話しが下手で自己嫌悪…そんな人の特徴と克服への5つの道

話しが下手で自己嫌悪…そんな人の特徴と克服への5つの道
話し下手な方の特徴は、無口だとか、滅多に話をしない人だけとは限りませんよね。周囲から、あの人はよくしゃべる人だと思われている方でも、自分は話しが下手だと悩んいることもあります。

一般的に、話が上手と言われる人は、聞く人を飽きさせずに次から次へと興味を惹かれるような話をしてくれる人のこと。さらに、そんな人は相手から面白い話を引き出すもの上手です。あんな風に楽しく話ができたら良いな、と多くの方が感じていることでしょう。

しかし、話し下手を克服することは、実は難しくはありません。話し上手な人のようにはいきませんが、相手と楽しい会話ができるくらいなら、少しの努力でできるようになります。そこで今回は、話しが下手な方の特徴と、その克服の仕方についてお伝えします。

臆病になってはいませんか

話しが下手な人の特徴の1つに、人見知りするせいで、人と会話を避ける傾向があります。中には、過去にうまく話しできないことを笑われたせいで、怖くて人前に出られない、という方もいるでしょう。そこまでひどくないにしても、何か嫌なことがあり、人との会話に参加できない、という方もいます。

しかし、そのままでは、いつまで経っても楽しい会話に参加できません。以前はうまくできなかったかもしれませんが、人は変われます。そして、会話が続くコツを実践すれば、誰でも会話を楽しめます。そうやって、臆病な自分を克服しましょう

このように、話し下手は、克服できない特徴ではありません。やり方次第で会話に参加できます。まずは、勇気を出して会話に参加してみましょう

相手に話してもらうと楽

そうは言っても、なかなか自分から話するのは、慣れていないと大変です。話しが下手な人の特徴には、会話の話題が少ない、ということもあります。そのため、慣れるまでは相手にどんどん話ししてもらいましょう誰でも、自分の話を聞いてくれると感じると、もっと話したいと思うものです。まずは、自分が相手の話を聞いていることをアピールしましょう。

相手との会話は、声だけで行うのではありません表情も重要ですし、身ぶり手ぶりでも相手に伝わります。そして、最も気を遣ってほしいのが、タイミングの良いあいづちです。良いあいづちがあれば、相手は気持ちよく話を続けてくれます。そして、上手にあいづちが打てるようになったら、もう話し下手が自分の特徴だなんて、誰も思わなくなるでしょう。

 

相手の話に関心を持つ

会話が弾む要因の1つは、相手と同じことを感じたり、同じことを考えていた場合です。このように、相手の話に共感できた場合に話が弾んでいきます。話し下手な方の良くない特徴は、相手の話を聞かない点です。自分に関係がないなら、また、興味がないからと、相手の話を途中で折ってしまうと会話は続きません。また、そのような気持ちが態度に表れても、相手は話を止めてしまいます

まずは、相手の話に関心を持って、最後まで聞いてください。そのうえで、自分の考えを相手に伝えると、それを元に、会話が続けられます。なお、その際、一方的に決めつける言い方は良くありませんこの点は共感できるけど、ここはこういう考えもあるのでは、など、具体的に話してみましょう。そうやって、会話が続いていくと相手との関係も深まります。

 

一方的に話すのもよくない

周囲からはよく話する人だと思われているのに、あの人は何故か会話が続かない、と言われている方もいます。このように、話し下手の人の特徴には、相手に構わず一方的に話をすることも含まれます。よく言われることですが、会話は言葉のキャッチボールです。自分の話を聞いてもらったら、相手の話もしっかり聞くのが会話の基本です。それができない人は会話とは何かが解っていない人です。

もし、相手がそういった人ならば、無理して相手に合わせることはありません。自分の話も聞いてくれる人と会話を楽しみましょう。逆に、自分がよく話をするのに、相手が聞いてくれない、と感じているのなら、意識して相手の話を聞いてください。話し下手の特徴は、会話が少ないだけではありません。周囲からよく話をする人だと思われていても、話すのが下手だという方もいます。そういった人は、意識して相手の話を聞くことから始めましょう。

 

苦手なことは実践で克服する

他にも話し下手な方の特徴はいろいろとあります。例えば、芸能ニュースに興味がないせいで、その会話についていけない人がそれにあたります。また、相手の話したことに都度反論するせいで、誰も話しかけないといった問題をお持ちの方もおります。しかし、他の人のと会話を楽しみたいと思っているのなら、ぜひ、意識して会話に参加してください。そして、そのうえであいづちの打ち方や、相手の話に共感していることを伝えたりするテクニックを学んでください。

会話を続けるには、それなりにテクニックが必要です。もし、会話が苦手だと感じているのなら、相手がどういうテクニックを使っているか注意して話を聞いてみてください。そして、それをまねして、会話を楽しみながら話し下手を克服していきましょう

 

以上、話し下手な方の特徴と、その克服の仕方についてお伝えしました。最初にお伝えしたように、話しが下手な特徴を克服するコツをいくら知ったとしても、実践しなければ会話できるようにはなりません。考えているだけでは何もできません。ぜひ、勇気を出して、会話に参加してみましょう

とはいえ、何の準備もなしに挑戦しても、失敗するだけです。いきなり100点満点を目指す必要はありません。ここまでならできそうだ、と思えることをやってみることも大事です。また、最初のうちは、話しやすい相手を選びましょう。親しい方との会話は、誰でとっても楽しい時間です。そうやって、少しずつ会話を楽しみながら、克服していきましょう。

まとめ

話しが下手な方の特徴と克服へのステップは

・臆病にならず、まずは会話に参加してみよう
・相手に話してもらうように仕向けよう
・相手の話に関心を持って聞いてみよう
・一方的に話すはNG、相手の反応を見てみよう
・話し下手の克服には、実践が近道です


連記事