でも友達ができる人は、近づきやすい雰囲気が出ているからなのです。ですので、友達できないと嘆く前に、自らの容姿や雰囲気を改めて確認してみましょう

そこで今回は、友達できない原因として人が寄り付きにくい理由をお伝えします。

 

友達できないのは何故?
人が寄り付きにくいこれだけの理由

 

清潔感がない

よく「人は見た目じゃない、中身だ」と言う人がいます。もちろん、中身もとても大切なのですが、人が人を判断する最初の材料はやはり「見た目」になります。友達を作るには、人に話しかけるか話しかけてもらわなければなりません。

そんな時に、髪は手入れもせずボサボサ、不精ヒゲは生えっぱなしで、よれよれの服を着ていては、印象は最悪です。何より、清潔感がなく不潔に感じてしまいます誰もが、とてもそんな人には話しかけませんし、話しかけた人には避けられることでしょう。

先程、述べたような格好は極端ですが、それなりに身なりはきちんとすることが大切です。清潔感があれば爽やかに見えるので印象もよく、不潔な感じに比べれば、ぐっと近づきやすくなります

 

感情が顔に出ない

人によっては喜怒哀楽が表に出ず、感情が顔に表れない方もいます。ポーカーフェイスと言えばかっこはよいですが、パッと見ただけでは、機嫌が良いのか悪いのかが分からないため、友達できない原因の一つになります

友達を作る最初の一歩は会話を交わすことですが、同じ言葉を交わすなら機嫌がよさそうな人の方が、話しかけやすくなりますよね。また、自分から話しかけるにも、笑顔で表情豊かだと相手も安心しますが、あまり表情を変えないと何を考えているのか、どう思っているのかが分からないので、相手も少なからず警戒してしまうことでしょう。

それに、感情が表に出る人は、機嫌が悪い時も見ただけで分かるので「機嫌悪そうだけど、どうしたの」と相手の機嫌に合わせた切り口で、会話を始めることもできます。これが、顔に出ないと機嫌が良いのか悪いのか分からないので、恐る恐る気を遣いながら話しかけなくてはなりません

そんな思いをするくらいなら「近づかない方が良いや」という気持ちになるため、人が寄り付かずに友達できない状態に繋がっていくのです。友達を作るなら、感情を表に出すことを強くおすすめします。

 

対応に愛想がない

友達できない理由として大部分を占めるのは、人見知りで積極的に話しかけられないことになりますから、それを克服できれば良いのですが、そう簡単にはいかないもの。そこで、清潔感のある見た目に表情を豊かにすることを心がけ、人が近づきやすい雰囲気をまずは作っておきます。

そんな努力が報われ誰かが話しかけてきた時、大事なのはどう対応するかです。ここで、愛想のない対応をしてしまうと、話しかけた相手は「無愛想だな」「話していても面白くない」と感じてしまいます。そして、いつしか人から人に伝わり「つまらない人」というレッテルが貼られてしまうのです。

一度、そういうイメージが付いてしまうと、その後に話しかけてくれる人は、かなり少なくなり酷いと誰からも話しかけられなくなる危険性もあります。なので、せっかくの機会を逃さないためにも、話しかけられた時は愛想よく対応しましょう

今まで話したことのない人と話すのですから、緊張して多少ぎこちなくなるのは仕方ありません。それは、相手も分かっていることなので、必要以上に上手くやろうとはせず、常に笑顔で相手の話に対してしっかりと応えていけば大丈夫です。

 

実は一人でいることが好き

友達が欲しいと思うことはあっても、心のどこかに「一人でいることが好き」という思いを持っている人もいます。しかも、この気持ちは潜在的なものなので、自分でも気付きにくいのです。

しかし「一人が好き」という気持ちは、確実に存在しているので、無意識のうちに自分から人と距離を置くような行動をとってしまいがちです。この場合、人が寄り付かないのではなく、人を寄せ付けないようにしているので、友達できないという結果になってしまいます。

幼少期の辛い体験やあまり人と関わらない環境で過ごしてきた人が陥りやすい傾向ですが、本当に友達が欲しいと思うのなら「人と関わる」ことを強く意識して、勇気を出して色んな人と話すようにしましょう

 

いかがでしたか。友達できない原因は、清潔感がなかったり感情が表に出てこないといった「見た目」にあります。友達を作る時は、誰もが初めて会話をする人になりますので、まずは見た目で「こういう感じの人かな」と予想を立てます

この時に、予想を立てやすいと自然に人が集まってくるので、友達がすぐにできるのですが、見た目ではいまいちどういう感じの人か分からないと、反対に人が集まりにくく、友達できない状態に繋がっていきます。「何を考えているか」や「機嫌が良いか悪いか」がすぐ分かる、いわゆる分かりやすい人が友達はできやすい傾向にあるのです。

友達を作るのに会話は絶対欠かせないものなので、まずは「見た目」を良くして、話しかけやすい人になりましょう。そうすれば、必ず人が集まってきますし、友達ができるはずですよ。

まとめ

人が寄り付きにくい理由は

・清潔感がないため避けられている
・感情が顔に出ず機嫌が良いか悪いかが分からない
・愛想がないので面白くない人と思われている
・一人が好きなので無意識のうちに人と距離を置いている


連記事