友達がいない孤独な人が仕事で成功するための5つのヒント

友達がいない孤独な人が仕事で成功するための5つのヒント
友達がいない孤独の中で、ただ仕事に明け暮れる日々……と、想像するだけで気持ちが落ち込んでしまいますよね。でも、考え方を変えれば、友達がいない孤独だって悪くはない、それどころか仕事に有利に働くことだってあるのです。

そもそも、仕事における成功と友達の有無はそれほど関連性がありません。確かに人脈が広い人は仕事で成功しているイメージがありますが、その人脈にいる全ての人が友達とは言い難いですし、逆に「友達」という縛りがあるからこそシビアになれない点もあるはずです。

つまり、友達がいない孤独な人だからこそ仕事で成功する道はあるということです。そこで今回は、友達がいない孤独な人の仕事への向き合い方や成功のための方法についてお伝えします。

 

友達がいない孤独な人が
仕事で成功するための5つのヒント

 

友達の有無が仕事に影響することはほとんど無い

最初に頭に置いておいて頂きたいことは、友達がいない孤独を抱えた人と、そうではない人とでは仕事の能力に差が出ることはまず無いということです。人見知りで友達がいない人でも接客業で活躍していますし、口下手でもコールセンターで高い成果を上げていたりもします。

彼らは、「お金のため」「出世するため」と、目的を持って努力し、成功しているのです。つまり、仕事だと割り切り、明確な目標を持つことができれば苦手なこともできるようになるということ。

また、世間一般に見る「仕事」というものは誰に対しても平等で、友達が多いから評価が高いとか、いつも一人だから低評価を付けるなどということはあり得ません。友達がいない孤独を抱えていても仕事だけはいつも味方だと思うと気楽になります。

 

一人でできるリフレッシュ法を確保しよう

友達が多い人は、仕事のストレスも飲み会やランチ会などで愚痴って発散することが可能です。ですが、友達がいない孤独な人はその手段が使えないため、ストレスを溜め込んでパフォーマンスが落ちてしまいがちになります。

そんな壁を乗り切るためにも、一人でできるリフレッシュ法を確保しておくべきです。一人旅、一人でできるスポーツ、ゲームや読書、コンサート……と、一人でも楽しめることはたくさんありますので、その中から自分が心から楽しめることをすると良いでしょう。

仕事のストレスは誰かに愚痴を言うよりも、楽しいことをして忘れた方が後に残りにくくなります

 

友達がいるとそれが枷になることもある

友達がいない孤独な人が仕事上で有利な理由は、「友達が枷にならない」ということ。親密な人付き合いが多い人は、どうしてもそれに縛られやすいものです。

例えば友達付き合いを優先して残業が少なくなったり、友達からの頼まれごとを仕事に持ち込み成績が下がったり……と、マイナス要素も少なくありません。友達に感謝されるならそれで良いという人もいますが、会社にしてみればお金にならない仕事ばかりする人材はありがたくないはずです。

反面、友達がいない孤独な人はそのマイナスが全くないということになりますから、その分仕事に没頭できますよね。つまり、友達がいない人の方が評価されやすいとも言えるのです。

 

友達がいないからこそ開き直れる

また、友達がいないことを開き直る境地にまで達すれば、鬼のように強気になって仕事をすることも可能になります。これから友達をたくさん作ろうと思っている人は別ですが、「もう、友達なんてどうでも良い」と思えるなら、恥も外聞も気にせず仕事に全力を注ぐべきだと言えるでしょう。

社会で成功している人の中には人と人とのつながりを大切にしている人も少なくありませんが、それよりも友達も知り合いも踏み台にしてきたという人が多いものです。それくらいシビアにならなければ成功は得難いということです。

あなたは最初から友達がいないのですから、人に嫌われる汚れ仕事も、自分の利益を最優先にした取り組みも存分にできるはずです。

 

仕事ぶりが認められると人望は集まる

ここでお話ししたように、友達がいない孤独を逆手に取って成功を続ければ、いつしか人望が集まり、友達ができるという可能性もあります世間は仕事ができる人を信頼するという価値観を持つ人が多く、いくら対人スキルが乏しくても、仕事上で活躍している人には自然に人が集まってきやすいのです。

中には肩書や収入を見て集まってくる人もいますが、それでも孤独は十分に紛れるはず。むしろ、それくらい打算的な人の方が、大人になってからは仲良くしやすい場合もあるでしょう。

ですから、今、友達がいない孤独に悩むあなたも、それを振り切るようにして仕事に打ち込み続ければ孤独ではなくなるかもしれないということです。仕事の頑張りによって友達ができれば一石二鳥とも考えられますよね。

 

いかがでしたでしょうか。友達がいない孤独を盾にして仕事で成功するための考え方についてお伝えしました。

社会人になると、忙しすぎて友達と疎遠になるという人が少なくありません。でも、それくらい忙しくしている人の方が仕事の現場では活躍しているというのもまた事実です。寧ろ、友達を最優先にして仕事に打ち込まない人はいつまでも成功できないとも言えるでしょう。

また、家族がいれば友達がいなくても寂しくないという人もいます。家族がいるとそれを支えるために仕事を頑張れるので、友達ではなく生涯のパートナーを見つけるという手もあります

友達がいない人も、仕事に真摯に向き合えば必ず結果となって返ってきます。それを忘れず、成功するために努力を重ねましょう。

まとめ

友達がいない孤独な人が仕事で成功するために必要な考え方は

・友達の有無が仕事に影響することはほとんど無い
・一人でできるリフレッシュ法を確保しよう
・友達がいるとそれが枷になることもある
・友達がいないからこそ開き直れる
・仕事ぶりが認められると人望は集まる


連記事