社会で必ず役に立つ!会話力アップのための5つの術

社会で必ず役に立つ!会話力アップのための5つの術
相手と話していても、すぐに止まってしまったり、話題が広がらないと、自分の会話力をもう少しアップさせたいなと感じますよね。とは言っても、会話力を上げるにはどうしたらよいのか、何から始めればよいのか、よく分からない人も多いことでしょう。

しかし、特別なことをしなくても、日頃の心がけで、会話力は次第に身についていくのです。会話は、自分だけが楽しくても相手だけが気持ちよくても、心から楽しいものにはなりません。大事なのは、自分と相手の両方が楽しいと思えることと、自分の努力になります。

会話力が高くなれば、仕事のスキルとしてやプライベートでも活かせるものになり、人間関係の幅が広がっていきます。そこで今回は、会話力アップのための5つの術をお伝えします。



 

社会で必ず役に立つ!
会話力アップのための5つの術

 

相手の話題に興味を持つ


会話力をアップさせるには、相手の話題に興味を示し、それが相手に伝わるようにしなくてはなりません。その方法はいくつかありますが、もし相手がしてきた話題が、初めて聞くものであれば「それ初めて聞く」といった具合に、初めてという言葉を口に出すようにしていきましょう

相手も、初めて聞くということが分かれば、色々と話したくなりますし、話しいても気持ちよくなります。ただし、初めて聞く話ではなければ「初めて」と言わないようにして下さい。無理に「初めて」と言うと、リアクションが不自然になってしまい、相手にも「初めてじゃないな」と見抜かれてしまい、機嫌を損ねてしまいます。

また、相手の話を真剣に聞いていることを伝える為、相槌を表情豊かに打つことも重要になります。無表情で、ただ「うんうん」と言っているだけでは、相手からすると話を流されていると感じてしまいます。まず、相手の話題に興味を持つことが、会話力をアップさせる第一歩になります。

 

自分との共通点を見つける


色んな人と会話をしていく中で「この人と話していてもつまらない」と感じることがありますよね。そう感じるのは、楽しく会話をするために大切な自分との共通する部分を見つけられていないからです。一から十まで、全てが自分と共通する人なんて存在しませんが、会話の中で少しでも共通する部分を見つけることが、会話力アップに繋がります

例えば「○○っていう映画見たんだよ」と言われた時、映画は見てないけど、○○なら本で読んだことがあるという場合「映画は見てないけど、○○は本で読んだよ。面白かった~」と返してみましょう。これで、○○という作品で、相手との共通点を見つけたことになります。

一つ共通点が見つかれば、会話は弾んできますので、場合によっては自分が好きなことを相手に話してみて、反応をうかがうのも共通点を見つけるのに有効な方法です。ただし「でも」や「だけど」など、マイナスのイメージがある言葉は使わないように注意しましょう。

 

自分の印象を高める


「目は口ほどに物を言う」という言葉があるように、目は会話をする上でとても重要な役割をしています。仮に、会話している中で一度たりとも相手の目を見なかったら、相手は良い印象を持ちません。それどころか、不信感さえ抱くことでしょう。このように、会話力を高めるには、言葉だけでなく「目」も意識しなければならないのです。

ただし、ずっと相手の目を見ていると威圧感を与えてしまうので、目安としては30秒に一度くらいの割合で、相手の目を見るようにしていきましょう。

また、実際に話す時に「どんなことを話そう」と、不安に感じたり難しく考える必要はありません。最近起きたエピソードを話せばよいのであり、例えば「仕事中でのこと」「休みの日に起こったこと」など、身近な話でOKです。そして、ありのままを出せば相手も安心して話せるので、会話が続いていくようになります。

 

相手を名前で呼び会話に入れるようにする


誰と会話するにしても、最初は形式ばったものになりますが、ずっとそのままでは面白味のない会話になってしまいます。やはり会話を進めながら、徐々に砕けた会話も出来るようになるのが理想ですので、その為には相手との距離を縮めていかなくてはなりません

相手との距離を縮める秘訣は、相手を名前で呼ぶことです。人は名前で呼ばれると嬉しいものですし、呼んでくれた人には安心感を覚えます。ですので会話の中で、さりげなく名前を入れるようにしてみましょう。例えば「○○はどう思う」や「○○ってオシャレだよね」など、特に話題を振る時や相手に関することを話す時は、名前で呼びやすくなります。

 

会話の引き出しを増やす


当然ですが、会話をするには話題がないと出来ません。そして、ある話題で盛り上がっていても、自分がそのことを知らなければ、会話に入れません。これでは、会話力以前の問題になってしまいます。

会話力を上げたいなら、日頃から色んなものに興味を示し、情報を集めておきましょう。幅広い会話が出来るようになれば、色んなジャンルの人が自分に話しかけてきてくれますので、ますます会話力が磨かれます。それと共に、人間関係の幅も広がり、見識を広めることが出来ます。

また、寝る前に一日を振り返るようにしてみましょう。そして、話のネタになりそうなことがあれば、次の日の話題に使って下さい。最近の出来事を話題として使うのも、会話力の向上になります

 

いかがでしたか。会話力をアップさせるには、相手のことも自分のことも意識しなくてはいけないので、何かと大変になります。ですが、大切なのは相手を思いやる「心」と時には自分から会話を始める「勇気」になります。

いつでも、相手から会話を始め、歩調を合わせるだけでは、「聞く」力はアップしても会話力はアップしません。自分から会話を始めて、そして盛り上げる「話す」力も会話力には必要になります。また、日々色んなことに興味を持って情報を集め、常に会話の引き出しをいくつか用意しておくようにしましょう。

今回お伝えしたことを、踏まえた上で色んな人と「会話」という実践を重ねることによって、自ずと会話力がアップしていきますよ。

まとめ

会話力アップのためには

・相槌を打つなどして相手の話題に興味を示す
・自分との共通点を見つけ会話を楽しくする
・相手の目を見て話し自分の印象を高める
・相手を名前で呼び安心感を与える
・色んな情報を集め会話の引き出しを増やす