学歴コンプレックスを克服して悩まない4つのコツ

考える男性
学歴コンプレックスなんて感じていないと言っている人も、無意識のうちに学歴に左右されてしまっていることがありますよね。気にしていないと言いながらも、高学歴の人がいない集まりだと、ほっとしてしまうという人も少なくありません。

社会人になってからも何年も学歴コンプレックスを引きずっている人は、大学受験に失敗したという思いをずっと抱えています。行きたい大学に行けずに、そこから人生が狂ってしまったと考えている人もいるでしょう。

学歴の高低差を比べると、上には上がいるので、きりがありません。しかしながら、学歴がないと社会的に損をする、と思えることもありますので厄介です。そこで今回は、そんな学歴コンプレックスを克服する方法をお伝えします。



 

学歴コンプレックスを克服して
悩まない4つのコツ

 

学歴の優劣を刷り込まれているだけ


学歴コンプレックスの克服にするには、学歴の優劣を刷り込まれているだけと気づくことが一つのきっかけになります。たとえば、両親や家族からの影響が大きくて、高学歴の人との比較をされ続けて、挫折感を植え付けられているだけかもしれません。

さらに、親戚に高学歴の人たちが多くて、何かと差別されるような言葉に暗示をかけられている状態だと、人間不信にもなりますよね。残念ながら、社会的なレベルでは、高学歴が万能であるという考え方は崩れてきていても、高学歴の人が優位になる風潮は消えていません。

まだまだ、ちょっとした会話の中では、学歴を比べるような話しをする人は絶えません。それは、就職活動の話しだけではなく、合コンや婚活などでも学歴を気にせざるを得ない場面があります。

そのように、他人の言葉や社会の風潮に、学歴の優劣を刷り込まれていくので、学歴コンプレックスは根深くなってしまうのでしょう。刷り込まれている心理をひっくり返すには、低学歴でも頑張っている人たち、成功している有名人の生き方に目を向けることが大事です。決して、幸せや成功の形は、学歴だけで決まるものではないのです。

 

人間の本質を知る


もっと大きなところで、学歴コンプレックスの問題を考えてみましょう。それには、人間の本質について知っておくと、人の見え方が変わりますよ。まずは、簡単に人間の歴史を振り返ってみると、人間社会は、肩書きや位などで、人間の価値を決めたがるところがあります。

昔からの言葉でも、階層社会、階級社会、ヒエラルキーというような言葉もあるくらい、身分を差別するようなピラミッド型の人間関係が作られてきました。そして、いつも人間の価値を平等に考えて欲しいという動きが生まれます。

今の時代でも、格差社会というような言葉がメディアに踊る傾向があります。学歴コンプレックスの問題にも言えることですが、高い位置にある人が謙虚になるというのは、ほとんど期待できません。

学歴コンプレックスを克服するには、学歴以外の部分で自信を持つことができるものを手にして、敗北感を払拭することが必要です。まずは、社会のせいにすることをやめて、自分自身の個の力を磨くべきでしょう。

 

自分を活かせるスタンスやポジションを見つける


特別なケースかもしれませんが、スポーツ界や芸能界を見ると、必ずしも学歴がすべてではないということが見えてきます。よくよく世間を見渡せば、高学歴の人が活躍できる保証がない世界もあるということではないでしょうか。

学歴コンプレックスどころではなく、スポーツ界や芸能界というようなところでは、自分を高めていかなければ生き残ることさえできないのです。どのような場所に行っても、自分を活かせるスタンスやポジションを見つける努力は欠かせません。

たとえば、社会人として考えるなら、先輩を立てることができるという礼儀がしっかりしていることは大きなポイントになります。言葉使いがきれい、雑用を嫌がらない、笑顔がいい、機転が利くなど、自分を活かせるスタンスやポジションを見つけるための武器になることはたくさんありますよね。

 

結婚と学歴コンプレックス


結婚と学歴コンプレックスについても考えてみましょう。男性よりも女性に多い傾向ですが、学歴と収入を関連づけて結婚相手を選ぶという人たちがいます。

さらには、結婚相手の学歴を自分のステータスとして、結婚相手が高学歴なら、姉や妹、親戚、友人、職場の同僚などに対して、自分は勝ち組だと誇れるということなのでしょう。

確かに、釣り合いというのも大事な要素なので、学歴にこだわらない家柄同士での縁に恵まれる方が幸せなのかもしれません。

 

以上、学歴コンプレックスの克服についてお伝えしました。やはり、コンプレックスですから、まずは精神的な改善が必要ですよね。何はともあれ、徹底して価値観を変えるということに努めるべきでしょう。

一流と呼ばれる大学を卒業したからと言っても、その効力は万能ではありません。事実、東大出身の人でも社会に出てから、挫折する人は多いもの。たくさん資格を取っても、役立てることができていない人もまた同じようにコンプレックスを抱えています。

低学歴であっても、うまく人生を立ち振る舞いたいというのなら、自分を活かせるスタンスやポジションを見つけるというのは有効的な戦略になります。コンプレックスをバネにして、学歴以外のことで社会を見返してやりましょう

 

まとめ

学歴コンプレックスを克服するには

●低学歴でも成功している人に目を向ける。
●学歴以外の部分で自信を持つ。
●自分を活かせるスタンスやポジションを見つける。
●学歴にこだわらない結婚相手を選ぶ。