もう気にしない!学歴コンプレックス克服法

もう気にしない!学歴コンプレックス克服法
そこそこの学歴がある人にはわからない、学歴コンプレックスという心理。特に、勉強が好きだったのに、様々な理由があって学歴が得られなかった人にとっては、深刻な問題ですよね。

例えば、学歴の違う友人と話が合わないとか、結婚まで考えた交際相手と、学歴が釣り合わないから諦めたとか……。その人の人間性とは直接関わりの無いところで、学歴コンプレックスは人を苦しめます

でも、学歴が劣るからと、その人が高学歴な人よりも価値が無い人間かと言えば、絶対にそうではありません。その人それぞれにある魅力や素晴らしいところが、学歴コンプレックスのせいで輝く機会を失うのは、本当に勿体ないことです。

今回は、学歴コンプレックスから解放されたいと願うあなたに伝えたい、克服のための方法をお伝えします



 

もう気にしない!
学歴コンプレックス克服法

 

「学歴が高い」と「能力が高い」は別だと思おう


良い学校を出て学歴を得た人が、必ず何事においても賢く立ち回れるわけではありません。そして、学歴が低い人全てが、何の知識も無く、そして頭が切れないわけでもありませんよね。学校で身に着けた知識や教養はあるに越したことは無いけれど、学歴が無くても地頭が良い人には敵わないこともたくさんあります

社会の入り口では学歴が大きく影響することもありますが、同じ場で働くことになったら、学歴よりも個人の能力や立ち回り方が勝負の決め手になります。学歴コンプレックスを覚えて引っ込んでしまう前に、あなたの能力を見せつけてやるくらいの意気込みを持ちましょう。

 

「頭がいいと思われたい」という願望を捨てよう


学歴コンプレックスがある人は、はっきり言うと「自分も頭が良いのに、学歴が低いせいで認められない」というジレンマを抱えている人が多いようです。この「頭が良いことを認めてもらいたい」という気持ちが、自分自身を苦しめてしまうのです。

でも、周囲に頭が良いと思われたところで、何も変わりません。ちょっと褒められていい気持になって終わるだけです。そんな小さなご褒美が得られないからと、自分を苦しめるのはやめませんか。

他人に評価される前提で人付き合いするのをやめて、何かで頭の良さを褒められたらラッキーくらいに思うと、とても気が楽になりますよ。

 

学歴を得られなかったことを僻まないようにしよう


学歴コンプレックスを抱える人は、家庭の事情で進学できなかったり、希望通りの学校に行けなかったりの不運に見舞われた人も少なくありませんよね。でも、「○○じゃなかったら学歴が得られたのに」と、過ぎたことを悩み続けることが、高学歴者へのコンプレックスを生み出してしまっているのも事実です。

でも、過去に縛られて生きるのは、学歴を得られなかった事実よりも遥かに不幸なことです。自分が育った環境も、悪いことばかりではなかったはず。それを否定して生きるよりも受け入れる努力をして、「学歴は低いけれど楽しい人生を送れている」と自覚するようにしましょう

 

自分の特技を見つけよう


学生の頃は成績の良さがその人の評価の全てですが、社会に一歩出れば、「勉強ができる」程度のことは、「スポーツができる」「字が上手い」などと同列の「特技」になります。つまり、勉強ができる(頭が良いとは別の意味)だけの人よりも、その他の特技がたくさんある人の方が、ずっとモテるし周囲に高く評価されやすいのです。

学歴コンプレックスに悩まされるあなたは、もしかしたら勉強は苦手な方だったかもしれません。ですが、勉強以外にあなたが得意なことはたくさんありますよね。それがあなたの取り柄なのですから、勉強の出来になど縛られずに、自分の特技を育てていきましょう

 

心を優しく持とう


学歴がある人でも、勉強ができる人でも、性格が悪かったり、人の気持ちがわからなければ誰も相手にしてくれなくなります。つまるところ、人間の評価は、結局はその人の人間性の良さにかかっているということになります。

現在学歴コンプレックスに悩まされているあなたは、人の気持ちを理解するように努めていますか?もし、それができているなら、あなたはきっと周囲の高学歴者よりも人気者で、重宝されているはずです。「自分には学校では得られない優しい心がある」と、自身を持って言えるくらいになれば、学歴なんて気にならなくなります

 

いかがでしたか。学歴コンプレックスから解放されるために、覚えておいて頂きたいことを中心にお話ししました。私たちは、小学校、あるいはもっと前から、「勉強!勉強!」と言われ続けて育ってきました。そのせいで、成績や学歴こそ全てと思い込まされている節があります。

でも、社会に出て、様々な人と接するようになると、学歴よりも相手の人間性や、持てる能力をどれだけ発揮できるかの方が重要視されるようになります。そんな場所に出てまで、「私は学歴が低いから……」とか、「いい大学を出ているあの人には敵わない……」と言い続けているのは、学歴を理由に逃げているだけとも取れます

逆に考えると、社会には学歴が低くても能力を発揮できるチャンスに溢れているということです。どうか、つまらない学歴コンプレックスに縛られずに、あなたが輝ける方法を見つけ出して下さいね。

 

まとめ

学歴コンプレックスを克服するためには

・「学歴が高い」と「能力が高い」は別だと思おう
・「頭がいいと思われたい」という願望を捨てよう
・学歴を得られなかったことを僻まないようにしよう
・自分の特技を見つけよう
・心を優しく持とう