友達がいない社会人が今取り組むべき5つの『勉強』とは

友達がいない社会人が今取り組むべき5つの『勉強』とは
働き始めてふと気が付いてみると、友達がいない社会人になってしまっていた、という人は意外と多いですよね。それでも、敢えて一人が好き、或いは、孤独も苦ではないと思っている方なら、友達がいないとしても一見問題がないように見えてしまいますが、やはり信頼出来る友達は、いないよりはいた方が良いと言わざるを得ないでしょう。

社会人であれば様々なシーンで人との『ふれあい』や『つながり』が必要になってくることも少なくありません。そんな場面にでくわした時、困ったり戸惑ったりしないために友達の存在は自分を助けてくれるモノとして重要であるということだけは認識しておくべきです。

そこで、今回は友達がいない社会人が取り組んでおきたい『勉強』についてお伝えします。

チェンジ!考え方を変える

友達という存在にあまり重きを置かない人のほとんどは、友達を『つくる』という考え方ではなく、友達は偶然や運で『できる』ものだと思っている人が多いようです。

この一見当たり前のようでいて、でも、何かちょっと違和感がある考え方を変えてみる努力や勉強は必要です。

友達とは『できる』ものではなく、自分で意識的に『つくる』もの、つくれるものだと思うだけで見え方がガラッと変わります。

友達がいない社会人が友達をつくるということは、ただ単純に遊び相手を作る、とか仕事仲間を作るというわけではなく、「社会の中で人間関係を構築するということ」になります。

考え方を変えるだけで、気の合う仲間作りではなく、お互いの歩み寄りが重要であることを知るでしょう。人と人のつながりを持つ重要さに気付くことは、人間的な成長です。

また、その結果、友達になれた人とは真の友と呼べる存在になることも多いものです。そこには、しっかりお相手の人柄を見て、自身も歩み寄る努力があるからでしょう。ホンの少し、モノの見方や考え方を変えただけなのに、世界が広がり、多くの人との信頼関係を持てるようになるのです。

つまり、友達がいない社会人が友達を作ってみようと思った時、人間関係の構築の仕方を勉強する、とても良い機会かも知れません

 

人間観察し、共通点を見つける

友達がいない社会人が具体的に友達をつくる方法として、まず最初にすることは人間観察と、共通点を見つける努力です。人間関係を構築するためには、まずは相手を知らなければ、自分が何をすべきかわかるはずもありません。今までの受け身の友達作りではなく、自分から発信するスタイルの準備です。

それまで友達など要らないと思っていた方は、おそらく内向的なタイプだったのでしょう。引っ込み思案や人見知りなどアピールが苦手なご自身の内面的問題を軽減・克服するため、周囲の人や自分を冷静な目で分析してみることから始めてみましょう。

友達がいない社会人でも共通点が見つかれば話題ができます。話題があれば会話ができます。会話の中で笑顔が生まれれば、その瞬間に友達になれます

 

他人に思いやりの気持ちを持つ

自分は友達がいない社会人で、寂しいとか孤独と感じるのなら、「周囲の人達はどうだろうか」と考えてみましょう。世の中の人、全てが現状に満足している訳ではありません。むしろ、不安や不満を抱え、自分の将来を案じている人の方が多いのです。

おそらく、友達がいなかった時代には、自分中心に全てが動いていたはずです。何事も自分がそうしたいから、自分がそう考えるから…といった具合です。

周囲の人の状態や思いなど、正に他人事ですから、どうでも良いこととしか思えませんし、何より気に留めることもなかったでしょう。

しかし、一度、視点を周囲に向けてみると思いやりや優しさに気付きます。お相手を寂しさや孤独、苦境から救ってあげたいと思うだけで確実に成長出来ます。

今すぐ実践出来るかどうかは別として、まずは周囲の人の状況を意識するだけでも、心は動き、人の気持ちを考えることが出来る人間になれる第一歩なのです。

友達がいない社会人でも意識するだけで、人間性が磨かれ魅力的な人になれるのです。

 

きちんと意志伝達をしてみる

友達がいない社会人が本当の友達を作るには、待っているだけではなく自分から声をかけるのが、一番の近道です。

思い切って声をかけ、友達になりたいという意志を素直に伝達してみましょう。その誠意は、必ずやお相手に伝わるはずです。特に、人間力を磨いた上で、そのアクションを起こしたのなら心配には及びません。

まずはひとり、親友と呼べる友人を作ってみることから始めてみましょう。

 

一度は勇気を出して友達作りしてみる

友達がいない社会人という状態の中にあると、何事にもあまり自信が持てないという方が多いようです。時には、友達がいないのは全て自分のせい…などとマイナス思考になり自分を責めてしまう人も少なくないと言います。

しかし、友達の作り方を覚えて、一度でも自分から働きかけて友達を作ることができたら、それはきっと自信につながります。

人間関係の構築は、今まで気付かなかった様々な可能性ももたらしてくれるものです。最初はぎこちないかもしれませんが、一度成功を経験したり、また、成功を重ねていけばいつしか自然に出来るようになるのが友達作りです。

友達がいない社会人だからこそできるチャレンジ!そして、成功!コレは、日々勉強の成果です。

 

以上が、友達がいない社会人にオススメの『勉強』です。友達がいないということが、決して悪だと言い切ることはできません。本意ではないのに無理に他人とのつながりを持たなければいけないわけでもありませんし、友達がいないからと言って脅迫観念に捉われる必要もないのです。

友達と思おうとしているお相手に振り回されて、自分を見失うことほど残念なことはありません。『自分』というものをしっかり持っていることが、何より大事であるということを忘れないで下さい。

友達の存在、それが『広く浅く』なのか、或いは『狭く深く』なのかというのは、ご自身のスタイルと相談するのが一番でしょう。常に自然体でいられることが何より望ましいのです。

まとめ

友達がいない社会人がすべき『勉強』とは

・考え方を変えてみよう
・人間観察し、共通点を見つけてみよう
・他人に思いやりの気持ちを持とう
・きちんと意志伝達をしてみよう
・一度は勇気を出して友達作りしてみよう


連記事